あっけにとられた時のうた

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あっけにとられた時のうた
たまシングル
初出アルバム『たま
B面 あるぴの
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル パイオニアLDC
作詞・作曲 さくらももこ(作詞)
知久寿焼(作曲)
チャート最高順位
たま シングル 年表
日曜日に雨
1994年
あっけにとられた時のうた
1996年
学習
1998年
テンプレートを表示

あっけにとられた時のうた』(あっけにとられたときのうた)は、日本バンドたまの11枚目のシングル1996年6月26日リリース。発売元はパイオニアLDC(現・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)。

解説[編集]

一大ムーヴメントを引き起こし、若手バンドの登竜門ともなったTBS音楽番組平成名物TV三宅裕司のいかすバンド天国』の14代目イカ天キングとなったたまが、一度メジャーシーンから去り、インディーズのプライベートレーベル地球レコード」から再びメジャーシーンに復帰したメジャー復帰作。また前年にキーボードの柳原陽一郎が脱退、三人編成になって初めての作品でもある。

本作は、フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディングテーマとして作られ、作詞は原作者のさくらももこが担当。曲の途中では野口さんの「クックックック」と笑う声が入っているが、TVサイズ版ではさくら、CDやライブではメンバーの滝本晃司が担当している[1][2]

この作品がたま最後の8cmシングルCD作品となり、またメジャーレーベルから発売した最後のシングルになった。

収録曲[編集]

  1. あっけにとられた時のうた
    (作詞:さくらももこ/作曲:知久寿焼/編曲:たま)
    さくら家の人々が遭遇したあっけに取られたのときの様子を歌っている。
  2. あるぴの
    (作詞・作曲:知久寿焼/編曲:たま)
    カップリング曲。「あるぴの」とは、ウーパールーパー(=アルビノ)の名前とのこと。
  3. あっけにとられた時のうた (オリジナル・カラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ 石川浩司 [@ishikawakoji] (2018年8月28日). "昔さくらさんがちびまる子ちゃんエンディングの「あっけにとられた時のうた」のレコーディングをたまの私設スタジオに観に来た時、野口さんの笑い声を急遽「やってよ〜」とやってもらった。トイレから「クックックッ」という笑い声の練習が聞こえてきて笑ったな。なのであの野口さんはさくらさん本人。" (ツイート). Retrieved 2019年3月2日 – via Twitter.
  2. ^ 石川浩司 (2018年9月4日). “「3万円のヤカン」を買ったさくらももこさん〜石川浩司が語るさくらさんとの思い出”. DANRO(ダンロ):ひとりを楽しむメディア. 朝日新聞社. 2019年3月2日閲覧。