いいなづけ (マンゾーニの小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いいなづけ
I Promessi sposi
作者 アレッサンドロ・マンゾーニ
イタリアの旗 イタリア
言語 イタリア語
ジャンル 歴史小説 長編小説
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

いいなづけ:I Promessi sposi)は、アレッサンドロ・マンゾーニの長編小説。1827年に刊行された。イタリアではダンテの『神曲』とならぶ国民文学とされる。

17世紀のスペイン統治下の北イタリア農民の姿を描いた歴史小説であるが、マンゾーニはこの小説の執筆を通して近代イタリア語を完成させたと評価されており、イタリア統一運動(リソルジメント)を文化的側面から支える役割も担った。また、1630年頃にミラノを襲った黒死病(ペスト)の記述でも注目されている。

あらすじ[編集]

いいなづけのルチーアと離ればなれになったレンツォは、警察に追われる身に。一方ルチーアにも更に過酷な試練が。卓抜な描写力と絶妙な語り口で、時代の風俗、社会、人間を生き生きと蘇らせる大河ロマン。 伊文学の最高峰、完結篇。飢饉やドイツ人傭兵隊の侵入、ペストの蔓延などで荒廃を極めるミラーノ領内。物語はあらゆる邪悪のはびこる市中の混乱をまざまざと描きながら、感動的なラストへと突き進む。

日本語訳[編集]

岩波文庫からフェデリコ・バルバロと尾方寿恵による共訳が『婚約者』とのタイトルで刊行されており、長らく日本国内ではこのタイトルで知られていたが、1989年に平川祐弘が『いいなづけ-17世紀ミラーノの物語』の書名で河出書房新社から訳本を刊行。この訳は読売文学賞日本翻訳出版文化賞ピーコ・デッラ・ミランドラ賞を受賞するなどの評価を得たこともあり、『いいなづけ』のタイトルが広く知られるようになった。

  • フェデリコ・バルバロ、尾方寿恵訳 『婚約者』全3巻 岩波文庫 1946年 ISBN 4003270517
  • 平川祐弘訳『いいなづけー17世紀ミラーノの物語』河出書房新社 1989年 ISBN 4309201342
  • 平川祐弘訳『いいなづけー17世紀ミラーノの物語』全3巻 河出文庫 2006年 ISBN 4309462677