いすゞ・BX

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1959年式 BX341 金沢産業製ボディ
魚沼交通・いすゞ自動車BX341 34年型ボンネットバス.jpg
いすゞ自動車BX341 34年型ボンネットバス・エンジンルーム左右撮影.jpg
魚沼交通 エンジンルーム左右

いすゞ・BX(いすゞ・ビーエックス)は、いすゞ自動車1947年(昭和22年)から1970年(昭和45年)にかけて製造・販売していたバス車両である。

本項ではBX以外のBX系の車種全般(BXDなど)についても記述する。

なお、各モデル文末の数値は順に全長(軸距)/全幅/全高/出力を示す。

1945年以前のBXバス及びそのルーツ[編集]

             いすゞ・BX35バス 16人 - 20人乗り
             いすゞ・BX40バス 21人 - 29人乗り
             いすゞ・BX45バス 25人 - 33人乗り

上記「いすゞ」は車名であって、会社名ではない。(いきさつや同時期のトラックについてはいすゞ・TXを参照)

スミダ・BT型バストラクターを除き、上記はいずれもフロントエンジンボンネットバスである。

1946年以降のBXバス[編集]

フロントエンジンバス[編集]

1947年(昭和22年)、BX80ボンネットバスが登場する。ガソリンエンジントラックTX80をベースに、前寄運転席の専用低床フレームにした車両である。

1948年(昭和23年)にはBX91が登場する。 BX80のエンジンをディーゼルトラックTX61用DA43型に変更したディーゼルボンネットバスで、ハイドロバックブレーキ(倍力装置付きブレーキ)を装備。車内は前向きの座席だと7列装備でき、三方シートだと立ち席を入れて50名以上の定員を確保できた。第一号車は東海自動車に納入されている。

1949年(昭和24年)にはBX91ベースのキャブオーバーバス、BX92が登場する。運転席がフロントオーバーハングへ移設されている。同年には同じくBX91ベースの長尺モデル、BX95に移行する。ヘッドランプフェンダー及びバンパーに改良が加えられ、スタイルが一新した。定員も前向きシートで54名、三方シートで62名に増えた。

1950年(昭和25年)にはBX91ベースの左ハンドル車、BX93も登場した。当時外国だった沖縄県その他に輸出されている。

キャブオーバー型の登場後、乗車定員を増やしたいボンネットバスユーザーの為にBX92改造指示書が架装メーカーに配布された。

1955年(昭和30年)にはBX91ベースでホイールベース4mの最小モデル、BX41が登場する。主に山間地や自家用に用いられた。また、同型のBX43、ガソリンエンジン車も製造された。

1956年(昭和31年)には105PSのDA110形エンジンが開発され、ホイールベース4mのBX131、同4.15mのBX141、同5.2mのBX151/BX152へ移行となった。これに前後してボンネットのラジエーターカバー(フロントグリル)の吸気口スリット)が大型化し、後年まで親しまれる形状となった。

1958年(昭和33年)には118PSのDA120形エンジンが登場、BX331/BX341/BX352に移行する。

1959年(昭和34年)にはDA120形が125PSに増強され、BX521/BX531/BX552に移行した。同時にボンネットの形状が変わり、フードの開閉方式が中央ヒンジのバタフライ式から、後ろヒンジで1枚跳ね上げのアリゲーター式となり、幅も拡大されて箱型となったフェンダーと一体化した。灯火類やラジエターグリルもリニューアルされている。

1961年(昭和36年)には130PSのDA640形エンジンが開発されたことから、BX721/BX731/BX752に移行した。

1962年(昭和37年)にはキャブオーバー車がモデルチェンジし、BX721E/731Eが登場している。これらは1963年(昭和38年)にBXD20E/BXD30Eに移行し、1964年(昭和39年)にBF20/BF30系となる。その後もキャブオーバーバスシャーシーは特装車等の需要があった為、BF系は195PSのDH100形エンジンを搭載した後継のBD30/40系にモデルチェンジし、1970年代まで製造された。

1962年(昭和37年)、フロントグリルのプレス変更とともに、いすゞの全社的な型式(かたしき)称号の変更に伴い、BXD20/BXD30/BXD50に変更となって登場した。エンジンは従来のままDA640形で、BXD20がホイールベース4m、BXD30が4.3m、BXD50が5.2mとなっている。1964年(昭和39年)からTXDのモデルチェンジに伴い、ヘッドランプが4灯化され、同時にフロントグリルも変更となった。過渡期には以前からのフロントグリルに4灯タイプのヘッドランプの車も製造された(画像参照)。

1967年(昭和42年)に製造が中止となり、長きにわたる歴史に幕が引かれた。

トラックベースのバス[編集]

1968年式 TSD40改 川崎航空機製ボディ
IwateKenpokuBus TSD40 No.6111.jpgIwateKenpokuBus TSD40 No.6111 Ria.jpg
岩手県北バス「八幡平号」

1946年(昭和21年) - TX80  TX40改良モデル。バスボディを架装してBX量産後も山間非舗装路で用いられた。

1952年(昭和27年)1‐ TS11  全輪駆動トラック。バスボディを架装して富士登山や積雪地帯で用いられた。

1963年(昭和38年) - TSD40 TS11の改良モデル。岩手県北バスや峩々温泉、国際興業で稼働のボンネットバスのベース。BX製造中止後も全輪駆動車を必要とする業者向けにバス車体が架装されている。

1974年(昭和49年) - TSD43 エンジンをDA640型/直列6気筒6373cc(135PS)に変更し、形式の末尾の数字が3に変更される。これが日本最後の実用ボンネットバスとなった。

1979年(昭和54年)生産終了。


これらとは逆に、低床キャブオーバーの利点を生かし、BXバスシャシ消防車タンクローリーなどのトラック架装を行った例もある。

リヤエンジンバス[編集]

  • 1951年(昭和26年) - BX91X/[95X]  ボンネットバスBXのコンポーネントを用いた普及版川航製フレームレスモノコックリヤエンジンバス 9.14m(4.15m[5m])/2.44m/2.85m/90PS
  • 1954年(昭和29年) - BX91V/95V  BX-Xの帝国自工ボディ。
  • 1955年(昭和30年) - BX91N/95N  BX-Xの西工製ボディ登場。同年 前トレッド拡大。100PS化。フレーム付BX97も追加(軸距4.6m。後のBB/BS系)。
  • 1956年(昭和31年) BA141/151  BX-Xの改良型。105pのDA110型搭載。後のBR系のベース。

主要諸元[編集]

ここに各車両の主要諸元を示す。それぞれ順に全長(軸距)/全幅/全高/出力を示す。

  • BX80 7.84m(4.30m)/2.40m/2.70m/72PS
  • BX91 7.84m(4.30m)/2.40m/2.70m/85PS
  • BX92 7.84m(4.30m)/2.40m/2.70m/85PS
  • BX95 8.71m(5.00m)/2.40m/2.83m/85PS
  • BX41 7.50m(4.00m)/2.20m/2.82m/100PS

参考文献[編集]

  • 『バスラマエクスプレス02 私の知っているバス達いすゞ自動車』ぽると出版 ISBN 4-938677-62-8
  • 『1960年代のバス』車史研 1987年
  • 『国産車100年の軌跡』三栄書房 1978年
  • 『自動車事業40年』三宮吾郎伝 1959年
  • 『モータービークル』

関連項目[編集]