あるかす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あるかす
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 太平洋沿海フェリー
運用者 太平洋沿海フェリー
建造所 瀬戸田造船
姉妹船 あるびれお
IMO番号 7213072
経歴
進水 1972年
竣工 1972年9月11日[1]
就航 1972年10月1日[1]
要目
総トン数 9,800 トン[1]
全長 167.2 m[1]
垂線間長 155.0 m[1]
全幅 24.0 m[1]
深さ 9.7 m[1]
機関方式 ディーゼル
主機関 日立B&W 45HU 2基[1]
推進器 2軸
最大出力 18,800馬力[1]
最大速力 24ノット[1]
旅客定員 925名[1]
車両搭載数 8トントラック95台、乗用車75台[1]
テンプレートを表示

あるかすは、太平洋沿海フェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

1972年太平洋沿海フェリーの第一船として瀬戸田造船で建造された。

1972年10月1日に名古屋 - 大分航路に就航した[1]。船名はこぐま座を意味する「アルカス」より命名。

本船から第4船「あるかす」にかけては、苫小牧-仙台航路で競合する新東日本フェリーの「V」から始まる命名に対抗し「A」から始まる単語でかつ験を担いで「ある」から始まる天体にまつわる船名が命名されていた[2]

1973年4月、名古屋 - 仙台 - 苫小牧航路の開設に伴い転配。1977年、車両甲板の増設が行われた。

1987年きそ (フェリー・初代)の就航により引退した。

1987年ギリシャen:Strintzis Linesに売却され、クルーズフェリーへの改造を受け、IONIAN GALAXYと改名した。

1988年パトラ - イグメニッツァ - コルフ - アンコーナ航路に就航した。 1995年、パトラ - イグメニッツァ - コルフ - ベニス航路に転配された。 1998年、リビアのGNMTC英語版に傭船された。 1999年、パトラ - イグメニッツァ - コルフ - ベニス航路で再び運航された。 2000年ブルースターフェリーに売却されBLUE GALAXYとなり、2001年、パトラ - ブリンディジ航路で運航された。 2001年トルコのMarmara Linesに傭船され、CESME2として夏期にブリンディジ - チェシュメ航路で運航された。 2003年ドバイのMarco Shippingに売却され、MERDIF 2としてドバイ - イラク航路で運航された。

2011年にスクラップとして売却され、インドのアランに回航の後に解体された。

航路[編集]

太平洋沿海フェリー(→太平洋フェリー)

  • 名古屋港 - 大分港
仙台港の施設整備が間に合わず北海道航路の開設が遅れたため、暫定的に九州航路に就航した。
  • 名古屋港 - 仙台港 - 苫小牧港
本船、あるびれおいしかり(初代)だいせつの4隻で1日1便を運航した。

設計[編集]

同じく瀬戸田造船で建造された近海郵船まりもの準同型船である。船型は同一であるが、船室が1層増えて3層となり、操舵室の位置も1層高くなっている[1]。船首ランプにサイドランプを採用したまりもと異なり、本船はバウバイザーを装備している。

バウバイザーの上部には、本船のシンボルとしてが設置されていた。名古屋城の鯱を摸して雌雄が一対となったもので、砲金製でを塗った上で金塗装がされており、1体が350kgあった[3]

船体は4層構造で上層からA・B・Cデッキ、トラックデッキと呼称されており、Aデッキは乗組員区画および旅客区画、Bデッキが旅客区画、Cデッキは前方が旅客区画、後方が乗用車搭載区画、トラックデッキは大型車搭載区画となっている。操舵室はAデッキの上に設けられていた[3]

「まりも」と同じく就航後は振動が発生した[3]

船内[編集]

就航当初は、ステラ・コンパニオンという女性アテンダントが乗船していた[3]。また、供食サービスは銀座コックドールとの提携で提供されていた[3]

船室[編集]

  • 貴賓室(2名)
  • 特等(76名)
  • 一等(166名)
  • 特二等(201名)
  • 二等(410名)
  • ドライバー室(70名)

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • メインロビー
  • シーロンジ - コーヒーショップ併設
  • スペシャルサロン

供食・物販設備

  • レストラン
  • グリル
  • スナック・バー
  • ショッピングコーナー

入浴設備

  • 大浴場

娯楽設備

  • ゴルフコーナー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 世界の艦船(1972年11月号,p18)
  2. ^ Sillage(シヤージュ) 太平洋フェリー20年の航跡 - 太平洋フェリー(1991年)
  3. ^ a b c d e 古坂典久「新造船「あるかす」の処女航海に乗って」、『世界の艦船』第183号、海人社、1972年11月1日、 103-105頁、2016年3月25日閲覧。