あけぼの通商硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あけぼの通商硬式野球部
チーム名(通称) あけぼの、あけぼの通商
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1976年
廃部 1985年
チーム名の遍歴 あけぼの通商 (1976 - 1985)
本拠地自治体 福岡県糟屋郡志免町
練習グラウンド 志免町営野球場
都市対抗野球大会
出場回数 0回
社会人野球日本選手権大会
出場回数 0回
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

あけぼの通商硬式野球部(あけぼのつうしょうこうしきやきゅうぶ)は、福岡県糟屋郡志免町に本拠地を置き、日本野球連盟に所属していた社会人野球の企業チームである。

概要[編集]

1976年オイルショック後の不況で丹羽鉦電機の硬式野球部が廃部となり、監督だった池田和隆は選手の有志とともに地元の九州で野球を続ける事を考えた[1]。そこで、父の義定が前年に福岡県糟屋郡志免町に設立したあけぼの通商に全員が雇用され、『あけぼの通商硬式野球部』として創部し、午前中は町営野球場でチーム練習を行ない、午後は近郊の住宅地で味噌や醤油、漢方薬を行商する生活を続けた[2]

給与は低く練習環境にも恵まれなかったが、20名ほどの選手達は3年でプロ入りする事を目指し[1]1976年のドラフトで生田裕之が中日から指名を受け、ドラフト外日本ハムに入った島田誠とともにプロ入りしている。

遠征費や宿泊費の問題から都市対抗の予選は1回戦で負ける事が暗黙の了解となっていたが、地元の練習試合では門司鉄道管理局電電九州などの強豪を破っている[3]。その後1983年には都市対抗予選で原田賢治の好投で新日鐵八幡を破り、公式戦初勝利を挙げた[4]。プロ入りできない事へのフラストレーションなどが選手の間で高まり、1985年にチームは解散している[1]

なお、会社自体は霊芝などの輸入業者として個人経営の形で現在も存続しており、後年の郭泰源の西武入団に関しては西武球団側と台湾球界のパイプ役となった[5]

沿革[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 朝日新聞、2006年7月3日付朝刊、P.32
  2. ^ 朝日新聞、2006年7月2日付朝刊、P.34
  3. ^ 朝日新聞、2001年6月2日付朝刊、P.34
  4. ^ 朝日新聞、2006年7月4日付朝刊、P.30
  5. ^ 「球界地図を変えた男・根本陸夫」浜田昭八・田坂貢二

関連項目[編集]