あいのりタクシー (小城市・白石町)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

あいのりタクシーは、佐賀県小城市白石町とが共同で運営する廃止代替バスである。

概要[編集]

祐徳バスが運行していた福富線(佐賀駅バスセンター - 牛津本町 - 福富、18.7km)は佐賀市牛津町(現、小城市)など沿線自治体が運行補助を行っていたが、利用者数の減少により2003年10月からは祐徳バスに運行を委託する方式に切り替えた。しかし、その後も状況は好転せず、さらに一部自治体が補助を打ち切ったため、2004年10月からは福富線の一部について芦刈町(現、小城市)と福富町(現、白石町)がタクシー会社に運行を依頼し、乗合タクシーの運行を開始した。

当初は9人乗りジャンボタクシーを用いていたが、利用者の増加を受け2006年10月から29人乗りのマイクロバスでの運行に切り替えられた。そのため、名称はその後もタクシーのままではあるが、実態はコミュニティバスとして運行されている。

  • 運行は、橋間自動車[1](通称:天満タクシー)に委託されている。
  • 運行形態は、定時定路線である。
  • 料金は、1区間のみの利用が100円、2区間以上は200円。なお、乗り合いタクシー時代は一律100円であった。
  • 1月1日のみ運休。

沿革[編集]

  • 2003年10月1日 - 祐徳バスの福富線が廃止。同日より廃止代替バスを祐徳バスに委託し、減便して運行を開始。
  • 2004年10月1日 - 乗り合いタクシーの運行開始。[1]
  • 2006年10月1日 - 運行車両をマイクロバスに変更。運賃を一部値上げ。

路線[編集]

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2005 70
2006 76
2007 70
2008 62

福富線(9.7km)のみ。平成20年度の利用者数は22,368人。

  • 牛津駅前 - 舎人 - 芦刈庁舎前 - 西住ノ江 - 福富支所前 - 福富ゆうあい館

車両[編集]

乗合タクシー時代
2010年8月現在の車両


脚注[編集]

  1. ^ a b 『九州運輸要覧 平成20年度版』九州運輸局