あたらしい党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗 日本政党
あたらしい党
代表 高橋元気
幹事長 宮本舜馬
成立年月日 2018年10月12日[1]
本部所在地
〒114-0034
日本の旗 日本
東京都北区上十条2丁目25番14号
市区町村議席数
6 / 29,839   (0%)
(2021年2月28日現在)
党員・党友数
77人
(2019年12月1日現在[2]
政治的思想・立場 改革[3]
規制緩和[3]
多様性[3]
公式サイト 「あたらしい党」公式サイト
テンプレートを表示

あたらしい党(あたらしいとう)は、日本政治団体地域政党。日本で初めてクラウドファンディングを利用して設立された政党である[1]

党史[編集]

都民ファーストの会を離党後、無所属で活動していた音喜多駿東京都議会議員が2018年10月に結党。音喜多は党の設立にあたり、「都民ファ(ーストの会)などに期待した有権者が行き場を失っている。真の改革政党が必要だ」などと述べた[4]2019年4月の第19回統一地方選挙では、代表の音喜多が党公認で北区長選挙に立候補したほか、東京都内を中心とした地方自治体議員選挙に候補者を擁立。投開票の結果、音喜多は落選したが、地方議員選では16名の公認・推薦候補のうち10名が当選した[5][6]

同年夏の第25回参議院議員通常選挙では、音喜多があたらしい党代表の肩書のまま日本維新の会公認で東京都選挙区から立候補し、当選[7]。一方で同年8月5日には、結党時からの所属議員で、統一地方選では党推薦で再選していた伊藤陽平新宿区議会議員が正式に離党を発表した[8]。その後も議員の離脱が相次ぎ、10月1日には岡山県津山市議の三浦拓が、12月8日には党幹事長で北区議会議員の駒崎美紀が離党している[9][10]

2020年2月29日、維新との連携方法などの今後の党方針についての信を問うとして音喜多が代表を辞任し、代表選挙が実施された。3月14日の投開票の結果、音喜多が渋谷区議会議員の橋本侑樹を破り、代表に再任した[2]。7月23日には橋本が離党したことを明らかにした[11]

2021年2月28日、音喜多が同年1月の千代田区議補選の候補者擁立を巡る混乱を受け、党代表を辞任することを発表(後任は中央区議会議員の高橋元気)。

政策[編集]

  1. 首長または議会多数派を獲得して目に見える改革を実行し、各地に広げる
  2. 情報公開を徹底する
  3. 他の政党では活躍しづらい女性・若者に政界への門戸を開く
  4. しがらみのない行政運営を実現する
  5. テクノロジー等への規制を緩和し、もう一度成長を目指す
  6. とりわけ都市に必要不可欠な多様性ある社会を創出する
  7. 必要な人に必要な施策を届ける真の福祉を広げる

役職[編集]

歴代代表一覧[編集]

代表氏名 在任期間 備考
1 Otokita Shun in Shimbashi July 04 2019 01-07 PM.jpeg 音喜多駿 1 2018年10月12日 - 2020年2月29日 東京都議会議員。後に日本維新の会参議院議員。
2 2020年3月14日 - 2021年2月28日 日本維新の会参議院議員
2   高橋元気 1 2021年3月14日 - (現職) 中央区議会議員

歴代の党役員[編集]

代表 幹事長 政策調査会長 副幹事長 広報最高責任者 人事最高責任者 就任年月
音喜多駿 2018年10月12日
駒崎美紀 高橋元気 橋本侑樹 三次由梨香 2019年6月1日[12]
高橋元気 三次由梨香 新井英行 2019年12月8日[13]
(廃止) (廃止) 2020年8月24日[14]
高橋元気 宮本舜馬 小林あすか 2021年3月14日[15]

党勢[編集]

所属地方議員[編集]

議員名 所属議会 会派 備考
入江愛弓 東京都豊島区議会 あたらしい豊島の会(一人会派)
宮本舜馬 東京都荒川区議会 維新・あたらしい党[16][注 1]
新井英行 埼玉県美里町議会 無所属 無所属・党推薦で立候補。
高橋元気 東京都中央区議会 あたらしい中央
小林あすか 東京都江戸川区議会 区議会江戸川クラブ
三次由梨香 東京都江東区議会 あたらしい・維新・未来会議[17][注 2] 夫は前党代表の音喜多駿

騒動[編集]

