…いる!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
…いる!
ジャンル サバイバルホラー
対応機種 PlayStation
開発元 ソフトマシン
発売元 タカラ
プロデューサー 中野隆幸
ディレクター 池澤寿彦
デザイナー まつざかけんいち
プログラマー まつよしむねかず
音楽 末村謙之輔
美術 村田直樹
人数 1人
メディア CD-ROM
発売日
  • 日本 1998年3月26日 (1998-03-26)
  • 日本 1999年8月5日
(THE BEST タカラモノ)
テンプレートを表示

…いる!』は、1998年3月26日タカラから発売されたPlayStation用のアドベンチャーゲームソフトである。ジャンルはサバイバルホラーとなっている[1]

1999年8月5日にはTHE BEST タカラモノとして廉価版が発売されている。

概要[編集]

カプコンの『バイオハザード』(1996年)のヒットを受け、当時人気ジャンルとなっていたポリゴンを使用した3D表現による、サバイバルホラーゲームの1つ。

学校内の建物や人物はすべてポリゴンにて表現されている。

舞台は文化祭を明日に控えた陸の孤島にある高校内になっており、ある少女の惨殺事件をきっかけに物語が展開していく。

物語のベースにはクトゥルフ神話が使用されており、随所に神話に関連するアイテムや人物が登場する。

ゲームシステム[編集]

3D視点で学校内を移動して各教室やその他の教育室に入り、人物に話しかける、アイテムを入手するなどの行動をする。

モンスターは倒すことはできず、出現時には近くの教室などに入り、ダンボールや教壇の下などに身を隠し、モンスターが過ぎ去るのを一定時間待つこととなる。

ストーリー[編集]

陸の孤島にある霧ヶ丘高校に通う主人公・稲葉達也は、不気味な夢を見る。それは、礼拝堂にいる女子生徒・相川かおりから「月食が起きる前に逃げて」という警告を受けるものだった。その言葉が脳裏に残ったまま学園祭を明日に控え、準備に再び取りかかった達也は手伝ってもらおうと他の生徒を呼びに行くが、夜空では月食が始まっていた。周囲の生徒たちが狂い始め、さまざまなモンスターが襲ってくる状況から達也は無事に脱出し、校内に隠された謎を解き明かすことができるのか。

登場キャラクター[編集]

生徒[編集]

稲葉達也
本作の主人公。学園祭の実行委員を担当している。
一ノ宮由麻
生徒会役員を務めている。
氷川一樹
リーゼントの男子生徒。美咲と交際している。
望月哲雄
学園祭の実行委員。3年前に行方不明となった兄を捜している。
広瀬
肥満体系の男子生徒。達也に食べ物をねだる。
理恵
長髪の女子生徒。美術部部員で、達也に好意を抱いている。
京子
ポニーテールの女子生徒。美術部部員で、理恵の友人。
美咲
ツインテールの女子生徒。一樹と交際している。
中西
金髪の男子生徒。
望月博志
哲雄の兄。3年前に高校在籍中に行方不明になっている。
相川かおり
幸三の孫。すでに転校しているが、達也の夢の中に現れる。

教師[編集]

北条冴子
美術教師。事件の謎を知っているそぶりを見せる。
教師。
神山貴彦
霧ケ丘高校の元教師。
村辺幸三
霧ケ丘高校の校長。

モンスター[編集]

ティンダロス
鏡の中から現れる。
ショゴス
魔方陣の上に現れる。
ツァトゥグァの落とし子
魔方陣の上に現れる。

スタッフ[編集]

  • シニア・エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤博久
  • エグゼクティブ・プロデューサー:森川雅博
  • プロデューサー:中野隆幸
  • ディレクター:池澤寿彦
  • チーフ・マーケティング:森岡俊広
  • マーケティング・スタッフ:鳥浜克哉、岩崎正浩
  • アドバタイザー:青木優
  • アートワーク・デザイン:デザイン・オフィス スペースラップ
  • チーム・リーダー:まつよしむねかず
  • チーフ・プランナー:まつざかけんいち
  • プランナー:さしだなおき、遠藤宏治郎
  • メイン・プログラマー:まつよしむねかず
  • サブ・プログラマー:さとうげんしろう
  • アシスタント・プログラマー:くわばらひろとし、うえのふとし、ひらやまともや
  • メイン・グラフィック・デザイナー:村田直樹
  • キャラクター・グラフィック・デザイナー:村田直樹
  • バックグラウンド・グラフィック・デザイナー:めぐろあつし
  • モーション・デザイナー:村田直樹、奥井幸人、ふじわらたかひろ、阿部寛司
  • グラフィック・デザイナー・スタッフ:なかむらのりあき、たばたかずのり、のじまえみ
  • ミュージック&サウンド:スタジオPJ
  • ミュージック・コンポーズ:末村謙之輔
  • サウンド・エフェクト:H.MIURA、いくむねわかば
  • ボイス・アクター:たばたかずのり、高橋あきお、ふたばやよい
  • テスト・プレイ:ポールトゥウィン

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通20/40点[2]
電撃PlayStation115/200[3]

KADOKAWAのゲーム雑誌「ファミコン通信」の「クロスレビュー」では、合計20点(満40点)となっている[2]

電撃PlayStationDPSソフトレビューでは50、65の115点[3]。レビュアーはオープニングから恐怖感を煽りまくりで学校が舞台なのもあのような作りのところがあるかは別として親近感がわく、クトゥルフや怖いもの好きには楽しめるとしたが、やりたいように視点変更できず移動するだけで3D酔いするため左右や後ろへの方向転換はできるようにしてほしかった、フラグを立てるのによく移動させられテンポが悪い、選択ミス即ゲームオーバーになるのに決まった場所でセーブができないのはちょっと厳しすぎるとした[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p90
  2. ^ a b …いる! まとめ [PS]/ ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年1月2日閲覧。
  3. ^ a b c 電撃PlayStation Vol.71 1998年4月10日号 139ページ