いい電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
いいでん!
漫画
作者 みずしな孝之
出版社 日本の旗 エンターブレイン
掲載誌 日本の旗 ファミ通
中華民国の旗 電玩通
レーベル 日本の旗 Beam Comix
中華民国の旗 Fami2 Comic
発表期間 1999年
巻数 日本の旗 既刊10巻
中華民国の旗 既刊5巻(日本語版での4~8巻)
その他 2011年4月までの題名は『いい電子』。
■テンプレート使用方法 ■ノート
ウィキプロジェクト 漫画・アニメ
ポータル 漫画・アニメ・ラジオ

いいでん!』は、みずしな孝之による日本漫画作品。ゲーム雑誌『ファミ通』(エンターブレイン)にて連載中。作者自身のゲーム日記形式の漫画作品である。旧題名は『いい電子』(いいでんし)。

目次

概要

1999年連載開始。単行本は2010年3月現在10巻まで発売されている。『週刊ファミ通』2011年4月21日号(2011年4月7日発売)掲載分より現在の題名に改題された。

2005年より、台湾版『ファミ通』にも翻訳されて、『良電子』というタイトルで掲載し、すでに単行本も5巻まで刊行されている(日本語版での4~8巻)。

ゲームとは無縁だった作者が、とある出来事からゲーム雑誌で連載する羽目になり、楽しみつつ翻弄されていく日常を描いている。

2003年には東京ゲームショウに出展し、その際に本作の登場人物が総登場するRPG『まつむらクエスト』をRPG制作ソフト『RPGツクール』で制作して配布した。2009年現在、ゲームショウで公開されたバージョンを微調整した『まつむらクエスト完全版』がエンターブレインのWebサイトにて公開されている。

作中の誤字が散見され、時折別の回の冒頭などでお詫びを入れ、代替コマを制作することがある。

2009年12月よりPlayStation Storeにて開始されたPSP向けコミック配信にて、ローンチ作品の1つとして単行本の第1巻が配信され、現在は4巻まで配信中。

