ある日わたしは

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ある日わたしは』(あるひわたしは)は、石坂洋次郎の小説作品。1958年から1959年に雑誌『若い女性』に連載された。後、映画化テレビドラマ化も為された。

概要[編集]

ドラマ版では、ゆり子が夏休みで石川県加賀地方の温泉町にある実家に帰る所から始まり、物語は、ゆり子が経験する「幼い頃からの憧れの恋愛」「結婚願望の恋愛」「母性愛の恋愛」「母と子の二代に亘る恋愛」の他、ゆり子とかおりとの姉妹愛、かおりと良夫との恋愛など様々な恋愛を明るく描いている。

あらすじ[編集]

映画版[編集]

ある日わたしは
監督 岡本喜八
脚本 岡田達門
井手俊郎
原作 石坂洋次郎
製作 金子正且
出演者 上原美佐
宮口精二
音楽 佐藤勝
撮影 飯村正
製作会社 東宝
配給 東宝
公開 日本の旗 1959年9月8日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

キャスト[編集]


同時上映[編集]

テレビドラマ版[編集]

日本テレビの月曜20時枠として1967年10月23日から1968年4月29日まで放送された。全28回。提供スポンサーは明治乳業一社。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

話数 放送日 サブタイトル 監督
1 1967年10月23日 女の命の火 鍛冶昇
2 10月30日 隣の城 千野皓司
3 11月6日 叩けよ、さらば
4 11月13日 鳥籠と犬小屋
5 11月20日 風さわぐ中で
6 11月27日 新しいページ 鍛冶昇
7 12月4日 知らない時間
8 12月11日 光りと影と
9 12月18日 ガラスの階段
10 12月25日 霜夜のギター
11 1968年1月1日 ラブ・パレード[1]
12 1月8日 陽だまりの鳩
13 1月15日 近くの他人
14 1月22日 若さの糸車 丹野雄二
15 1月29日 憎しみの岸辺に
16 2月5日 昔の光り
17 2月12日 長い夜 手銭弘喜
18 2月19日 寄り添う星影
19 2月26日 ポンコツの歌 鍛冶昇
20 3月4日 傷つく者
21 3月11日 栄光のタイヤ
22 3月18日 夕陽にさようならを 手銭弘喜
23 3月25日 残照
24 4月1日 揺れる春
25 4月8日 北国にて
26 4月15日 独りだけの鐘
27 4月22日 小さな古い箱
28 4月29日 明日に微笑を

エピソード[編集]

  • 日活のテレビドラマ部門が手がける初のカラー番組である。映画本編に負けない凝った美しいオープニングが印象的。
  • 裏番組に日活のエース女優だった吉永小百合が出演する『娘たちはいま』(TBS)が放送されており、主演の松原は担当プロデューサーから 『視聴率で勝ったらハワイに連れて行ってやる』 と言われて張り切ったが、本作の視聴率は平均23%と大ヒット[2]、一方『娘たちはいま』の平均視聴率は11%となって[3]視聴率で勝利し、ハワイ旅行とカラーテレビをプレゼントしてもらったと言う[2]
  • 2015年10月23日から48年振りにスカパー!チャンネルNECOにて再放送されている[2][4]

脚注[編集]

  1. ^ この回は同じ日本テレビの『11PM』とのコラボレーションで制作され、ゆり子、夏子、美枝の三人がアルバイトで“イレブンガール”として出演するというストーリー。大橋巨泉朝丘雪路小島功が実名で、太宰久雄がプロデューサー・酒井役、五代目三遊亭圓楽が放送作家・甘粕役でゲスト出演している。
  2. ^ a b c 昭和の名作ドラマ復活!主演の松原智恵子「大切な作品」”. スポーツニッポン (2015年10月4日). 2015年10月25日閲覧。
  3. ^ テレビドラマデータベース「娘たちはいま」
  4. ^ このことは読売新聞も記事として取り上げられた。
日本テレビ 月曜20時枠
【当番組まで明治乳業一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
ある日わたしは

参考文献[編集]