ある閉ざされた雪の山荘で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ある閉ざされた雪の山荘で
著者 東野圭吾
発行日 1992年3月
発行元 講談社ノベルス
ジャンル ミステリ推理小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 ノベルズ
ページ数 221
コード ISBN 4061816071
ISBN 4-06-185909-9(文庫本
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ある閉ざされた雪の山荘で』(あるとざされたゆきのさんそうで)は、東野圭吾の長編推理小説。1992年3月5日に講談社ノベルスとして単行本が発行され、1996年1月15日に講談社文庫から文庫本が発行された。

概要[編集]

本作は、劇団の舞台練習という形をとることで、仮想の「吹雪の山荘」でのクローズドサークルが形成されるという異色の設定が使われたことで話題となった、東野圭吾による長編推理小説である。

主人公を含めた7名の若者たちはオーディションに合格した劇団員であり、演出家の厳命により外部との連絡を行えない状況下で、「吹雪の山荘」にいると想定して演技を続けることを強いられる。そして、1人ずつメンバー達が消息不明になっていくが、それが舞台練習によるものなのか、もしくは本当に殺人事件が起こっているのかを疑うようになっていく。

1993年の第46回日本推理作家協会賞(長編部門)候補 となっている。文庫版の解説は法月綸太郎

作品説明[編集]

本作は、下記に挙げられるような特殊な設定がなされており、それが絶妙に絡み合うことで、ミステリ作品としてもうまく成立している。

仮想のクローズドサークル
本作の特筆すべき点として、早春の高原の山荘で行われる合宿で行われる「演劇練習」が行われるが、その演劇の初期設定として「閉ざされた雪山の山荘」という設定が与えられることで、仮想のクローズドサークルが形成される。
劇団員のメンバー達は不合格にされることを恐れて警察に電話したり、すぐ近所に管理人がいるにも関わらず助けを求めることができない……という特殊なシチュエーションに置かれる。
犯行の真偽不明
本作では、「本当に殺人が行われているのか」を劇団員たちや読者が察することが出来ないまま、物語が進行していくことも特筆すべき点である。登場人物たちは劇団の役者であり、一連の事象が合宿で進行している演技の脚本によるものなのか、それとも実際の殺人事件なのかを確信することができない。
三重構造の舞台
また、本作の事件は『三重構造』で行われており、真犯人は「何もかも芝居という状況の中で、実際に殺人が起きる」ことを想定していた。しかし、協力者により真犯人は殺人を誤認させられることで、三重の舞台が出来上がっているのである。ここでの三重構造とは、下記のとおりである。
  • 劇団員らの視点 ………… 芝居の演技によるものだと思っている。
  • 真犯人の協力者の視点 … 双方を騙しながら、殺人劇を進めていく。
  • 真犯人の視点 …………… 実際に、殺人が行われているように見える。

あらすじ[編集]

本作で舞台となった乗鞍高原

俳優を目指している青年・久我和幸は、劇団「水許」で女優をしている元村由梨江に一目惚れしたことから、彼女になんとか近づこうと考えて、実力派の劇団である「水許」の次回作の出演オーディションを受け、300人の応募者の中からただ一人、劇団員以外からの合格を勝ち取る。

オーディションから一ヶ月後、演出家である東郷陣平から合宿へ参加するよう手紙が届く。そこには、乗鞍高原のペンションにて出演者の打ち合わせを行うため、誰にも口外することなく参加すること。そして、欠席をした者はオーディションの合格を取り消す……と書かれていた。

1日目[編集]

それから2日後、早春のペンション「四季」に、オーディションに合格した劇団員の男女7人が集められた。しかし、山荘の管理人である小田伸一によると、演出家の東郷が泊まるとは聞いておらず、宿泊するのは団員の7人だけで、管理人も説明を終えたら帰宅するという。

そんな中、東郷からの手紙が速達で届き、「記録的な豪雪に襲われ、電話も通じない孤立した山荘での殺人劇」という設定でシナリオを自由に考えながら舞台稽古を行うよう指示される。さらに手紙の追伸には、電話を使用したり外部の人間と接触を持った場合には、オーディション合格を取り消すという警告がされていた。

