あべこべ物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あべこべ物語』(Dr.Jekyll and Mr.Mouse,1947年6月14日)はトムとジェリーの作品のひとつ。アカデミー短編アニメ賞ノミネート作品。ビデオやDVDではタイトルが違う事もあり、『ジキル博士とネズミ氏』、『怪力ジェリー』というタイトルで始まる事もある。

スタッフ[編集]

作品内容[編集]

今日も家の玄関に牛乳が届けられた。トムは大喜びでビンを開け、皿に注いでミルクを飲み始めるが、ジェリーも皿の端からミルクを盗み飲みする。ネズミごときに大好物を飲ませたくないトムは様々な手段で邪魔をするが、ジェリーを箱に閉じ込めても、ミルクの皿を金庫に仕舞い込んでも、あっさりとミルクを飲まれてしまう。

怒ったトムはミルクにあらゆる劇薬調合。かき混ぜるスプーンの先がたちまち炭化し、少し飲んだだけでハエが金切り声を上げて即死するほどの恐ろしい劇毒ミルクを作り、ミルクを盗み飲みしたジェリーに復讐を開始する。

何も知らないジェリーは、「飲んでくれ」といわんばかりに床に置かれた例のミルクを半分飲み干す。たちまちジェリーは悲鳴を上げて倒れるが、みるみるうちに筋肉が発達し、ムキムキな大ネズミに変身。真っすぐ向かってくるジェリーを見て恐怖に駆られたトムは電話帳でジェリーを打ちのめすが効かず、逆に分厚い電話帳をビリビリに粉砕されてしまう。火掻き棒で殴っても、鉄の棒がジェリーの形にひん曲がるだけで全然効かない。

怪力ジェリーはトムをコテンパンにしてしまうが、ある拍子に元の弱いネズミに逆戻り。立場は一気に逆転。大急ぎでもう一度ミルクを飲み変身しようとしたジェリーだが、一度目は無事飲めたものの薬の効果がすぐに切れてしまい、二度目はトムにミルクの皿をひっくり返されてしまう。

追いかけっこの末トムを冷蔵庫に閉じ込めたジェリー。大急ぎでトム同様にミルクに劇薬を調合するが、飲もうとしたところで冷蔵庫から脱出したトムにすべて奪われてしまう。ミルクを飲み干し、悪魔のような巨大マッチョ猫に変身していくトム。ところが急激な巨大化に肉体が耐え切れなかったのか、骨格や筋肉が振り切れ、逆にジェリーより小さくなってしまうトム。その後はジェリーに殴られたり尻尾をはじかれる度に矮小化を繰りかえし、最終的にはノミ程度の大きさに。二匹がまるであべこべになり、最後はジェリーに蝿叩きで追いまわされるトムであった。

関連項目[編集]

  • トムとジェリー
  • ジキル博士とハイド氏:原題の元になった。
  • トムとジェリーショー:2014年に放送されたテレビシリーズ。エピソードの中にジェリーが怪力ネズミになる回があり、そちらは、トムが未遂に終わった悪魔のようなマッチョ猫となってジェリーを襲っている。そんな2匹に加え新キャラクターのナポレオンとハムスターの2匹のネズミも怪力ネズミに変身しているが、ナポレオンは怪力ネズミになるとトムより巨大化する(本人いわく怪力化する食べ物を摂取しすぎたため)。