あ・り・が・と・う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あ・り・が・と・う
中島みゆきスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
ニューミュージック
時間
レーベル キャニオン・レコード
AARD-VARK
プロデュース 川上源一
チャート最高順位
中島みゆき 年表
みんな去ってしまった
1976年
あ・り・が・と・う
1977年
愛していると云ってくれ
1978年
テンプレートを表示

あ・り・が・と・う』は、1977年6月25日に発表された、中島みゆきの3作目のオリジナルアルバムである。

解説[編集]

中島みゆき曰く「初めてアレンジャーとの共同作業のもとに制作したアルバム」であり、レコーディングに坂本龍一吉田建が参加している。

オリコンアルバムチャートでは最高6位を記録し、中島のオリジナルアルバムで初めて最高10位以内を獲得した。また、本作品から1996年にリリースされた24thアルバム『パラダイス・カフェ』まで、中島のオリジナルアルバムが同チャートで22作連続で最高10位以内を獲得した。

1986年キャニオン・レコードよりCD化されており、現行盤のCDは2018年ヤマハ・ミュージック・コミュニケーションズから再発売されたものである(デジタルリマスタリングされた)。

2010年、Tom Baker at Precision Mastering (Los Angeles) により新たにデジタルリマスタリングされたCDがクリスタルディスクにて発売された(規格品番:YMPCD-10011)。

尚、デジタルリマスタリングされたCDは2012年10月25日より8枚組のBOXセット『中島みゆきBOX 私の声が聞こえますか〜臨月』にて通信販売限定にて発売された。

収録曲[編集]

  1. 遍路
    編曲:吉野金次
  2. 店の名はライフ
    編曲:吉野金次・福井峻
    • モデルは、かつて北海道大学正門前にあった喫茶「ライフ」で、後に漫画喫茶「ニューライフ」と改名したが、1992年に取り壊された。歌詞中に「自転車屋のとなり」とあるが、実際に「ライフ」の隣に自転車屋が実在した。
  3. まつりばやし
    編曲:福井峻
  4. 女なんてものに
    編曲:吉野金次・福井峻
    • 作家の吉行淳之介との対談に触発されて制作した曲と云われている。
  5. 朝焼け
    編曲:吉野金次・福井峻
  6. ホームにて
    編曲:福井峻
    • 後にシングル「わかれうた」のB面としてリカットされる。
  7. 勝手にしやがれ
    編曲:吉野金次
  8. サーチライト
    編曲:吉野金次・福井峻
  9. 時は流れて
    編曲:吉野金次

演奏者[編集]

  • 中島みゆき - Vocals
  • 坂本龍一 - Keyboard
  • 吉田建 - Bass
  • 杉本喜代志 - Guitar
  • 小松崎政雄 - Drums