あき場準一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「場 準一」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

場 準一(あきば じゅんいち、「あき」の字は「火」へんに「禾」(ノギ)、1932年10月6日 - )は、日本法学者一橋大学名誉教授。専門は国際私法日本学術会議会員、国際法学会理事長、国際私法学会理事長を歴任した。一橋大学法学博士イェール大学LL.M.

来歴[1][編集]

兵庫県神戸市大阪商船(現商船三井船員の長男として生まれる。父は千葉県出身、母は高知県出身。中学時に神戸から母の故郷である高知に転居。一橋大学では久保岩太郎に師事。博士課程を修了した1960年から一橋大学に勤務。1966年に当時東京大学法学部助手だった鳥居淳子(国際私法学者、成城大学教授、法務省法制審議会会長)と結婚。1971年に長男(現在TBSテレビ勤務)が誕生。1996年3月に63歳を定年とする一橋大学の定年制により定年退官。指導学生に横山潤一橋大名誉教授など。

学歴[編集]

職歴[編集]

学会活動[編集]

  • 1994年 国際法学会理事長
  • 1996年 国際私法学会理事長
  • 1984年 - 1986年日本学術会議国際関係法学研究連絡委員会委員
  • 1997年 - 2003年第17期日本学術会議会員[2]

社会的活動[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「一橋大学名誉教授秌場準一年譜」『一橋論叢』116(1)、1996年7月、222-224頁参照。
  2. ^ 「第17期学術会議会員に本学から8人」『日本大学広報』(日本大学)406号、1997年9月15日。