あさしお型潜水艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あさしお型潜水艦
Arashio SS 565.jpeg
基本情報
種別 潜水艦
命名基準 潮の名(○○しお)
運用者  海上自衛隊
建造期間 1964年 - 1969年
就役期間 1966年 - 1986年
建造数 4隻
前級 おおしお型
次級 うずしお型
要目
基準排水量 1,650トン
水中排水量 2,250トン
全長 88m
最大幅 8.2m
吃水 4.9m
機関方式 ディーゼル・エレクトリック方式
主機川崎/MAN V8V 24/30mMALディーゼルエンジン (水上1,800 ps / シュノーケル運転時1,650 ps)×2基
・SG-3B主発電機(※2番艦以降ではSG-3Cに変更)×2基
・SM-3B推進電動機 (水上1,450 ps / 水中3,150 ps)(※2番艦以降ではSM-3Cに変更)×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
速力 水上:14 ノット (26 km/h)
水中:18 ノット (33 km/h)
乗員 80名
兵装 ・HU-601長魚雷発射管 (艦首)×6門
・HU-201短魚雷発射管 (艦尾)×2門
レーダー ZPS-3 対水上捜索用×1基
ソナーAN/SQS-4 探信儀×1基
・JQO-3B 聴音機×1基
・JQO-4B 聴音機(※2番艦以降ではJQO-5に変更)×1基
電子戦
対抗手段
ZLR-1B電波探知装置
テンプレートを表示

あさしお型潜水艦(あさしおがたせんすいかん、英語: Asashio-class submarine)は海上自衛隊通常動力型潜水艦の艦級。計画番号はS117。同型艦は4隻[1]

来歴[編集]

海上自衛隊では、昭和31年度計画で取得した初代「おやしお」(31SS)で潜水艦の国内建造を再開した後、第1次防衛力整備計画では、まず数を揃えるという観点から、アメリカ海軍バラクーダ級に範を取った局地防衛用の小型潜水艦(SSK)としてはやしお型(34SSK)および発展型のなつしお型(35SSK)が建造された。しかしこれらの小型潜水艦は、特に荒天でのシュノーケル航行・水上航行能力に重大な制約を抱えており、日本近海での潜水艦作戦においては重大な問題となった。またアメリカ海軍もタング級のような大型潜水艦の整備へと方針変更していたことから、海上自衛隊でも、より大型で航洋性に優れた潜水艦(SSL)の建造を決定した[1][2]

このことから、まず単年度計画となった昭和36年度計画で、1,600トン型の「おおしお」が建造された。同艦は、海自がアメリカから貸与されて運用していた初代「くろしお」の代艦であったことから、同規模である1,600トン型への大型化については大きな議論は生じなかった。

続く第2次防衛力整備計画での潜水艦については、対潜水艦戦に従事する1,100トン級のSSMと、侵攻部隊の威力圏内においても哨戒、偵察行動ができ、しかも潜水艦及び水上艦船に対する攻撃能力にも優れた1,600トン級SSLの2種類の潜水艦建造の構想があり[3][注 1]、海上自衛隊は後者を推進していた。海原治防衛局長から疑義が呈されたのに対し、兵装・水上速力・水中速力および航続性能の各側面について綿密な検討を重ねた結果、1,600トン型での建造が認可された。これによって建造されたのが本型である[2]

なお、本型以降、作戦任務が第一とされ、対潜戦訓練での標的艦任務の比重は軽くなった[4]

設計[編集]

船体[編集]

本型の設計は、「おおしお」(36SS)のものがほぼ踏襲されている。ただし水上速力を重視し、耐圧殻内を2層の甲板としたため、艦の長さが大となり、長さと幅の比(L/B)は約11となった。また、従来より長くなった潜望鏡を格納するためセールの高さは高くなり、その装備位置を艦の転心付近に置き、旋回圏の縮小が図られた[3]

船型は水中高速型の航洋型潜水艦、船体構造も、複殻式を基本として、スリム化のため最後部を単殻式とした部分単殻式である。燃料兼バラストタンク(満載燃料タンク)を設置して航続距離の延伸を図ったのも36SSと同様である。耐圧殻の材料も同様で、降伏耐力46kgf/mm2 / 451MPaのNS46調質高張力鋼である[5][6]。ただし排水量は同艦より約50トン増加した[3]

なお、昭和40年度計画艦(40SS)については、アメリカ海軍のバーベル級と同様の涙滴型船型・完全複殻式・1軸推進方式を採用した新艦型への移行も検討されたものの、運用実績と安全性を考慮して第2次防衛力整備計画以降に持ち越されたことから、40・41SSは本型の設計で建造されることとなった。昭和42年度計画のうずしお型以降では、予定通りに涙滴型とされている[2]

機関[編集]

