あひる肝炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

あひる肝炎(あひるかんえん、: duck hepatitis)とはあひる肝炎ウイルス(DHV)1型、2型、3型感染を原因とするアヒル感染症。あひる肝炎ウイルス1型、3型はピコルナウイルス科に属するRNAウイルス、あひる肝炎ウイルス2型(あひるアストロウイルス1型)はアストロウイルス科に属するRNAウイルス。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はアヒル。主要な伝播形式は糞便を介した経口感染である(糞口経路)。5週未満のアヒルでは致命的であり、甚急性に経過し、反弓緊張を呈し、1時間以内に死亡する。病理学的には肝臓の腫大や出血斑が認められる。診断にはウイルス分離や中和試験が用いられる。国によっては予防には生ワクチンが用いられることがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 清水悠紀臣ほか 『動物の感染症』 近代出版 2002年 ISBN 4874020747
  • 獣医学大辞典編集委員会編集 『新獣医学辞典』 チクサン出版社 2008年 ISBN 978-4885006548