あっぱれ婦人会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
あっぱれ婦人会
APPARE FUJINKAI
メンバー 木下あや
天野裕加里
結成年 2018年
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
SMA HEET Project
活動時期 2018年5月22日[1] -
出身 ワタナベコメディスクール11期(天野)
出会い ライブでの共演
旧コンビ名 うさぎびーんず(木下)
お月みん!(天野)
メイプルタウン(天野)
大正ロマネチカ
現在の活動状況 テレビライブ
芸種 漫才
同期 ふるやいなや(スーパーニュウニュウ
石井てる美
デルピエロ
雷鳥など(天野)
公式サイト 公式プロフィール
テンプレートを表示

あっぱれ婦人会(あっぱれふじんかい)は、ソニー・ミュージックアーティスツSMA HEET Project)に所属する日本のお笑いコンビ

メンバー[編集]

  • 木下 あや(本名:木下 綾子(きのした あやこ)[2] (1975-09-05) 1975年9月5日(45歳) - )
    • 千葉県出身[2]
    • 身長150cm、血液型O型[2]
    • 和光大学芸術学科卒業[2]
    • 趣味は散歩、知らない人に話しかけること[2]
    • 特技はバスケットボール日本舞踊、舞台の大道具のロープワーク[2]
    • 弟がいる[3]
    • 元々は舞台を中心に活動する女優で、東京芸術座を拠点としていたが各地方を巡回する旅公演では大道具係や音響係などしかやらせてもらえず、10年くらい経った頃には裏方でも使ってもらえなくなったことから、劇団を辞め劇団時代の先輩と2人芝居の舞台を開始[4][5]。その2人芝居ではコメディーもやったことがあり、コメディーの台本の評判が良かったことからお笑いの世界ものぞいてみようと思って芸人の道へ進むこととなる[4]
    • かつて2016年10月から男女コンビ『うさぎびーんず』として活動していた[6]。うさぎびーんずは2017年8月27日に解散[7]。以後、現在のコンビを結成まではピン芸人で活動。
    • かつては既婚者であり、その頃は改姓後の「くどうあやこ」の芸名で活動していたが[4][5]2018年中に離婚。これにより旧姓の木下に戻ったため芸名も「木下あや」に改名。ネットで名前の画数から運気を調べたところ「こ」を抜いた方がいいとあったとして、「あやこ」を「あや」とした[4]
  • 天野 裕加里(あまの ゆかり[2] (1981-10-30) 1981年10月30日(39歳) - )
    • 東京都出身[2]
    • 身長162m、血液型A型[2]
    • 宝仙学園高等学校卒業[2]
    • 趣味:土鍋料理、毛抜きを使っての毛抜き[2]
    • 特技:シャンソン歌唱、朗読[2]
    • 22歳から28歳まで女優として活動。28歳の時にワタナベコメディスクールの女性タレントコースを受験した際に、女優志望として面接を受けた時に「君にすごく合っているものがある」と誘われて芸人コースに入り[4]、同スクールに11期生(2009年10月)として入学。ここで出会った同期生と女性コンビ『お月みん!』を結成、2012年2月にはこのコンビに同じくスクールの同期がもう1人加入して女性トリオ『メイプルタウン』となる[8]。メイプルタウンは2013年3月解散[9]

来歴[編集]

最初は2人とも別々に活動。出会いは東京都健康プラザハイジア地下1階にある劇場「V-1スタジオ」でのライブの共演で、その時は同じフロア内にあるトイレで会ってあいさつをしただけだった。約1年後、コンビを解散した天野がふと木下のことを思い出し、携帯で検索したところ木下もコンビを解散していたことを知り、天野がその日のうちに「もしよかったら、お試しで3か月間だけ」と木下を誘い、もう1人木下の劇団の先輩を入れて試しに3人芝居をやったところ、やっていけそうと手応えを感じて木下と天野の2人で結成した[4]

