あんまき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あんまきは、愛知県三河地方の和菓子。細長い生地でを巻いた和菓子。あん巻きと表記される事もある[要出典]。生菓子の為消費期限は至って短い[要出典]愛知県知立市では大あんまきが名物とされる。愛知県豊橋ではもっちりあん巻きのほか、有楽製菓ブラックサンダーとのコラボレーションで誕生した「ブラックサンダーあん巻き[1]がある。静岡県浜松市奥山半僧坊の近辺でも売られている[2]。また、三重県には伊勢夢あん巻き[3]徳島県には名代あん巻[4]のほか神戸[5]東京[6]など、現在では全国各地に広がりつつある。

あん巻きの歴史[編集]

岡崎池鯉鮒宿(現在の知立市)付近は、古来より水が少ないため稲作には適しておらず、小豆綿などの栽培が中心となっていた[7]

麦を粉に挽いて、延ばして焼いた物で小豆の塩餡を包んだ「あんまき」は、池鯉鮒大明神の参拝客や東海道を旅する者に好評であった[7]

以降地元小学校での授業内容のため出典は不明確であるが、江戸時代に作られたと言われており、1601年東海道五十三次の39番目の宿として栄えた池鯉鮒宿(現在の知立市)にて、大名への献上菓子として作られた歴史がある。[要出典]

知立市の大あんまき[編集]

大あんまきは、1889年に神谷為吉(小松屋創業者)[8]が考案したと伝えられている。当初から知立土産として参詣客に重宝されている[9]。以後、「知立名物」として広く知られている[10][11]

大あんまきを製造、販売している藤田屋は、CBCラジオのラジオ番組『唄啓のこれは得だすお聞きやす』でCMを流していたことがあり、これで藤田屋と大あんまきの知名度は高まった[7]

新大あんまき愛知大学と知立市は2018年6月に地域活性化などを図る連携協定を結んだが、それに先駆けて2018年2月より新たな名産品を共同開発する企画が愛知大学豊橋キャンパスの学生団体と知立市役所の若手職員とで立ち上がった。白あんに砕いたココアパウダークッキーを混ぜた「クリーム&オレオ」、すりつぶしたイチゴクランベリーなどを白あんに混ぜた「ベリー&ベリー」、あんを使わずにつぶしたサツマイモ生クリームバターを入れた「スイートポテト」といった新大あんまきを開発した。愛知大学豊橋キャンパスの学園祭で限定販売された[12][13]

豊橋市のもっちりあん巻き[編集]

もっちりあん巻きは、愛知県豊橋市の銘菓。愛知県産の小麦粉『きぬあかり』と青森県産の餅小麦粉『もち姫』をブレンドした、「ふんわり」「もっちもち」食感の皮が特徴。菓子博覧会などで賞を受賞している[14][15]

あん巻きのマスコット[編集]

知立市のマスコットキャラクター。2017年ゆるキャラグランプリで準グランプリを獲得[17]。あんまきポーチをもっている。ポーチの中には知立市の魅力がたくさん詰まっている。
お亀堂マスコットキャラクター。

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ https://entabe.jp/21044/black-thunder-anmaki-okamedo
  2. ^ 野沢製菓”. グルメ. アットエス (2014年1月6日). 2016年12月25日閲覧。
  3. ^ http://sekidora.com/shop/iseyume/
  4. ^ http://kotoraya.jp/item/4/
  5. ^ https://higashinada-journal.com/spot/9105/
  6. ^ https://anmaki-darumaya.com/
  7. ^ a b c 旧東海道のおみやげ、あれこれ 第14回 岡崎・池鯉鮒(知立)・有松・鳴海・宮(熱田)”. 静鉄タクシー. 2018年11月20日閲覧。
  8. ^ http://www.chiryu-kanko.com/detail/view/57
  9. ^ 愛知県姓氏家系大辞典編纂委員会『愛知県姓氏歴史人物大辞典』角川書店、1991年、218頁。ISBN 4040022300。
  10. ^ 大山くまお、川合登志和会『名古屋あるある』TOブックス、2014年、155頁。ISBN 9784864722377。
  11. ^ 徳田耕一「JRとは競合しないドル箱区間、東岡崎-神宮前間」『名古屋鉄道 今昔』交通新聞社、2017年。ISBN 9784330819174。
  12. ^ 神谷慶 (2018年11月3日). “愛大生×藤田屋×知立市コラボ、あんまき3種完成  3、4日に販売”. 中日新聞. http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20181103/CK2018110302000054.html 2018年11月20日閲覧。 
  13. ^ “藤田屋、愛知大、知立市が産学官連携 完成、1種類が近く商品化へ”. 毎日新聞地方版. (2018年11月1日). https://mainichi.jp/articles/20181101/ddl/k23/020/130000c 2018年11月20日閲覧。 
  14. ^ “もっちりあん巻き でお亀堂 あいちのお菓子総選挙で理事長賞/予想以上の結果に喜びの声”. 東日新聞. (2015年11月11日). https://www.tonichi.net/news/index.php?id=48727 2018年12月3日閲覧。 
  15. ^ “全国菓子博で農水大臣賞の「ゆたかおこし」など3品受賞”. 東愛知新聞. (2017年7月19日). http://www.higashiaichi.co.jp/news/detail/1344/ 2018年12月3日閲覧。 
  16. ^ http://www.city.chiryu.aichi.jp/shisei/about/chiryuppi/index.html
  17. ^ http://www.city.chiryu.aichi.jp/shisei/about/chiryuppi/topics/1511315987053.html
  18. ^ https://twitter.com/okamedo_jp