あーくしゅ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
あーくしゅ
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 PC-88SR以降 [PC-88]
MSX2
PC-98
X68000 [X68K]
開発元 ウルフチーム
発売元 ウルフチーム
人数 1人
発売日 [PC-88] 1989年12月16日
[MSX2] 1990年2月24日
[PC-98][X68K] 1990年3月
[PC-98](EGGサービス) 2006年
サウンド MSX2版はFM音源パック対応
その他 MSX・FAN1995年6月号にて、本作が付録として収録されている。
テンプレートを表示

あーくしゅ』(あーくしゅ[アークス番外編]、あーくしゅ 陽炎の時代を越えて)は、1989年以降にウルフチームから発売されたコンピュータゲーム

本作は『マイコンBASICマガジン』(電波新聞社)に掲載されていた同名の4コマ漫画を原作とするアドベンチャーゲームであり[1]、アークス番外編と銘打たれた。 本作はじぇだ(ジェダ・チャフ)とピクト(ピクト・ピヨント)の二人組が次元に発生した穴を修復するべく、三本の聖剣と各次元に点在するCDを集めるために冒険を繰り広げる内容となっており、二人のキャラクターの使い分けが謎解きに関わる。 物語には映画小説漫画アニメなどのパロディがふんだんに盛り込まれているほか、使用されている音楽は、オリジナルゲームで使われた音楽をコミカルにアレンジしたものが使用されている。 また、『ファイナルゾーン』、『夢幻戦士ヴァリス』、『YAKSA』、『ミッドガルツ』、『ガウディ』など、日本テレネット時代を含めたウルフチーム作品のキャラクターが多くゲスト出演している。

登場キャラクター[編集]

主人公[編集]

じぇだ(ジェダ・チャフ)
本作の主人公の一人で、ボケ役。
ピクト(ピクト・ピヨント)
本作の主人公の一人で、突っ込み役。

はじめの時代[編集]

おじさん(『アークス』)
金竜リグ・ヴェーダ(『アークス』など)

DOSバーガー(ワープ空間)[編集]

U子(『夢幻戦士ヴァリス』優子)
0子(『夢幻戦士ヴァリス』麗子)

現代(『ガウディ』の時代)[編集]

アンナ

近未来(『ファイナルゾーン』の時代)[編集]

ボウイ
ボンバー
モモコ

超未来(『ミッドガルツ』の時代)[編集]

カイン
サークン
ヨツンヘイム

過去(『YAKSA』の時代)[編集]

最空
伊織
沙羅
死魔神

どこにでも出現[編集]

ルアン・カーン
光の大道芸人 ルアン・カーン
光のコマンド ルアン・カーン
愛と勇気の男 ルアン・カーン
光の浪人 ルアン・カーン

行方不明の仲間[編集]

エリン
グラン
サーラ
チノップ
スー・ニー
バザン

スタッフ[編集]

  • グラフィック・シナリオ - 鈴木(G)健一 [注釈 1]
  • プログラム(PC-88 PC-98)- 堀智之 [注釈 1][注釈 2]
  • プログラム(MSX2)- 鈴木(P)昭弘
  • プログラム(X68000)- O・SUGI
  • 企画・原案・進行管理 - 後藤清治
  • シナリオサポート - 関塚俊次、竹田貴裕
  • グラフィックサポート - 杵渕進二郎、田島清香
  • サウンド - 宇野正明、桜庭統塩生康範
  • マネージメント - 浅沼穣
  • アドワーク - 石井史人
  • プロデュース - 秋篠雅弘

開発[編集]

プログラマーを務めたTOMOは、本作のPC-8801版がウルフチームでの初仕事であり、PC-9801版でも引き続きプログラマーを務めた[1]

TOMOはプログラマーに起用された経緯について、「アルバイト雑誌に掲載された外注プログラマー募集広告を見てウルフチームに応募し、10月末に面接を受けて採用された後、いきなりプログラマーを任された」とプロジェクトEGG運営スタッフ・ABEとのインタビューの中で説明しており、様々な分野のスタッフにやさしく教えてもらったと振り返っている[1]

その他[編集]

  • コピーガードの一種として、マニュアルを読まなければ先に進めない謎が用意されている。なお、PC-88版にはラベルデザイン上のミスがあり、本編で要求される“ディスクラベルに記載された暗号”(HG13)が分からなかった。
  • MSX・FAN1990年4月号は、本作のイラストを半立体レリーフデザインした写真が表紙となっている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b PC-88版プログラマー堀智之(TOMO)と鈴木(G)健一(ペンネーム:新免G之進)は1991年6月15日発売のPC-9801用AVG「クリスタルチェイサー」で再びタッグを組んで作品を制作した[1]
  2. ^ 「開発」節に記載されているプログラマー TOMO の本名

出典[編集]

  1. ^ a b c d 思ひ出小箱022 クリスタルチェイサー制作者インタビュー”. プロジェクトEGG. D4エンタープライズ (2017年). 2020年2月8日閲覧。