いいはなシーサー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いいはなシーサー
〜 a good story for good life 〜
ジャンル トークバラエティ番組
出演者 相田翔子
比嘉栄昇BEGIN
エンディング こちらを参照
製作
プロデューサー 粟井淳
斉藤充
八巻恭子
制作 テレビ朝日
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2007年10月5日 - 2009年10月2日
放送時間 金曜 0:15 - 0:45(木曜深夜)
放送枠 ネオネオバラエティ
放送分 30分
回数 97
公式サイト

特記事項:
1.放送時間・曜日・期間は関東広域圏(テレビ朝日)での場合
2.ハイビジョン制作
3.2008年7月18日および2009年7月17日7月31日は『全英オープンゴルフ』の放送のため放送休止

いいはなシーサー〜 a good story for good life 〜』(-ア・グッド・ストーリー・フォー・グッド・ライフ)は、テレビ朝日系列(ネット局は後述にて参照)で2007年10月5日から2009年10月2日まで毎週金曜日木曜日の深夜)0:15 - 0:45(関東広域圏(テレビ朝日)での場合)[1]に放送されていたトークバラエティ番組である。全97回。

番組概要[編集]

「ささやかだけど心温まるグッド・ストーリー」、「今日も1日の疲れを癒すちょっといい話を」をコンセプトとし、その名の通り普段何気なく見過ごしている身近ないい話を紹介する既存のトークバラエティ番組とは一線を画した独特の内容を持つトークバラエティ番組。番組のタイトルは「いい話」と、沖縄で魔除け・福招きの象徴とされる伝説の獣「シーサー」を掛け合わせた造語である。MCは、元Winkのメンバーで現在は女優歌手の相田翔子と石垣島出身のアコースティックバンドBEGINのボーカル比嘉栄昇で、波の音の効果音などとともに、沖縄の雰囲気が漂う独特の演出・進行が特徴となっていた。

番組では、人と人との繋がりをテーマとする日本各地から集められたいい話をスライドショー風に紹介し、男女1組のゲストを交えてトークを行う[2]。また、番組の最後には、BEGINがいい話にインスパイアされた楽曲を演奏する[3]とともに、視聴者から投稿された創作ストーリーを紹介する「あってもいいはなシーサー」があった。 [4] なお、当番組のHPには、これまで放送されたいい話などが紹介されているほか、収録後記として、毎回、放送直後に相田翔子本人の写真を添えたコメントも掲載されていた[5]

2009年10月6日より0時台に生放送による帯枠の情報番組お願い!ランキング」の放送が開始されるのに伴い、当番組は同年10月2日放送分をもってわずか2年で終了となった[6]

出演者[編集]

MC[編集]

ナレーター[編集]

ゲスト[編集]

※ なお日付は関東広域圏(テレビ朝日)の放送日のものである。

2007年
2008年
2009年

エンディングテーマ[編集]

  • 『心のインク』:BEGIN(2007年10月4日 - 2009年3月26日)
  • 『SMILE』:BEGIN(2009年4月2日 - 10月1日)

スタッフ[編集]

  • 写真:山本宗補、高山透、大塚敬宣、高原浩一、太田正志、森原輝明、森敦子、小浦方仁、上野照文、干場泰信、小森学、東京ビジュアルアーツ、マンダラハウス、北陸デジタルスタジオ
  • 構成:とちぼり元、加藤淳一郎
  • リサーチ:世良知之、藤田みわ、武石彩子、日林ひと美
  • TD:藤原朋巳
  • VE:五味美由紀
  • カメラ:小林俊明、横関正人、大阪未来、渡邉良平、石井豪、廣瀬義幸
  • 音声:林田群士
  • 照明:岡本勝彦
  • 楽器:村林正博
  • PA:田村智宏
  • セットデザイン:出口智浩
  • 美術進行:宮原奈緒美
  • 大道具:菊池誠、平方哲生
  • 小道具:橋本浩一、鳴嶋篤史
  • 電飾:松村真一
  • プロジェクター:石井智之、鈴木準司
  • メイク:川口カツラ、菊池好美
  • 音効:竹内陽、営野みずき
  • 編集:住吉信一、中嶋活史、反畑弘一
  • MA:玉田良太、石井勇人
  • タイトルロゴ:横井勝
  • WEB担当:臼井正和
  • オブザーバー:山本たかお
  • 編成:白井伸之、岩崎浩
  • 広報:村上弓、下惠子
  • 制作デスク:星野敬子
  • ディレクター:川名良和、植木光雄、山中伸二、木塚圭司
  • プロデューサー:粟井淳、斉藤充、八巻恭子
  • 演出:倉沢尚宏
  • チーフプロデューサー:佐藤信也

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ朝日(EX) テレビ朝日系列 金曜 0:15 - 0:45(木曜深夜) 制作局
長野県 長野朝日放送(abn) 同時ネット
大分県 大分朝日放送(OAB) 金曜 1:45 - 2:15(木曜深夜) 7日遅れ
山口県 山口朝日放送(yab) 月曜 0:40 - 1:10(日曜深夜) 17日遅れ
沖縄県 琉球朝日放送(QAB) 土曜 6:30 - 7:00 44日遅れ
石川県 北陸朝日放送(HAB) 土曜 10:15 - 10:45 遅れ不明

過去のネット局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、2008年度は夏の全国高校野球大会の試合のダイジェスト番組の『熱闘甲子園』が放送されている期間は30分遅れの放送となり、2009年度は夏の全国高校野球大会の試合速報番組の『速報!甲子園への道』が放送されている期間は20分遅れの放送となった。また、現在放送中の『アメトーク』が1時間スペシャルとして放送された場合も30分遅れの放送となった。
  2. ^ 例外として#10、#22、#28、#71、#82のようにゲストが男性2組の場合もあった。
  3. ^ #22と#97に限り相田翔子がサブボーカルを務めた楽曲もあった(前者が『恋しくて』、後者が『笑顔のまんま〜いいはなシーサーVer.〜』)。なお、これらの音源と映像は着うた着うたフル、着信ムービー化され、テレビ朝日の携帯サイトにおいて2009年10月31日までそれぞれ期間限定で配信されていた(ただしこれらをダウンロードする場合、月額制による会員登録が必要となっていた)。
  4. ^ 放送開始当初は視聴者から投稿された写真を紹介する「いいはなシーシャ」のコーナーがあったが、前述のとおり「あっても~」に置き換えられる形で廃止された。
  5. ^ #43~#45は写真のみ掲載されコメントなし。なお、最終回の放送終了直後に同最終回の収録後記を除き、全て削除された。
  6. ^ ただし、遅れネットの系列局があるため、最終回の放送日は各地で異なる。

参考文献[編集]

番組を紹介した雑誌記事としては次のようなものがある。

関連項目[編集]

テレビ朝日「いいはなシーサー」

テレビ朝日 金曜日(木曜日深夜)0時台前半
前番組 番組名 次番組
いいはなシーサー