『竹島の日』を考え直す会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『竹島の日』を考え直す会(たけしまのひをかんがえなおすかい)は竹島(韓国名「独島」)の帰属について研究する日本の市民団体。代表は尹濚夏。竹島(独島)は古来から朝鮮・韓国領土だという立場。また、竹島の日の行事の政府イベントの昇格は違憲であり、日本は竹島を領土問題として見ず、歴史(認識)問題として見なければならないと主張している。2013年4 月 22 日、「竹島の日」を考え直す会は、大阪で発足し活動開始。当初会員数は400人と取材に回答[1]。5月23日には、竹島(独島)にメンバー3人が韓国から上陸し、韓国語で「独島は韓国のものだ!」を宣言した[2]

メンバー[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年5月22日 東亜日報Web版[1]
  2. ^ 2013年5月23日 聯合ニュースWeb版[2]