結成当初のコンビ名は『大正ロマネチカ』(たいしょうロマネチカ)。日本風を狙ったコンビ名だったということで、こういうコンビ名にしたら「東京オリンピック関連の仕事が来るかも知れない」と思って名付けたのだが大不評。作家から「大正ネタがあるわけでもないし。“なんとか婦人会”でいいんじゃないか」と言われ、その時に天野が自分の感覚で「あっぱれ婦人会」という名前を提案し、そのままこのコンビ名となった[4]

芸風[編集]

ネタは主に漫才[10]。「びっくりビビンバ」「何言ってん5リットル(五寸釘)」等々駄洒落ギャグを連発した後に2人で手を挙げ(木下が右手、天野が左手)、ポーズをとって「わー!」と叫ぶという流れ[11][12]

新道竜巳(馬鹿よ貴方は)は、「ふざけ方の古さ、その古いノリが逆に新しい」「二人の年齢が武器になる漫才をしている」「実際のおばちゃんが素直に漫才をしている」「予測不能の漫才」などと評している[4]

キングオブコントなどでコントを演じたこともある[13][14]

出演[編集]

テレビ[編集]

ウェブテレビ[編集]

  • 笑ラウドネスGP(2021年7月18日、ABEMA)[21]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ コンビ情報 あっぱれ婦人会”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l #外部リンク節掲載の「公式プロフィール」より。
  3. ^ 木下あやtwitter 午後11:09 · 2019年8月11日
  4. ^ a b c d e f g h 東京スポーツ 2018年9月30日 21面「馬鹿よ貴方は新道竜巳『女芸人馬鹿売れ前夜』」
  5. ^ a b くどうあやこさん(98A)が2人芝居を行います”. 和光大学ブログ. 和光大学 (2010年11月15日). 2021年1月6日閲覧。
  6. ^ コンビ情報 うさぎびーんず”. M-1グランプリ 公式サイト. 2021年1月5日閲覧。
  7. ^ 木下あやtwitter 午後8:07 · 2017年8月27日
  8. ^ 芸人名鑑「メイプルタウン」
  9. ^ メイプルタウン解散”. みっこべーブログ「猫のいる生活」 (2013年3月7日). 2021年1月5日閲覧。
  10. ^ あっぱれ婦人会 | コンビ情報” (日本語). M-1グランプリ 公式サイト. 2021年4月12日閲覧。
  11. ^ TEPPEN.263 あっぱれ婦人会/漫才「恋しちゃった」(お笑いライブ『TEPPEN』公式チャンネル)
  12. ^ あっぱれ婦人会/漫才「結婚報告」(お笑いライブ『TEPPEN』公式チャンネル)
  13. ^ 【9】7月24日(火)シアターブラッツ[東京 出場者]”. キングオブコント2018 (2018年7月24日). 2021年1月6日閲覧。
  14. ^ 【13】7月11日(木)六本木トリコロールシアター[東京]”. キングオブコント2019 (2019年7月11日). 2021年1月6日閲覧。
  15. ^ 11月20日放送分”. ネタパレ. フジテレビ (2020年11月20日). 2021年1月6日閲覧。
  16. ^ 2020年11月20日放送 23:40 - 0:10 フジテレビ ネタパレ”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2020年11月20日). 2021年1月6日閲覧。
  17. ^ 1月1日放送分”. ネタパレ. フジテレビ (2020年11月20日). 2021年1月6日閲覧。
  18. ^ 「上田ちゃんネル」新春ネタ祭りにモダンタイムス、新作のハーモニカら”. お笑いナタリー (2021年1月4日). 2021年1月15日閲覧。
  19. ^ 田中みな実「有吉ジャポン」卒業であいさつも…有吉が毒舌イジり「拍手をカツアゲ、そういうとこだぞ!」”. スポーツニッポン (2021年3月27日). 2021年3月28日閲覧。
  20. ^ ザコシ率いるSMA対どぶろっく率いる浅井企画、やす子がネタ中に泣き出す”. お笑いナタリー (2021年5月22日). 2021年5月24日閲覧。
  21. ^ 総勢821組から"笑いの量"だけで最も面白い芸人を決める!『笑ラウドネスGP』ABEMAで放送決定 【ABEMA TIMES】” (日本語). ABEMA TIMES (2021年7月6日). 2021年7月24日閲覧。