あの人の胃には僕が足りない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あの人の胃には僕が足りない
ジャンル 恋愛ファンタジー
漫画
作者 チョモラン
出版社 講談社
掲載誌 月刊モーニングtwo
レーベル モーニングKC
発表号 2018年4月号 -
巻数 既刊2巻(2018年12月21日現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

あの人の胃には僕が足りない』(あのひとのいにはぼくがたりない)は、チョモランによる日本漫画。『月刊モーニングtwo』(講談社)にて、2018年4月号から連載開始。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

舟次 蒔江(ふなつぎ まきえ)
本作の主人公。中学3年生。
料理上手な。異形「ワタリ」を引き寄せ、その姿を見ることができる。
さちが好きで、彼女のために弁当を作っている。
満腹 さち(みつはら さち)
本作のヒロイン。高校2年生。
それはいつも空腹なこと。正体は物事を喰らい尽くす「ワタリ」。
蒔江の「匂い」に呼ばれていた。蒔江を守る。
管理人さん
蒔江の住む町の「ワタリ」を管理している。自稱フリーランサー。さちなどの管理を担当する。
お手伝いさん
管理人さんのメイド。頭上のカチューシャに情報が表示される。
依澄ちゃん(いすみちゃん)
蒔江の隣人に擬態する「ワタリ」。しつかり者の小学生。

作中用語[編集]

ワタリ
本作の異形種類。本体は動物の形であり、その一部は人間になり、人間の生活に統合しようとしている。さち、依澄もその一つ。

書誌情報[編集]

  • チョモラン『あの人の胃には僕が足りない』 講談社〈モーニングKC〉、既刊2巻(2018年12月21日現在)
    1. 2018年7月23日発売、ISBN 978-4-06-511897-9
    2. 2018年12月21日発売、ISBN 978-4-06-513981-3

脚注[編集]

[ヘルプ]