いせ丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いせ丸
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 フジフェリー(1973-1978)
日本カーフェリー(1978-1996)
運用者 フジフェリー(1973-1978)
日本カーフェリー(1978-1996)
建造所 林兼造船下関造船所
姉妹船 しま丸
IMO番号 7319553
改名 いせ丸(1973-1978)
みやさき(1978-1996)
経歴
起工 1972年
進水 1973年
竣工 1973年7月9日
就航 1973年
運航終了 1996年
最後 スクラップとして売却、解体
要目
総トン数 7050.42トン
全長 140.85 m
型幅 22.40 m
型深さ 8.0 m
満載喫水 5.82 m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 20,000馬力
最大速力 23.95ノット
航海速力 21.5ノット
旅客定員 670名
乗組員 41名
車両搭載数 8トントラック90台、乗用車80台
テンプレートを表示

いせ丸(いせまる)は、フジフェリーが運航していたフェリー。後に日本カーフェリーみやさきとして就航した。

概要[編集]

林兼造船下関造船所で建造され、1973年7月に竣工したが、松坂港での漁業補償がまとまらず航路開設が遅れたため、日本沿海フェリーに用船され東京 - 苫小牧航路に就航した。1974年7月には主機不調のあるびれおの代船として太平洋沿海フェリーに用船された。その後、1974年10月17日にフジフェリーの東京 - 伊勢航路に就航した。

1978年9月に事故で沈没したさいとばるの代船として、日本カーフェリーに売却されみやさきとして、11月に神戸航路に就航した。 その後、シーコムによる日本カーフェリーの買収で、シーコムフェリー(マリンエキスプレスに社名変更)へ継承され運航されたが、1996年12月、神戸航路の減便とみやざきエキスプレスの就航により、えびのとともに引退、その後、海外売船された。

その後、海外売船され、フィリピンネグロス・ナビゲーション英語版に売却され、St. Ezekiel Morenoとなり、スーパーフェリー英語版で就航した。引退後、スクラップとして売却、解体された。

航路[編集]

フジフェリー

当初は東京 - 松阪 - 名古屋航路での運航を計画していたが、1974年5月に断念した。また、就航当初は東京港フェリーターミナルのバースに空きがなく、有明埠頭を暫定のりばとして使用していた。本船としま丸の2隻で運航していたが、1978年8月以降はしま丸のみでの運航となった。

日本カーフェリー

本船とあるなするで運航されていた。下り便は、神戸19時発、細島翌9時20分着(所要時間14時間20分)、上り便は、細島21時発、神戸翌11時着(所要時間14時間)のダイヤが組まれていた。

設計[編集]

船体は6層構造で、上部からプロムナードデッキ、A・B・C・D・Eデッキと呼称しており、プロムナードデッキは操舵室および乗組員区画、Aデッキは旅客区画、Bデッキは船首側に乗組員区画、船尾側にドライバー区画、C・Dデッキは車両搭載区画、Eデッキは機関室となっていた。Bデッキの中央部は吹き抜けでCデッキの天井高を確保しており、CデッキとDデッキは2箇所のスロープで連絡されていた。ランプウェイは船首と船尾右舷に装備しており、Dデッキに接続していた。

船内[編集]

船室[編集]

  • 特等室(2名×6室) - 12名
  • 1等洋室(6名×14室) - 84名 
  • 1等和室(4名×16室) - 64名
  • 2等室 - 460名  
  • ドライバー室 - 72名

設備[編集]

パブリックスペース

  • 案内所
  • エントランス
  • ラウンジ

供食・物販設備

  • レストラン
  • スナック
  • 売店

事故・インシデント[編集]

1976年12月28日、松阪港から東京港へ向かっていた本船は、伊勢湾を航行中、乗組員食堂付近の廊下から出火、約30分後に鎮火したが食堂の一部が焼損、乗組員1名が死亡した。旅客・車両搭載区画への延焼は抑えられたため、旅客、搭載車両へ被害はなかった[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 世界の艦船(1977年4月号,p147)