いく子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「昱子内親王」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

昱子内親王(いくし(てるこ/あきこ)ないしんのう、寛喜3年(1231年) - 寛元4年8月15日1246年9月26日))は、鎌倉時代中期の皇族後堀河天皇第3皇女、母は藤原兼良伊勢斎宮

嘉禎3年(1237年)11月24日、四条天皇即位に伴い7歳で斎宮卜定暦仁元年(1238年)9月8日、左近衛府初斎院入り。同月22日、野宮に入る。延応元年(1239年)9月16日、伊勢群行仁治3年(1242年)1月11日、四条天皇崩御により13歳で退下。寛元4年(1246年)8月3日に落飾し、15日に16歳で薨去

参考文献[編集]

  • 山中智恵子『続斎宮志』砂子屋書房、1992年。 ISBN 4-7904-9221-4
  • 安田元久編 『鎌倉・室町人名事典』 新人物往来社、1990年。
  • 芳賀登ほか監修『日本女性人名辞典』日本図書センター、1993年。