ありがとう・さようなら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みんなのうた
ありがとう・さようなら
歌手 中井貴一
𠮷田直子
作詞者 井出隆夫
作曲者 福田和禾子
編曲者 福田和禾子
映像 実写
初放送月 1985年2月-3月
再放送月 別項
テンプレートを表示

ありがとう・さようなら」(ありがとう さようなら)は、日本の楽曲。作詞:井出隆夫、作曲・編曲:福田和禾子、歌:中井貴一&𠮷田直子。

概要[編集]

1985年2月にNHKみんなのうた』で放送された。福田和禾子が「100年残る名曲を」という意気込みで作った楽曲。

2017年時点でも卒業・卒園ソングの定番として認知されている[1]。タイトルや歌詞中に「卒業」との語は使用されていないが、歌詞には学校を卒業することに対してそれまでの学校や友人との思い出、これからの気持ちなどが表されている。

『みんなのうた』のテレビ放送では木造の小学校校舎や教室、卒業式の写真などを用いた実写合成による映像が使用された。

収録アルバム[編集]

  • NHKみんなのうた 50 アニバーサリー・ベスト ~大きな古時計~(2011年 ソニー・ミュージックダイレクト)

カバー[編集]

  • ピーカブー、𠮷田直子-日本コロムビア版カバー音源。「NHKみんなのうた 〜Classic〜」(2013)等に収録
  • たいらいさお、𠮷田直子-キングレコード版カバー音源。「 NHKみんなのうた大全集 恋するニワトリ~おふろのうた」(1985年)等に収録
  • 一之瀬洋一、𠮷田直子-アポロン音楽工業版カバー音源「NHKみんなのうた」(1993)に収録
  • 植村侑広、四谷富士子-ポニーキャニオン版カバー音源。「決定盤 「NHKみんなのうた」ベスト」(2016)に収録

再放送[編集]

本曲は1980、1990年代の2-3月期にかけて、同じく卒業ソングとして認知されている「おもいでのアルバム」と並んでしばしば再放送が行われた。

全て2-3月中の放送

脚注[編集]

  1. ^ 新星出版社編集部(編)『幼稚園・保育園 現場の声から選ばれた やさしく弾けるピアノ伴奏 保育のうた12か月』新星出版社、2017年初版、227頁。ISBN 978-4-405-07139-1。

関連項目[編集]