【新釈】走れメロス 他四篇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

【新釈】走れメロス 他四篇』(しんしゃく はしれメロス ほかよんへん)は、2007年に発行された森見登美彦による短編小説集。『走れメロス』をはじめとする近代日本文学の名作5作品の新釈(パロディ)から成る。

収録作品[編集]

以下の5編の短編小説から成る。それぞれが右記の近代日本文学の名作を、舞台を現代に置き換えて新釈した内容になっている。

山月記 - 原典は中島敦の『山月記』。

アパートにこもり、ひたすら小説を書き続ける大学生斎藤秀太郎の話。

藪の中 - 原典は芥川龍之介の『藪の中』。

文化祭の映画制作にまつわる話。

走れメロス - 原典は太宰治の『走れメロス』。

5編の中で最もユーモラスな作風である。特に冒頭と終盤は、原典をかなりの部分でパロディーしながらも京大生に落とし込んでいる。

桜の森の満開の下 - 原典は坂口安吾の『桜の森の満開の下』。

恋人の女性を書くことで人気小説家となった男が、小説への情熱と彼女への愛情を失うに至る話。

百物語 - 原典は森鷗外の『百物語』。

5編の中の登場人物がほとんど出てくる話。主人公は森見登美彦自身という設定。作者と主人公が同じという構成は原典と同じである。

出版[編集]

表紙は、祥伝社発行のものはハードカバー文庫も同一、KADOKAWA発行の方は中村佑介のイラストになっている。

祥伝社

KADOKAWA/角川書店

舞台[編集]

青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」
2012年12月から2013年1月に、アトリエ・ダンカン プロデュース公演としてKAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ(プレビュー公演)、博品館劇場、サンケイホールブリーゼにて上演[1]
キャスト(舞台)

オーディオブック[編集]

オトバンクの「audiobook.jp」にて2019年8月31日よりオーディオブックになった[3]

キャスト(オーディオブック)
ほか
  • 藪の中
    • 映画サークルの後輩:井上悟
    • 斎藤秀太郎:土田玲央
    • 監督を崇拝する後輩:桜木信也
    • 主演女優の友人:青山吉能
    • 男優・渡邊真一:長屋和彰
    • 女優・長谷川菜穂子:辰まなみ
    • 監督・鵜山徹:佐藤元
  • 走れメロス
    • 語り:濱野大輝
    • 芽野史郎:青木誠
    • 芹名雄一:井上悟
    • 図書館警察長官:岩崎了
    • 須磨さん:青山吉能
ほか
  • 桜の森の満開の下
    • 語り:井上悟
    • 男:三上遊太
    • 女:青山吉能
    • 斎藤秀太郎:土田玲央
ほか
  • 百物語
    • 語り:桜木信也
    • F君:鵜澤宏明
    • 斎藤秀太郎:土田玲央
    • 永田:濱野大輝
    • 芽野史郎:青木誠
    • 鵜山徹:佐藤元
    • 鹿島:岩崎了
ほか

脚注[編集]

  1. ^ 青春音楽活劇「詭弁・走れメロス」 | 演劇ニュース” (日本語). www.moon-light.ne.jp. 2018年8月11日閲覧。
  2. ^ a b c 森見登美彦の原作を松村武が舞台化「詭弁・走れメロス」4月に復活”. ステージナタリー (2016年2月14日). 2016年2月15日閲覧。
  3. ^ “「新釈 走れメロス 他四篇」のオーディオブック - audiobook.jp”. audiobook.jp. https://audiobook.jp/product/243435 2020年5月27日閲覧。