出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
名称
[1]
"livestock, wealth" 「家畜、資産」
形状 ゲルマン共通ルーン
Elder Futhark
アングロサクソンルーン
Anglo-Saxon runes
北欧ルーン
Younger Futhark
Runic letter fehu.svg
Unicode
U+16A0
翻字 f
転写 f
IPA [f]
アルファベット順 第1字母

(古ノルド語: 古英語: feoh) はルーン文字の第1字母で、北欧ルーンや、アングロサクソンルーンにおいて /f/ の音価を表す文字である[1]。その名称は "(可動の) 資産"を意味し、英語のfeeと起源を同じくする、原義は"" or ""である (オランダ語: Vee, ドイツ語: Vieh, ラテン語: pecum, サンスクリット語: pashu に相当)。

ゲルマン祖語再構形*fehu[2]

ゴート文字 𐍆 (faihu) に対応する。また、おそらくラテン文字 Fエトルリア文字 𐌅 (F, /v/)、ギリシア文字 Ϝ (ディガンマ)を基にしている。元をたどればフェニキア文字 𐤅英語版(wāw, w)に当たる。

ルーン詩[編集]

その名前は全ての3つのルーン詩英語版に記されている。

ルーン詩:[3] 現代英語への翻訳:

古ノルウェー語英語版
Fé vældr frænda róge;
føðesk ulfr í skóge.


Wealth is a source of discord amongst kin;
the wolf lives in the forest.

古アイスランド語英語版
Fé er frænda róg
ok flæðar viti
ok grafseiðs gata
aurum fylkir.


Wealth is a source of discord amongst kin
and fire of the sea
and path of the serpent.

古英語
Feoh byþ frofur fira gehwylcum;
sceal ðeah manna gehwylc miclun hyt dælan
gif he wile for drihtne domes hleotan.


Wealth is a comfort to all;
yet must everyone bestow it freely,
if they wish to gain honour in the sight of the Lord.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 世界の文字研究会 『世界の文字の図典 普及版』 吉川弘文館2009年5月20日。ISBN 9784642014519。
  2. ^ Page, Raymond I. (2005) Runes. The British Museum Press. p. 15. ISBN 0-7141-8065-3
  3. ^ 元の詩と訳は Rune Poem Page による。

関連項目[編集]