あたしの向こう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あたしの向こう
aikoシングル
初出アルバム『May Dream
B面 ドライヤー
ハレーション
リリース
規格 マキシシングル
録音 2014年
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 AIKO
チャート最高順位
aiko シングル 年表
君の隣
(2014年)
あたしの向こう
(2014年)
夢見る隙間
2015年
ミュージックビデオ
あたしの向こう (short version) - YouTube
あたしの向こう - YouTube
May Dream 収録曲
何時何分
(1)
あたしの向こう
(2)
冷凍便
(3)
テンプレートを表示

あたしの向こう」(あたしのむこう)は、aikoの楽曲。2014年11月12日に32作目のシングルとしてポニーキャニオンからリリースされた(品番:PCCA-15017)。表題曲はフジテレビ系テレビドラマ『素敵な選TAXI』主題歌[3]

背景[編集]

前作「君の隣」から約9か月半ぶりのシングルで、アルバム『泡のような愛だった』から約5か月半ぶりの新作リリースとなった。

制作[編集]

ライブ・ツアー『LOVE LIKE POP vol.17』(2014年)の最中に、ドラマ『素敵な選TAXI』の主題歌というタイアップの依頼を受けてから制作が始まった[3]。同ドラマのプロデューサーには、「立ち止まりそうな時に背中を押してくれる歌を」と頼まれていた[4]

本作はaikoにとって珍しく、ドラマのあらすじを読んでから制作され、「過去に遡れるならどうしたいだろう」と考えながら詞が書かれた[3]。そして、以前書いていたものに書き足される形で詞が完成した[4]。また、「好きな人のことを前向きに忘れられたらいいな」という想いが込められている[3]

ミュージック・ビデオ[編集]

丸山健志が監督を務めている[5]

2014年11月6日にYouTubeでショート・バージョンが公開され[6]、同月25日にYouTubeでフル・バージョンが公開された[7]

楽曲について[編集]

3曲ともに、詞が書かれた時期が少しずつ違う[8]

  1. あたしの向こう
    • 初めはテンポの遅いバラードになるような曲だった[4]
  2. ドライヤー
    • aikoの私物である[8]、タオルやドライヤーをヒントに詞が書かれ、身近にあるものから伝わる二人の距離感が表現されている[9]
  3. ハレーション
    • 詞は2007、2008年頃に書かれていたもので、鏡に映っている好きな人は自分にしか見えていない気がした瞬間に、本当にその人のことを大好きなんだなと思っている気持ちが込められている[8]

パッケージ[編集]

  • 初回限定仕様盤:CD
  • 通常仕様盤:CD
  • LLP17.5お近づき記念盤『着れないけどね!CD』:CD+ミニTシャツ

初回限定仕様盤はカラートレイ仕様になっている。またライブ・ツアー『LOVE LIKE POP vol.17.5』の会場限定で、LLP17.5お近づき記念盤『着れないけどね!CD』が販売された[10]。CDの他にミニTシャツとaiko手書き歌詞が封入されたボックス仕様になっている[10]

プロモーション[編集]

映像外部リンク
あたしの向こう トレーラー映像

2014年11月4日にトレーラー映像がYouTubeで公開された[11]

同月15日、16日の2日間限定で『週末限定ポスタープレゼントキャンペーン』が開催された[12]

収録曲[編集]

初回限定仕様盤、通常仕様盤
全作詞・作曲: AIKO。
#タイトル作詞作曲・編曲編曲時間
1.「あたしの向こう」AIKOAIKOOSTER project
2.「ドライヤー」AIKOAIKOKano Kawashima
3.「ハレーション」AIKOAIKORyo Yoshimata
4.「あたしの向こう (instrumental)」AIKOAIKOOSTER project
合計時間:
LLP17.5お近づき記念盤『着れないけどね!CD』
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「あたしの向こう」  
2.「ドライヤー」  
3.「ハレーション」  
合計時間:

aikoのメジャーデビュー以来大半の楽曲の編曲を行ってきた島田昌典は、本作以降aikoの楽曲の編曲を行っていない(2016年7月現在)。

チャート成績[編集]

オリコンチャートの週間ランキングで初登場4位(約4.1万枚)を獲得した[1]

また、サウンドスキャンジャパンが発表するチャートでは、初回限定仕様盤が初登場5位(約2.9万枚)を獲得した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b シングル週間ランキング 2014年11月24日付(オリコン)
  2. ^ a b シングル週間ランキング 2014年11月10日~16日(サウンドスキャンジャパン)
  3. ^ a b c d 雑誌『オリ☆スタ』2014年11月17日号 p42
  4. ^ a b c 【インタビュー】aiko あたしの新たな“選択” 新曲はトキメキがいっぱい(rankingbox・2014年11月12日)
  5. ^ ミュージックビデオサーチ aiko「あたしの向こう」(SPACE SHOWER NETWORKS)
  6. ^ aiko、ドラマ仕立てな「あたしの向こう」MV(ショートVer)を公開(BARKS・2014年11月7日)
  7. ^ あたしの向こう - aiko(YouTube・2014年11月25日)
  8. ^ a b c 雑誌『オリ☆スタ』2014年11月17日号 p44
  9. ^ 雑誌『オリ☆スタ』2014年11月17日号 p47
  10. ^ a b 11月12日発売 32nd Sg「あたしの向こう」LLP17.5お近づき記念盤『着れないけどね!CD』発売決定!aiko Official Site > TOPICS(PONY CANYON・2014年10月30日)
  11. ^ aiko「あたしの向こう」CM映像をWEB公開(ナタリー・2014年11月5日)
  12. ^ aiko 32ndSg「あたしの向こう」週末限定 ポスタープレゼントキャンペーン開催決定! aiko Official Site > TOPICS(PONY CANYON・2014年11月14日)