〈東京の夏〉音楽祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

〈東京の夏〉音楽祭(Tokyo Summer Festival)は1985年から始まった日本の国際音楽祭。

作曲家の石井真木、音楽学者の船山隆ピアニスト江戸京子の三人によって“パリの〈秋のフェスティヴァル〉、〈プラハの春〉のような本格的な国際音楽祭を日本に立ち上げる”として発案された。江戸が理事長を務めるアリオン音楽財団の主催により、これまで毎年開催されている。第21回〈東京の夏〉音楽祭2005「宇宙・音楽・心」の功績に対し、芸術監督の江戸が芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

音楽祭テーマ[編集]

  • 第1回 1985年 音楽・エキゾティシズム・オリエンタリズム − 西洋音楽の熟成と変換
  • 第2回 1986年 汎民族主義の音楽 − ロシアソヴィエト音楽を中心に
  • 第3回 1987年 創造と演奏・民族性を越えて − アメリカ音楽を中心に
  • 第4回 1988年 パリからパリへ
  • 第5回 1989年 ドイツ浪漫主義 − その展開と反逆 − ベルリンの夜明け
  • 第6回 1990年 ジプシー、そして西洋音楽
  • 第7回 1991年 大陸と海を渡る音 − 外来音楽と日本文化
  • 第8回 1992年 イタリア − 声と響きの源流
  • 第9回 1993年 インドの幻影
  • 第10回 1994年〈東京の夏〉音楽祭10周年 − 変容と展望
  • 第11回 1995年 笑いのかたち − 仮面・音楽・道化
  • 第12回 1996年 共創のコスモロジ−:創造する女性
  • 第13回 1997年 共創のコスモロジ−II:神話そして伝説
  • 第14回 1998年 ディアギレフバレエ・リュスの20世紀 − 芸術を挑発した男
  • 第15回 1999年 華・業・芸 −演奏とは何か−
  • 第16回 2000年 映画と音楽 − 映画は音楽なしでは生きられなかった
  • 第17回 2001年 聲
  • 第18回 2002年 音楽と文学
  • 第19回 2003年 儀式・自然・音楽
  • 第20回 2004年〈東京の夏〉20周年 − 響きの祝祭
  • 第21回 2005年 宇宙・音楽・心
  • 第22回 2006年 大地の歌・街角の音楽
  • 第23回 2007年 島ー海を渡る音
  • 第24回 2008年 森の響き・砂漠の声
  • 第25回 2009年 日本の声・日本の音

関連項目[編集]