登場人物

みずしな孝之
作者。昔はゲーム小僧だったが、今はてんでからっきしな大人。テンションの起伏が激しく、図に乗ると天狗、落ち込むと地獄。特にロールプレイングゲームアクションゲームに関してはぬるいが、パズルゲーム音楽ゲームに縁があり、作中ではかなりのレベルの高さを見せることも。部屋が汚く、時にはソフトが見つからなかったりも。横浜ベイスターズファン。いい電子を逆読みすると「しんでいい」となることに気づくも、早く読むと「シンディー」になるとこじつけて、このタイトルを貫いている。小さな思い出からトラウマが甦る事が多い。自虐ネタが多く、また恒川やフジイのアシスタント勢、担当のゴチさんからも(もっと言えば登場する人全員に)キツいツッコミをされる。
内藤佳代子(旧姓:松村
作者曰く「敏腕美人アシスタント」。ぬるきるはる(つまりベタ背景トーン)担当。北海道日本ハムファイターズのファン。作品内では「好き」と言う印象が強いが、小動物に関しては全て好き。中でも犬に関してはとても愛着心を示しており、最近長年の夢だった柴犬を飼っている。日ハムの試合観戦中、偶然隣に座っていたことから伊集院光との交友がある。沖縄県琉球)出身(なので2月に日ハムのキャンプの見学のついでに帰省する)。ご先祖様は大老井伊直弼。また、母方の祖父は首里城の赤瓦を作った廉でプロジェクトXに出演したことがあり、血のつながらない親戚に沖縄ローカルタレント川満しぇんしぇーがいる。2006年6月を持って結婚により姓が変わり「内藤」になった(しかし、その後も数回みずしなに「旧松村」という街道のような表記を用いられる)。結婚後は2006年秋以降、新アシスタントの登場もあり、さらに2007年6月に長男を出産したために産休・育休をした(現在のメインは主婦業)ため登場する機会は大きく減少し、登場するのは専ら新アシ2人が休んだときのピンチヒッターである。ただし、新アシの2人から「内藤チーフ」と呼ばれており、立場は(名目上の)チーフアシスタントに昇格したと思われる。2009年の夏からは夫の仕事の都合で1年間ニューヨークに向かう予定だったが、折からの不況で日本(埼玉)に留まっている[1]。登場人物曰く「内藤の人気は本人(みずしな)より上」だという。
マクニール石井(石井宏之)
初代編集者。みずしなをゲーム界に引き込んだ張本人。「マクニール石井」は『ファミ通』誌上で使用していたペンネーム。Gジャンがとても似合っており、「Mr.デニム」と呼ばれているとかいないとか。現在は『ファミ通』を離れスクウェア・エニックスに勤務しており、連載300回目にて同社を取材した回や500回記念の回にゲスト出演している。ゴルフ好きで、浜村弘一と同じく、熱心な阪神タイガースファンである。
ゴチさん(後藤聡子)
2代目担当編集者。小さい(公称148cm)。漫画では清々しいくらいに暴力的なツッコミ(ドツき)役として描かれ、みずしな他各者を一方的に殴ったり頭にかみついたりしている。みずしなと取材に行くと必ず何かを起こすらしい。愛称は本名→「ゴチさとこ」→「ゴチ」と転じたものが由来。なお後藤は『ファミ通』誌上では「サマァズ後藤」のペンネームを使用している。ファミ通誌面も含めイラスト以外の素顔は非公開だったが、ファミ通Xbox360で初めて素顔が公開された。
恒川陽子
松村結婚に伴いみずしなが新たに雇った、「背の小さい方」「絵が上手い方」のアシスタント。大阪府豊中市出身。愛称は「つねちゃん」。過去にセガ系のゲームセンターで勤務経験あり。興味あるものが出てくると妖気アンテナが作動する。漫画での性格はマイペースタイプ。取材ロケのお留守番や帰省など、色々な事情で欠席することが多かったが、2010年4月22日号にて結婚のためチームみずしなを卒業。
藤井みどり
同じくみずしなが新たに雇った「背の大きい方」のアシスタント。秋田県大曲市出身。愛称は「フジイ」。パンク系ファッションが特徴。後藤とは初対面時から波長がよく合う。『ファミ通』内での卓球ゲーム「テーブルテニス」の大会で(みずしなを超えて)ベスト4。ややツンデレの傾向がある。漫画での性格は後藤と同じトラブルメーカータイプかと思われる。また、TEAM-NACS(特に佐藤重幸)の大ファンでもある。髪は黒髪で、前髪の色も当初黒だったが、頻繁に変えるようになった。そもそも髪を染めた理由は、『いい電子』作品内における自分の姿に黒が多く、ベタを塗るのが面倒なため。そのため両親に怒られるのを恐れて言わないでいたが、母がフジイの登場する『ファミ通』をすべて買いだめしていたのでとっくにばれていた(最近は帰るたびに黒に戻している)。髪の色から秋田ご当地の食べ物などが出てくることが多い。
浜村弘一
エンターブレイン社長(元『ファミ通』編集長)。顔が大きい。根は優しくて外見が怖い、阪神タイガースファン。関係者から「パパ」、「浜パパ」とも呼ばれている。一部表記でのペンネームは「浜村通信」(自身のコラムにも使用している)。
バカタール加藤
前『ファミ通』編集長。ペンをつっこむのがトレードマーク。かつて『ファミ通』誌上でバカキャラを演じたり、くだらない記事を大真面目に書くなどの芸風を売りにしていた編集者で、そのためみずしな漫画共通のおぽんちキャラ設定がされており、途中からセリフは全てひらがなになっている。とても方向音痴。
N澤S一(ショーちゃん)
白泉社編集者・中澤章一。ゲームどころかアニメ・漫画にまで精通しているオタク。以前『ヤングアニマル』でみずしなが戦え!アナウンサーを連載していたときの担当(初代)だった。同誌連載作品『藍より青し』の担当でもあった。2008年に久しぶりに対面した際には副編集長まで出世していた。
うでつ和仁
バンダイナムコゲームス(旧ナムコ)に勤める、みずしなの友人でビューティフル塊魂のプロデューサー。苗字の漢字表記は「宇出津」。あの手この手で商品の宣伝をしてくる。初期の頃、登場時にはキャッツアイのごとくカード(名刺ナンジャタウンのパスポートなど)を投げて登場する。みずしなとは元々大学で同じ研究室(美術学科グラフィックデザイン専攻)に所属していた時代からの仲で、在籍時からみずしなの『ファミ通』への連載を予言していた。登場する度に髪型が変わっている。
菊タロー(旧:えべっさん)
プロレスラー。みずしなと、E3での地味な出会い(素顔)と取材での劇的な再会(えべっさん)をする。ゲームや漫画にかなり造詣が深い。みずしなと数度「しなっさん」「しなタロー」というタッグを結成している。
吉田尚記
ニッポン放送アナウンサー。みずしなとは2004年の東京ゲームショウにて出会った。見た目も声もさわやかだが、オタクがアナウンサーになってしまったように広い範囲について詳しい。しかしゲームに関してはみずしな同様ヌル。
同局の番組「着ラジ」にみずしながゲスト出演。開始直前に思いついたnintendogsのすれちがいイベントに強制的にみずしなを参加させ、さらに「ミューコミ」の企画ではみずしなが読者投稿を元に漫画を書いていた。また「ミュ〜コミ+」ではみずしなのアシスタントであるフジイをゲスト出演させている。
石井正則アリtoキリギリス
飲み仲間。同じ横浜ファンであるさくまあきらのラジオ番組で初同席。みずしな作品のファン。出演のたびに小さく描かれ、今ではとうとうビールジョッキ以下のサイズにされてしまった。
ノナカ(野中智恵)
エンターブレイン勤務の『いい電子』初代単行本担当。本職は雑誌『コミックビーム』の担当で須藤真澄の『おさんぽ大王』に出てくる編集者・ノナカと同一人物。2002年に寿退社している。サイン会会場などで、よく松村に間違われた。
山下
ノナカの後任となった『いい電子』2代目単行本担当。4巻からの担当で、担当入社したばかりの新人であった。
伊集院光
タレント。内藤と同じく日本ハムファンである。試合中に偶然隣り合ったことから知り合った内藤とは仲が良く、試合やキャンプなどで出会うことも多い。伊集院のラジオ番組「日曜日の秘密基地」のクイズコーナーにみずしな、内藤(当時松村)に漫画家仲間の桑木みきと田代哲也と組み参加したことがあり、そこからみずしなと伊集院との確執が生まれている模様。なお、両者共2010年現在もファミ通で連載を持っている。
業次郎(ぎょうじろう)
知人の飼い猫で、しばらく留守をするたびにみずしなが預かっている。『いい電子』内で1、2を争うかわいさで、内藤、後藤ともイチコロ。しかし最近は預かる機会が少なく、登場機会も少ない。
みずしなの別作品によると、2006年末に20歳(人間だと108歳)で大往生とのこと。
ながまさ(永匡)
フジイが飼っている猫。餅のようにのびることから、「おもちねこ」とも呼ばれる。「プキプキ」と鳴く。よくギャルゲー紹介の際に主人公として登場(代用)する。
こいずみまり
みずしなの友人でもある漫画家。ゲームショー関連ネタで出てくることが多い。昔、セガで働いていたことがあり、セガのブースに近づくと発狂する。なお彼女が『コイズミ学習ブック』をヤングアニマルに連載していた時の担当者は、先述のN澤。
日本橋ヨヲコ
友人で現在は売れっ子漫画家。RPGのレベル上げを旦那に任せている。何度か出演しているが本人が遊んでるシーンは一切無く、ゲームの腕前は不明。遊ぶより見るのが好きなようである。うどんに大量の刻み葱を入れることから(単行本10巻より)、最近では登場のたびに万能葱を携えている。

