ある映画監督の生涯 溝口健二の記録

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ある映画監督の生涯 溝口健二の記録
Kenji Mizoguchi: The Life of a Film Director
監督 新藤兼人
脚本 新藤兼人
製作総指揮 新藤兼人
撮影 三宅義行
編集 近藤光雄
藤田敬子
製作会社 近代映画協会
配給 日本の旗 ATG
公開 日本の旗 1975年5月24日
アメリカ合衆国の旗 1981年8月14日
上映時間 日本の旗 150分
アメリカ合衆国の旗 132分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ある映画監督の生涯 溝口健二の記録』(あるえいがかんとくのしょうがい みぞぐちけんじのきろく)は、1975年(昭和50年)5月24日公開の日本ドキュメンタリー映画である。近代映画協会製作、ATG配給。監督は新藤兼人カラースタンダード、132分。

新藤兼人が、師と仰ぐ亡き映画監督・溝口健二の生涯を取材した作品で、溝口の関係者39人に新藤自らインタビューを行い、ゆかりの場所も訪ね、取材を纏め上げた。また、溝口の監督作や、彼に影響を与えた作品が多数引用されている(引用された作品は、一部をのぞいて残されたスチル写真や映画脚本を資料としている)。第49回キネマ旬報ベスト・テン第1位。

クライテリオン・コレクション(The Criterion Collection)と、日本のパイオニアLDC(現在のジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)からDVDが発売された。

スタッフ[編集]

取材協力者[編集]

取材順

受賞歴[編集]

資料作品[編集]

溝口監督作品

  • 愛に甦る日』(1923年)
  • 813』(1923年)
  • 『血と霊』(1923年)
  • 『敗残の唄は悲し』(1923年)
  • 『塵境』(1924年)
  • 『大地は微笑む』(1925年)
  • 『ふるさとの歌』(1925年)
  • 人間』(1925年)
  • 『街上のスケッチ』(1925年)
  • 『赫い夕陽に照らされて』(1925年)
  • 紙人形春の囁き』(1926年)
  • 『狂恋の女師匠』(1926年)
  • 日本橋』(1929年)
  • 東京行進曲』(1929年)
  • ふるさと』(1930年)
  • 『唐人お吉』(1930年)
  • 都会交響楽』(1929年)
  • 『しかも彼等は行く』(1931年)
  • 『時の氏神』(1932年)
  • 『満蒙建国の黎明』(1932年)
  • 滝の白糸』(1933年)
  • 祇園祭』(1933年)
  • 『神風連』(1934年)
  • 『愛憎峠』(1934年)
  • 『折鶴お千』(1935年)
  • 『マリヤのお雪』(1935年)
  • 虞美人草』(1935年)
  • 『浪華悲歌』(1936年)
  • 祇園の姉妹』(1936年)
  • 『愛怨峡』(1937年)
  • 『あゝ故郷』(1938年)
  • 露営の歌』(1938年)
  • 残菊物語』(1939年)
  • 『浪花女』(1940年)
  • 『芸道一代男』(1941年)
  • 元禄忠臣蔵 前篇』(1941年)
  • 元禄忠臣蔵 後篇』(1942年)
  • 『団十郎三代』(1944年)
  • 『宮本武蔵』(1944年)
  • 『名刀美女丸』(1945年)
  • 『女性の勝利』(1946年)
  • 『歌麿をめぐる五人の女』(1946年)
  • 女優須磨子の恋』(1947年)
  • 夜の女たち』(1948年)
  • 『わが恋は燃えぬ』(1949年)
  • 雪夫人絵図』(1950年)
  • 『お遊さま』(1951年)
  • 武蔵野夫人』(1951年)
  • 西鶴一代女』(1952年)
  • 雨月物語』(1953年)
  • 祇園囃子』(1953年)
  • 『山椒太夫』(1954年)
  • 『噂の女』(1954年)
  • 近松物語』(1954年)
  • 楊貴妃』(1955年)
  • 新・平家物語』(1955年)
  • 赤線地帯』(1956年)

その他監督作品

資料提供[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

  • 『ある映画監督の生涯 - 溝口健二の記録』、新藤兼人、映人社、1975年

脚注[編集]

  1. ^ awards, Aru eiga-kantoku no shogai, Internet Movie Database (英語), 2009年12月10日閲覧。