あつみトンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あつみトンネル(温海トンネル)
Atsumi Tunnel.jpg
新潟側から撮影
概要
位置 山形県の旗 山形県
現況 供用中
所属路線名 E7 日本海東北自動車道
起点 山形県鶴岡市温海
終点 山形県鶴岡市五十川
運用
建設開始 2006年7月25日
完成 2012年3月19日
開通 2012年3月24日
管理 国土交通省
東北地方整備局
酒田河川国道事務所
通行対象 自動車
通行料金 無料
日平均通行量 - 台
技術情報
全長 本坑:6,022 m
避難坑:6,024 m
道路車線数 片側1車線
設計速度 100km/h規制速度:70 km/h)
本坑:7 m
避難坑:2.9 m
テンプレートを表示

あつみトンネル(温海トンネル)は、山形県鶴岡市温海にある日本海東北自動車道トンネルである。本坑の全長は6,022メートル (m) で、2017年11月4日に東北中央自動車道栗子トンネルが開通するまでは東北地方では最長の道路トンネルであった[1]

概要[編集]

あつみ温泉IC - いらがわIC間にあり、山形県鶴岡市温海から山形県鶴岡市五十川(いらがわ)を南北に貫くトンネルである。総延長は本坑が6,022 mで、長大トンネルであるため避難坑(全長 6,024 m)が海側に並行して設けられている。本坑と避難坑を結ぶ連絡坑が数百メートルおきに設けられている。なお、この区間は新直轄方式で建設されているため、通行料金は無料となっている[1]

また、先述にあるとおりトンネル延長が5,000 mを超えているため、道路法の規定により危険物積載車輌は通行禁止[2][3]である。

避難坑はTBM(トンネルボーリングマシーン)で施工したもので、直径4.5 mの円形断面である。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 浅井建爾『日本の道路がわかる辞典』日本実業出版社、2015年10月10日、初版。ISBN 978-4-534-05318-3。

関連項目[編集]