単行本

  1. 1巻:2000年10月25日発売
  2. 2巻:2001年11月26日発売
  3. 3巻:2002年10月25日発売
  4. 4巻:2003年12月25日発売(=台湾版1巻)
  5. 5巻:2005年04月25日発売(=台湾版2巻)
  6. 6巻:2006年04月24日発売(=台湾版3巻)
  7. 7巻:2007年04月25日発売(=台湾版4巻)
  8. 8巻:2008年05月26日発売(=台湾版5巻)
  9. 9巻:2009年03月25日発売
  10. 10巻:2010年03月25日発売

配信(PlayStationStore

  1. 1巻:2009年12月10日配信
  2. 2巻:2010年01月07日配信
  3. 3巻:2010年04月08日配信
  4. 4巻:2010年04月28日配信

配信価格は420円。なかなかの高評価である。

出演情報

  • 2003年06月08日 「伊集院光 日曜日の秘密基地」内「2時間クイズむずかC」にみずしな孝之、松村佳代子(現:内藤佳代子)が一般人参加者として出演。
  • 2010年05月15日 「輝け!第3回Y-1グランプリ 大賞発表」と言う、ニコニコ生放送にみずしな孝之が審査員として出演。

注釈

  1. ^ 10巻の「アシスタント描き下ろしマンガ」(P136)より。

今日は何の日(8月25日

もっと見る

「いい電子」のQ&A