  • 2021年1月31日投開票の千代田区議会議員補欠選挙において、会社員で女装家の梅田夏希をあたらしい党公認で擁立したが、選挙期間中に、梅田が過去にtwitter上で投稿した「歩きタバコは死ね」「痴漢OKの車両があったら面白そう」などの書き込みが批判を受けた。その結果、梅田が「政治家を目指す以上、今後は立場に相応しい発言を心がけます」と陳謝する事態となった。さらに、梅田は自身の落選が決まった投開票日翌日の2月1日に「昨日までに私の過去の不適切ツイートを前後の文脈読まずにRT(再投稿)しちゃった人は公職選挙法142条の7に違反して不法行為に、さらに、書いてもないこと付け足しちゃった人は公職選挙法235条2項によって刑罰の対象となるのでそのつもりでね…」と投稿。居直りとも取れる投稿にさらに批判が集まり、党代表の音喜多が「(梅田氏は)自身への批判・指摘に対する開き直り・威圧とも取れる複数の発言がありました。選挙期間中もSNS上での立ち振舞いについて私および党関係者から再三再四に渡り注意・指導を行いましたが、舌の根も乾かぬうちに行われた発言は誠に遺憾であり、責任を痛感しております」とブログにて陳謝。梅田も2日にtwitter上で謝罪した[18]。党は翌3日に梅田に対し厳重注意処分を下し、党区政対策委員の職を解任したことを発表した[19]。この騒動では音喜多が維新にも所属していることから、維新の候補者と勘違いした苦情の電話が維新宛てに寄せられた。そのため、2月28日に音喜多は引責の形を取り、あたらしい党の代表及び東京維新の会の副代表を辞任することを発表した。あたらしい党での身分は党員から党友となり、党人としての活動は維新に一本化する意向を示した[20]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 日本維新の会、あたらしい党、NHKから国民を守る党の三人会派
  2. ^ あたらしい党、日本維新の会、元NHKから国民を守る党の三人会派

出典[編集]

  1. ^ a b 音喜多駿都議、新政党「あたらしい党」を結成。小池都知事の“密室政治”を打破できるか、パフォーマンスで終わるのか”. ハーバービジネスオンライン (2018年10月19日). 2018年11月5日閲覧。
  2. ^ a b あたらしい党 新代表が決定しました。” (日本語). あたらしい党. 2020年3月19日閲覧。
  3. ^ a b c あたらしい党 公式サイト. 2018年12月1日閲覧。
  4. ^ “音喜多都議:新たに地域政党 「あたらしい党」設立 /東京”. 毎日新聞. (2018年10月13日). https://mainichi.jp/articles/20181013/ddl/k13/010/015000c 2019年8月6日閲覧。 
  5. ^ “北区長に落選の音喜多氏「完敗です」”. 産経新聞. (2019年4月22日). https://www.sankei.com/politics/news/190422/plt1904220025-n1.html 2019年8月6日閲覧。 
  6. ^ 2019統一地方選挙の結果報告” (日本語). あたらしい党. 2019年8月6日閲覧。
  7. ^ “維新・音喜多氏が当選確実 元都民ファの前都議 東京”. 朝日新聞. (2019年7月22日). https://www.asahi.com/articles/ASM7K64F9M7KUEHF00P.html 2019年8月6日閲覧。 
  8. ^ あたらしい党の所属議員ではなくなりました” (日本語). 伊藤陽平. 2019年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月6日閲覧。
  9. ^ あたらしい党やめました。動くひらく、今後も自由に動きますぞ!|みうらひらくブログ
  10. ^ あたらしい党を卒業します | こまざき美紀 オフィシャルサイト
  11. ^ あたらしい党を離党しました。|渋谷区議会議員 橋本ゆきオフィシャルブログ
  12. ^ 役員人事に関するお知らせ | あたらしい党
  13. ^ 地域政党「あたらしい党」結党一周年!新体制&離党者について|音喜多駿 公式サイト
  14. ^ 【ご報告】役員人事および党規約の改定について | あたらしい党
  15. ^ 【ご報告】新代表および新役員人事が決定しました! | あたらしい党
  16. ^ 維新・あたらしい党 あらかわ区議会
  17. ^ あたらしい・維新・未来会議 江東区議会
  18. ^ “「刑罰の対象となるのでそのつもりで」あたらしい党の女装家・梅田なつき氏の投稿が再炎上”. 東スポweb. (2021年2月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2697267/ 2021年2月2日閲覧。 
  19. ^ “威圧ツイートで炎上! あた党・梅田なつき氏に厳重注意処分 音喜多代表も謝罪”. 東スポweb. (2021年2月2日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2702667/ 2021年2月3日閲覧。 
  20. ^ “音喜多駿参院議員があた党代表辞任 自身の〝二重党籍〟問題でもケジメ”. 東スポweb. (2021年3月1日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2825298/ 2021年3月1日閲覧。 

関連項目[編集]