7人のメンバー達は不審に思いながらも、与えられた設定で舞台稽古をすることになる。

2日目[編集]

翌朝になり、深夜に一人で遊戯室のピアノを弾いていた笠原温子が山荘から失踪していることが判明する。遊戯室には演出設定の書かれた紙が置かれており、「笠原温子の死体はピアノの傍にあり、ヘッドホンのコードで首を絞殺された」という説明がされていた。

残された6人は、メンバーの中に筋書きを知っている犯人役がいて、笠原温子に『殺され役』になる事を指示して手紙を置いたのではないかと推理し、犯人探しを始める。だが、「地面は雪に覆われ、足跡はなし」という演出設定が新たに見つかり、施錠なども完璧なため外部犯も否定される。

口の軽い女優の中西貴子に劇団員の内外の事情を聞いていくうちに、先月のオーディションで不合格となり、ショックで帰郷した飛騨高山でスキー事故に遭い半身不随となった麻倉雅美という劇団員がいることを知る。事故ではなく自殺説も囁かれるなか、メンバー達の口は重く、麻倉のことを避けようとする素振りを見せる。

自身のアリバイ確保と「犯人からの襲撃」を防ぐため、久我は本多雄一の部屋で相部屋することになる。だが、零時前にスタンドのライトを点けようとしても点灯せず、しばらくすると点灯するという異常があった。

3日目[編集]

翌朝、元村由梨江が失踪し、彼女の部屋には「由梨江の死体は、前頭部に鈍器による打撃痕があり、首を絞められた痕が残っている」との説明がされていた。その後、温子と由梨江の荷物に「生理用品」が残されていたことや、山荘の裏手から「血のついた花瓶」が発見されるなど、不審な点が見つかっていく。

さらに、由梨江の部屋から「この紙を鈍器とする」という演出設定の紙が見つかり、井戸の蓋からは温子のセーターのほつれた糸が見つかったことから、メンバー達は「本当にこれは芝居なのか?」と疑惑を抱き始めるようになり、実際に殺人事件が起こっている可能性を考えるようになる。

「犯人は、麻倉雅美の恨みを晴らそうとする人物ではないか?」という推理がなされ、田所義雄は唯一の部外者である久我を疑い、残された5人は言い争いに発展するものの、決定的な結論は出ず膠着状態となる。

4日目[編集]

翌朝、三度「殺され役」が失踪するかと思われたが、無事に全員が起床する。しかし、朝食後に猛烈な眠気を覚えたメンバー達は、そのまま昏倒してしまう。だが、犯人と思われる者だけが立ち上がり、3人目の「殺され役」の雨宮恭介の首を絞めて殺害し、山荘から死体を運び出す。

メンバー達が目を覚ました時、雨宮の姿はなく、「死体の状況、雨宮京介は首を絞められて殺されている」と書かれた紙だけが残されていた。麻倉雅美の見舞いに行き、彼女の恨みを買っていると思われる三人全員が失踪し、犯人によるすべての犯行が終わったものと思われた。

しかし、久我は犯人に向かって「もうこれで終わりなんですね?」と告げる。この奇妙な舞台練習を終わらせる探偵役を演じるため、久我はすべての真相を語りだすのであった。

登場人物[編集]

劇団「水許」の団員[編集]

