いくつもの川を越えて生まれた言葉たち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いくつもの川を越えて生まれた言葉たち
森山直太朗EP
リリース
ジャンル ポップス
時間
レーベル ユニバーサルJ
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2003年度年間38位(オリコン)
森山直太朗 アルバム 年表
乾いた唄は魚の餌にちょうどいい
(2002年)
いくつもの川を越えて生まれた言葉たち
(2003年)
新たなる香辛料を求めて
(2004年)
『いくつもの川を越えて生まれた言葉たち』収録のシングル
  1. 夏の終わり
    リリース: 2003年8月20日
テンプレートを表示

いくつもの川を越えて生まれた言葉たち』(いくつものかわをこえてうまれたことばたち)は、森山直太朗の3枚目のミニアルバム2003年6月18日発売。発売元はユニバーサルJ。初回盤は『さくら(独唱)』PVとドキュメント映像収録のDVD付き。

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. 風唄(かざうた)(4:06)
    au着うた』CMソング
  2. 約束(5:17)
  3. (4:27)
  4. マリア(5:17)
  5. 夏の終わり(5:49)
    後に3rdシングルとしてリカット。カルビー『夏ポテト』CMソング・ABCテレビ朝日放送)系列『熱闘甲子園』エンディングテーマ
  6. 土曜日の嘘(6:40)

全曲作詞:森山直太朗・御徒町凧、作曲:森山直太朗、編曲:中村タイチ

脚注[編集]