アラメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アラメ
Alger, Ecklonia bicyclis, Nordisk familjebok.png
アラメ
分類
ドメ
イン
: 真核生物 Eukaryota
階級なし : ディアフォレティケス Diaphoretickes
階級なし : SARスーパーグループ Sar
階級なし : ストラメノパイル Stramenopiles
: 不等毛植物門 Heterokontophyta
: 褐藻綱 Phaeophyceae
: コンブ目 Laminariales
: レッソニア科 Lessoniaceae[1]
: アラメ属 Eisenia
: アラメ E. bicyclis
学名
Eisenia bicyclis (Kjellman) Setchell[1][2]
和名
アラメ

アラメ(荒布、学名Eisenia bicyclis)は、コンブ目レッソニア科アラメ属に属する褐色の褐藻の一種。

特徴[編集]

高さは1m〜2m[3]。1年目は1枚の笹の葉状だが、2年目になると二又の茎となって先に葉を付ける[3]。二股に分かれた茎部の先にはたきのような側葉を持つ(種小名も「二輪の」という意味である)。茎は円柱状、葉は帯状でシワがある[3]

低潮線付近から漸深帯の岩礁に見られ、深さ10m付近の海底に群落(海中林)を形成することもある[3]アワビなどの貝類を含む無脊椎動物魚類の生育場所や餌として重要な位置を占める海藻である。

古くは大宝律令正倉院の文書にも登場し、現在でも薬品原料、肥料、食料品などとして用いられている。日本では主に本州太平洋沿岸北中部に分布する。アラメの名は、ワカメ(若布)にたいして肉が厚く荒い感じがするところからつけられた[4]

同じレッソニア科のカジメに似るが、アラメは茎部が枝分かれする(カジメは分岐しない)点、及び側葉の表面が波打つ点などが異なる。

利用[編集]

食用[編集]

乾燥させたアラメ

海水につけて渋を抜き、茹でてから乾燥させる。使用時はしばらく水につけてふやかし[5]味噌汁に入れたり佃煮にするなどして食用にする。

なお、佐渡地方の特産品の「板アラメ」はツルアラメEcklonia stolonifera)の加工品である[3]

化学原料[編集]

アラメはアルギン酸の原料となる[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b 吉田忠生・吉永一男 (2010) 日本産海藻目録(2010年改訂版), 藻類 Jpn.J.Phycol. (Sorui) 58:69-122, 2010
  2. ^ アラメ Biological Information System for Marine Life 国立研究開発法人海洋研究開発機構
  3. ^ a b c d e f 2.7 海藻類”. 国土交通省. 2020年2月8日閲覧。
  4. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p17 昭和33年12月25日発行
  5. ^ 「飲食事典」本山荻舟 平凡社 p18 昭和33年12月25日発行

関連項目[編集]