演劇の舞台となるステージの一例
久我和幸
主人公。本作における「探偵役」を務める。
俳優を目指すフリーターで、バイトに明け暮れている。合宿メンバーでは唯一、外からオーディションを受けて合格した劇団員であり、演技力・容姿などは光るものがある。
クールな二枚目俳優で、ハーフっぽい顔つきをしている。身長がやや低く、貴子いわく「あと5センチ背が高ければ」とのこと。古典と呼ばれる推理小説は、ほとんど読んでいるらしい。
「堕天塾」の元劇団員で、劇団「水許」のオーディションに合格した水滸の新メンバー。1年前に元村由梨江の芝居を見て、彼女の愛らしさに惚れて片思いしていたことから、東郷のオーディションに応募し、300人もの応募者から合格を勝ち取った。
人当たりは悪くないものの、作中では終始にわたって内心では由梨江のことにしか頭がなく、恋敵の田所のことは邪険にしている。内心では他人を馬鹿にしている描写が見られ、笠原温子にはそれを見破られている。
笠原温子
最初の「殺され役」。退団した麻倉雅美を引き止めに行った3人のうちの1人。
女性メンバーのリーダー格。演技力はそこそこである。中西貴子によると、演出家の東郷とは恋人関係にあるらしい。内心では他人を馬鹿にしている久我和幸の本性を、あっさりと見破るなど男を見る目がある。
ヘッドホンをして電子ピアノの練習をしていた所を、犯人に首をヘッドホンのコードで絞められて死亡。温子の荷物や靴は、そのまま残されていた。
元村由梨江
二番目の「殺され役」。退団した麻倉雅美を引き止めに行った3人のうちの1人。
舞台女優。容姿端麗なお嬢様だが、演技は大して上手くない。父が劇団「水滸」のパトロンで、財界との繋がりがある人物。
山荘での部屋割りは、笠原温子との二人部屋だったが、温子はベッドで眠ることなく失踪する。2日目には由梨江自身が殺され役となり、深夜にドアを開けた所を「鈍器」で前頭部を殴られ、暗闇で首を絞められて死亡している。
雨宮恭介
三番目の「殺され役」。退団した麻倉雅美を引き止めに行った3人のうちの1人。
男性メンバーのリーダー格で、劇団の古株。演技力はそこそこ。演出家の東郷の受けが良いらしい。劇団から一人選ばれてロンドンの演劇学校に1年留学する予定であった麻倉雅美がスキー事故で半身不随となったことから、雨宮が留学することになった。由梨江の恋人。
田所義雄
感情が激しく、軽薄な性格。由梨江に好意を抱いており、合宿中にも果敢にアタックしている。中西貴子いわく「人を疑うのが得意」とのこと。
本多雄一
粗野な言動をするが、性格は温厚。実力派のメンバーであるが、人を惹きつける華がない。雅美に恋している。
中西貴子
色気と才能を持ち合わせた個性派女優。外見も中身も白痴的な雰囲気だが、暗い性格ではない。むしろ自由奔放な明るい性格であり、口が軽くておしゃべり。内面が顔に出るタイプ。和幸に気があり、男性経験も豊富なもよう。

その他[編集]

小田伸一
ペンション「四季」の管理者であり、オーナーでもある。小田の自宅は、山荘から10分ほどの距離にある。小田の山荘は、若者受けしな地味なペンションである。
東郷陣平
劇団「水許」の演出家。奇をてらった演出や稽古を行うことで有名だが、最近落ち目との噂もある。独裁的で、何もかもひとりで牛耳ってしまうところが東郷の良さであると評されている。独身であり、温子とは恋人関係にあるという噂がある。
オーディションで合格したメンバー7名を山荘に集めて、自らは姿を表すことなく速達を送って指示して、奇妙な舞台稽古をさせた。
麻倉雅美
劇団「水許」の元メンバー。才能はあるが、容姿がいまいちで華がない。笠原温子とは同期でライバル。雨宮に恋していたらしい。
今回のオーディションでは、由梨江と同じく「ジュリエット」を演じており、由梨江より数段良い演技をしていた。しかし、オーディションに落選したショックから演劇を辞める決意をして、実家のある飛騨高山に帰郷。そこでスキー事故で崖から落ちて半身不随になっていた。事故として片付けられているが、滑降禁止の場所で直滑降していることから、「自殺」ではないかと思われている。
事故の当日には、笠原温子、元村由梨江、雨宮恭介の3人が実家まで訪ねて、芝居を辞めないように引き止めにいっていた。またその後、雅美に電話があり、その後すぐにスキーに行ったという。

書籍情報[編集]

脚注[編集]