あっち向いてホイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

あっち向いてホイ(あっちむいてホイ)は、じゃんけんから派生した遊び。

概要[編集]

まず、2人でじゃんけんを行う。その勝敗が決まった直後、「あっち向いてホイ!」の掛け声と共に、負けた方は上下左右のいずれか一方へ顔を向け、勝った方は上下左右のいずれか一方を指差す。顔を向けた方向と指を差した方向が一致すると指を差した方の勝ちとなり、一致しなかった場合じゃんけんからやり直しとなる。

元は祇園のお座敷遊びで、落語家六代桂文枝(当時三枝)が『ヤングおー!おー!』で紹介して花柳界以外で広まったとされる。1972年頃より萩本欽一が『スター誕生!』の審査決定までの場つなぎコーナーで行い(「こっちむいてホイ!」の掛け声で行われていた)、全国的に有名になった。

その後、『NTV紅白歌のベストテン』の「プール大会」の時にプール上の一本橋の上で行ったり(負けた歌手は即プール落ち)、『プロポーズ大作戦』の中間コーナーで、「スターが挑戦!アッチャムイテホイ」と銘打ち、その回のゲスト歌手が町中で行ったりしており、そして1996年の年末特番『紅白なんてブッ飛ばせ そんなアナタもお祭りちゃん '96大晦日スペシャル』では、前年まで行って批判を浴びた「野球拳」に代わって、5時間15分も丸々あっち向いてホイを行い、しかもやる前には必ず踊りを踊ってから行っていた。最近ではテレビアニメ『クレヨンしんちゃん』で、2013年10月よりデータ放送を使った「東西南北あっち向いてホイ」(2015年10月からは「東西南北HIPでYO!」)が行われている。『アイドリング!!!』(2015年放送終了)では「あっち向いてパイ!!!」と題した、負けるとパイをぶつけられるゲームが行われていた。

あっち向いてホイをテーマにした1時間のテレビ番組が制作されたことがある(NBS長野放送「あっち向いてホイロジー ~脳科学が探る勝利の法則~」 2007年)。また、脳の動きの仕組みとして、相手の指の動きにつられないためには視覚情報に反する運動(衝動性眼球運動)を行うことが必要であるが、これには視床からの命令が重要な役割を果たしているとする研究結果が北海道大学医学研究科准教授の田中真樹らによって2010年に発表されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ “指と反対向く「あっちむいてホイ」脳の働き解明”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年4月8日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100407-OYT1T00901.htm 2010年4月8日閲覧。