あわじ (掃海艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あわじ
JS Awaji(MSO-304).jpg
基本情報
建造所 JMU横浜事業所鶴見工場
運用者  海上自衛隊
艦種 掃海艦 (大型掃海艇)
級名 あわじ型
建造費 183億
母港 横須賀
所属 掃海隊群第1掃海隊
艦歴
計画 平成25年度計画
発注 2013年
起工 2014年2月27日
進水 2015年10月27日
就役 2017年3月16日
要目
排水量 基準 690トン
全長 66.8m
最大幅 11.0m
深さ 5.2m
吃水 2.7m
機関 ディーゼルエンジン × 2基
出力 2,200PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 14ノット(26㎞/h)
乗員 54名
兵装 JM61-RFS × 1門
レーダー OPS-39H 対水上捜索用
光学式監視装置(レーザー・レーダー)
ソナー OQQ-10-1 掃海艦ソーナーシステム
ZQS-4 可変深度式機雷探知機
OZZ-2 水中調査用UUV
その他 掃海装備
小型係維掃海具1型改
感応掃海具1型改
掃討装備
自走式機雷処分用弾薬(EMD)
テンプレートを表示

あわじローマ字JS Awaji, MSO-304)は、海上自衛隊掃海艦あわじ型掃海艦の1番艦。艦名は淡路島に由来する。旧海軍御蔵型海防艦淡路」、たかみ型掃海艇あわじ」に次いで日本の艦艇としては3代目。

艦歴[編集]

「あわじ」は、平成25年度計画掃海艦304号艦として、JMU横浜事業所鶴見工場で2014年2月27日に起工され、2015年10月27日に進水[1][2]、2016年9月24日に公試開始、2017年3月16日に就役し[3]掃海隊群第1掃海隊に編入され横須賀に配備された。

同年7月18日から7月30日陸奥湾で機雷戦訓練及び掃海特別訓練に参加。

2018年7月18日7月30日陸奥湾にて機雷戦訓練及び日米印共同掃海特別訓練を実施する[4]

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り2等海佐
氏名 在任期間 前職 後職 備考
1 小林倫彦 2017.3.16 - 2018.3.22 あわじ艤装員長
2 中川宏隆 2018.3.23 - 自衛艦隊司令部幕僚 就任時3等海佐

脚注[編集]

関連項目[編集]