〜infinity〜∞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
〜infinity〜∞
林原めぐみシングル
初出アルバム『VINTAGE S
B面 EXTRICATION
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルド
作詞・作曲 MEGUMI
佐藤英敏
有森聡美
大森俊之
プロデュース 大月俊倫
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 1998年度年間153位(オリコン)
林原めぐみ シングル 年表
Fine colorday
1998年
〜infinity〜∞
1998年
raging waves
1998年
VINTAGE S 収録曲
Give a reason
(1)
〜infinity〜∞
(2)
Going History
(3)
テンプレートを表示

〜infinity〜∞」(インフィニティ)は、1998年4月24日にリリースされた林原めぐみのシングル。

発売元スターチャイルド・販売元はキングレコード(KIDA-161)。

概要[編集]

内容[編集]

  1. 〜infinity〜∞ [4:25]
    作詞:MEGUMI、作曲:佐藤英敏、編曲:添田啓二
  2. EXTRICATION [4:39]
    作詞:有森聡美、作曲・編曲:大森俊之
    • テレビ東京系テレビアニメ『ロスト・ユニバース』エンディングテーマ
    • 躍動的な「〜infinity〜∞」とは打って変わり、しっとりとした曲。歌詞は生きる故に伴う「感じること」や「想うこと」、「願望」などがテーマになっている。
  3. 〜infinity〜∞ (カラオケ)
  4. EXTRICATION (カラオケ)

収録アルバム[編集]

曲名 収録アルバム 発売日 製造番号 備考
〜infinity〜∞ VINTAGE S[1] 2000年4月26日 KICS-790
ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ①[2] 1998年7月3日 KICA-405 オリジナル、TV Sizeが収録。
ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ②[3] 1998年9月4日 KICA-414 Instrumental Version I、Instrumental Version II、Instrumental Version III、Shooting Star Mixが収録。
ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ③[4] 1998年11月6日 KICA-419 Future Shock Mixとして収録。
the BEST of LOST UNIVERSE [from TV][5] 1999年6月4日 KICA-456 オリジナルとRed Zone Mixが収録。
EXTRICATION ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ①[2] 1998年7月3日 KICA-405 オリジナル、TV Sizeが収録。
ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ②[3] 1998年9月4日 KICA-414 Freak Lounge Mix、Instrumental Version Iが収録。
ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ③[4] 1998年11月6日 KICA-419 Space Dub Mixとして収録。
the BEST of LOST UNIVERSE [from TV][5] 1999年6月4日 KICA-456 オリジナルとP.G.F. Perfumixが収録。

カバー[編集]

曲名 アーティスト 収録アルバム 発売日 製造番号 備考
〜infinity〜∞ 保志総一朗 as Kane Blueriver Starting again[6] 2007年1月24日 KICM-1195 3枚目のシングル
「〜Re.infinity〜∞」のタイトルでカバー[6]

脚注[編集]

  1. ^ VINTAGE S - 林原めぐみ”. ORICON NEWS. 2020年7月14日閲覧。
  2. ^ a b ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ①”. ORICON NEWS. 2020年9月10日閲覧。
  3. ^ a b ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ②”. ORICON NEWS. 2020年9月10日閲覧。
  4. ^ a b ロスト・ユニバース トラックス・コンテンツ③”. ORICON NEWS. 2020年9月10日閲覧。
  5. ^ a b the BEST of LOST UNIVERSE”. ORICON NEWS. 2020年9月10日閲覧。
  6. ^ a b Starting again - 保志総一朗”. ORICON NEWS. 2020年7月14日閲覧。