「慰安婦の真実」国民運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
「慰安婦の真実」国民運動[1]
設立 2013年7月29日[1]
所在地 東京都文京区水道2丁目6-3 TOP江戸川橋No.1 203号
新しい歴史教科書をつくる会[1]
主要人物 代表 加瀬英明[2]
幹事長 岡野俊昭[2]
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

「慰安婦の真実」国民運動(いあんふのしんじつこくみんうんどう)とは日本存在する民間の団体[3]

沿革[編集]

2013年7月29日慰安婦問題の事態の展開を憂慮する関係者が集まり、この問題においての日本の名誉を守ろうとする個人、諸団体の連絡組織として結成された[1]

2014年1月25日籾井勝人NHK会長就任記者会見において、慰安婦はどこの国でもあっただとか、今のモラルではだが当時の現実であっただとか、慰安婦問題は日韓基本条約で解決済みなどと発言したことについて、「慰安婦の真実」国民運動は籾井のこれらの発言を支持し、籾井の発言は間違っておらず責任を追及される筋合いはないなどと述べた公開書簡をNHK経営委員に提出[4]2015年に中国がユネスコ記憶遺産に慰安婦の資料を登録しようと活動した際には、日本政府による登録阻止行動を求める声明を外務省内閣府に提出。中国が申請したのは慰安婦は旧日本軍性奴隷であったというものであり、捏造が確認された写真や証言であったとのこと[5]2016年、外務省に国連女子差別撤廃委員会林陽子委員長即時解任を求める署名を提出[6]

2018年には団体幹事、及び加盟団体である論破プロジェクト代表の藤井実彦が台湾の台南市に建てられた慰安婦像に蹴りを入れる様子が動画に映っていたため問題となった[3]。この蹴り入れ問題に対し同団体は台湾社会へ謝罪、藤井の幹事辞任を2018年9月12日付けで受け入れた[7]

幸福の科学とのつながり[編集]

この団体に対して幸福の科学及び政治団体部門である幸福実現党とは一切関係がないと幸福の科学グループ広報局は証言しているが[8]、幸福実現党は過去に加盟団体の論破プロジェクトを後援していたと幸福実現党総務会長の公式サイトで書かれており[9]、幸福の科学系月刊誌「ザ・リバティweb」でも「幸福実現党と保守団体の活躍」として取り上げている[10]

加盟団体[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]