あるなする

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あるなする
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 太平洋沿海フェリー
日本カーフェリー
→シーコムフェリー
→マリンエキスプレス
ネグロスナビゲーション英語版
運用者 太平洋沿海フェリー
日本カーフェリー
→シーコムフェリー
→マリンエキスプレス
ネグロスナビゲーション英語版
建造所 日本海重工業富山造船所
姉妹船 あるごう
IMO番号 7302093
改名 えびの
San Lorenzo Ruiz
経歴
起工 1972年
進水 1972年
竣工 1973年3月20日[1]
就航 1973年4月
要目
総トン数 6,884 トン[1]
全長 132.1 m
22.7 m
満載喫水 5.75 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 16,000馬力
最大速力 22.5ノット
航海速力 19.5ノット
旅客定員 697名[1]
車両搭載数 トラック92台、乗用車100台[1]
テンプレートを表示

あるなするは、太平洋沿海フェリーが運航していたフェリー。船名は星座の「射手座」に因む。

概要[編集]

日本海重工業富山造船所で建造され、1973年4月に就航した。 名古屋 - 南紀勝浦 - 大分航路に就航したが、減便により1975年10月に日本カーフェリーに売却されえびのとなり、11月に神戸航路に就航した。 1990年、シーコムによる日本カーフェリーの買収でシーコムフェリー1992年にマリンエキスプレス)に継承された。 1996年12月、みやざきエキスプレスの就航により、高千穂丸が神戸航路へ転配され、本船は引退した。

その後、海外売船され、フィリピンネグロスナビゲーション英語版San Lorenzo Ruizとして就航していた。

航路[編集]

太平洋沿海フェリー

本船の売却後はあるごうのみで運航された。

日本カーフェリー

阪神淡路大震災により東神戸フェリーセンターが使用不能となった際は、大阪南港フェリーターミナルを利用した。

設計[編集]

船内[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 昭和48年 WHEEL HOUSE, CONTROL ROOM (PDF)”. 日本船舶海洋工学会関西支部 造船資料保存委員会 (2014年6月10日). 2018年5月13日閲覧。