あわくら温泉駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あわくら温泉駅
あわくら温泉駅駅舎(2007年10月13日)
あわくら温泉駅駅舎(2007年10月13日)
あわくらおんせん
Awakura-Onsen
西粟倉 (3.2km)
(6.6km) 山郷
所在地 岡山県英田郡西粟倉村影石
所属事業者 智頭急行
所属路線 智頭線
キロ程 40.6km(上郡起点)
電報略号 アワ
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
15人/日
-2018年-
開業年月日 1994年平成6年)12月3日
備考 無人駅
テンプレートを表示

あわくら温泉駅(あわくらおんせんえき)は、岡山県英田郡西粟倉村影石にある、智頭急行智頭線

岡山県では最東端の駅である。

駅構造[編集]

島式1面2線のホームを持つ盛土高架駅。線路西側に待合室およびトイレを備えた駅舎があるが、ホームへは駅舎を介さずに直接入る。ホーム上における出入り口は智頭寄りに設置。無人駅であり、自動券売機等の乗車券購入設備はない。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1・2 智頭線 下り 智頭鳥取倉吉方面
上り 上郡大阪京都岡山方面

1番のりばを上下本線、2番のりばを上下副本線とした一線スルーとなっており、通常は上下線とも1番のりばに発着する。2番のりばは列車交換および通過列車待ち合わせの場合のみ使われる(普通列車同士の交換の場合は、智頭方面行きが1番のりば、上郡方面行きが2番のりばに入る)。

利用状況[編集]

1日乗降人員推移 [1]
年度 1日平均人数
2018年 15

駅周辺[編集]

駅前に個人商店あり。飲料の自販機と、お菓子など簡単な食料が購入できる。

歴史[編集]

智頭線の当初の工事実施計画上の駅名は「影石」であった[2]

  • 1994年(平成6年)12月3日 - 智頭線開業と同時に設置。

隣の駅[編集]

智頭急行
智頭線
西粟倉駅 - あわくら温泉駅 - 山郷駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2019年9月2日閲覧
  2. ^ 『三セク新線高速化の軌跡』日本鉄道建設公団高速化研究会、交通新聞社、1998年10月20日、初版、p.17(日本語)。ISBN 4-87513-077-5。

関連項目[編集]