機関については逐次に改良が図られている。主発電機はSG-3B、主電動機はSM-3Bとされ、2番艦以降ではさらにそれぞれSG-3CおよびSM-3Cに更新された。騒音低減のため、主電動機の回転数低減をはじめとして、様々な防振・防音対策が導入された。また主蓄電池も、低放電率においても大容量を発揮しうるものを開発・搭載したほか、最終艦では、縦糸入りガラス繊維チューブを用いた編組型ファイバークラッド式鉛蓄電池が採用された。これは以降の各型でも踏襲されている[7]

このほか、36SSでは予算不足のために断念されていた主機関の遠隔操縦および主蓄電池の比重・温度モニターの集中表示が導入された[7]。また2番艦以降では、自動針路保持装置を新設して操縦の自動化を図っていた[1]

装備[編集]

ソナーについては、探信儀(アクティブ・ソナー)はAN/SQS-4に更新され、装備位置も艦首下部に移された[注 2]。また聴音機(パッシブ・ソナー)についても、JQO-3はJQO-3Bに、JQO-4はJQO-4B(2番艦以降ではJQO-5)にそれぞれ更新されたほか、艦首下部に装備されていたJQO-3Bは艦首上部に移動した。JQO-4Bは変わらずセイル前端のドーム内に配置されていた[9]

兵装は36SSと同様で、艦首側に水圧発射式のHU-601 6連装魚雷発射管を、艦尾側にスイムアウト式のHU-201 連装魚雷発射管を配置していた。口径はいずれも533mmであり、就役当初、艦首側発射管からは電気推進式の試製54式魚雷を、艦尾側発射管からはMk.37短魚雷を運用していたが、1番艦を除く3隻では、後に艦首側発射管は熱機関推進式の72式長魚雷に対応して改修された[9]。また魚雷発射管についても逐次に改良が図られ、海水管の防蝕性能も向上した。魚雷発射指揮装置はCG-5であった[1]

同型艦[編集]

昭和38年度から41年度計画において、各年1隻ずつの計4隻が計画され、1966年から1969年にかけて順次に竣工した。その後、1983年から1986年にかけて順次に全艦が退役し、除籍されている。

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 除籍
SS-562 あさしお 川崎重工業
神戸工場
1964年
(昭和39年)
10月5日
1965年
(昭和40年)
11月27日
1966年
(昭和41年)
10月13日
1983年
(昭和58年)
3月30日
SS-563 はるしお 三菱重工業
神戸造船所
1965年
(昭和40年)
10月12日
1967年
(昭和42年)
2月25日
1967年
(昭和42年)
12月1日
1984年
(昭和59年)
3月30日
SS-564 みちしお 川崎重工業
神戸工場
1966年
(昭和41年)
7月26日
1967年
(昭和42年)
12月5日
1968年
(昭和43年)
8月29日
1985年
(昭和60年)
3月27日
SS-565 あらしお 三菱重工業
神戸造船所
1967年
(昭和42年)
10月24日
1968年
(昭和43年)
10月24日
1969年
(昭和44年)
7月25日
1986年
(昭和61年)
3月27日

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 1,100トン級SSMは建造計画から消えたが、おやしお改型として[2]、静粛性を重視し水測性能の向上を図った単軸艦という構想であった[3]
  2. ^ 海上自衛隊潜水艦に搭載されたSQS-4は全てMod.3であった[8]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 海人社 2006, pp. 36-40.
  2. ^ a b c d 中名生 2006.
  3. ^ a b c d 海上幕僚監部 1980, §10 多用途護衛艦の登場/2次防艦の建造.
  4. ^ 海人社 2012.
  5. ^ 幸島 2006.
  6. ^ 幸島 2012.
  7. ^ a b 阿部 2006.
  8. ^ 沖 2013.
  9. ^ a b 海人社 2006, pp. 130-133.

参考文献[編集]

  • 阿部, 安雄「機関 (海上自衛隊潜水艦の技術的特徴)」『世界の艦船』第665号、海人社、2006年10月、 124-129頁、 NAID 40007466930
  • 沖, 陽一「水上艦ソーナーの導入と変遷」『第4巻 水雷』水交会〈海上自衛隊 苦心の足跡〉、2013年、45-489頁。
  • 「第5章 2次防時代」『海上自衛隊25年史』海上幕僚監部、1980年。NCID BA67335381
  • 海人社, 編纂.「海上自衛隊潜水艦史」『世界の艦船』第665号、海人社、2006年10月、 NAID 40007466930
  • 海人社, 編纂.「写真特集 海上自衛隊潜水艦の歩み」『世界の艦船』第767号、海人社、2012年10月、 21-37頁、 NAID 40019418426
  • 幸島, 博美「船体 (海上自衛隊潜水艦の技術的特徴)」『世界の艦船』第665号、海人社、2006年10月、 118-123頁、 NAID 40007466930
  • 幸島, 博美「海上自衛隊潜水艦の技術的特徴 (特集 海上自衛隊の潜水艦)」『世界の艦船』第767号、海人社、2012年10月、 78-87頁、 NAID 40019418456
  • 中名生, 正己「海上自衛隊潜水艦整備の歩み」『世界の艦船』第665号、海人社、2006年10月、 111-115頁、 NAID 40007466930

関連項目[編集]