いただきストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いただきストリート
ジャンル ボードゲーム
開発元 スクウェア・エニックス
発売元 スクウェア・エニックス
任天堂
主な製作者 堀井雄二
対応機種 ファミコン, スーパーファミコン, PlayStation, PlayStation 2, PlayStation Portable, ニンテンドーDS, Wii, Android, iOS, PlayStation 4, PlayStation Vita
1作目 いただきストリート 〜私のお店によってって〜
(1991年3月21日)
最新作 いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY
(2017年10月19日)
テンプレートを表示

いただきストリート』は、第1作目が1991年アスキー(後のアスキー・メディアワークス、現KADOKAWA)から発売された、ボードゲーム形式のファミリーコンピュータ(ファミコン)のゲーム、およびそのシリーズのゲーム作品である。通称「いたスト」。

概要[編集]

プレイヤーは、『モノポリー』の要領でゲームボード上を周回しながら物件や株式を購入しつつ、総資産を設定額まで貯めて銀行にたどり着くことを目的とする。

『モノポリー』のルールを踏襲した部分が多いものの、ステージごとに構成の異なる盤面や株取引の要素、カジノといったオリジナル要素を取り入れゲーム性を高めている。

ゲームデザインはドラゴンクエストシリーズの制作でも知られる堀井雄二

「いただきストリート」の商標は、第2作目からの発売元であるスクウェア・エニックス(旧エニックス)と、アスキーよりゲーム事業を継承したエンターブレインを吸収合併したKADOKAWAの両社によって共有されている。

ルール[編集]

  • 基本的にプレイ人数は1人から4人まで(『1』には3人プレイのマップが1つだけある)。4人に満たない場合はコンピュータキャラクターがプレイする。
    • 登場キャラクターは、『3』まではオリジナルキャラクター。『Special』『ポータブル』『(FF&DQ) MOBILE』は『ドラゴンクエスト』&『ファイナルファンタジー』シリーズから、『DS』『Wii』は『ドラゴンクエスト』&『スーパーマリオ』シリーズから登場。
  • プレイヤーは、最初に規定の金額(単位はゴールド)を持ってスタートする。順番にサイコロを振って出目に従って駒を進め、進んだ先のマスの指示に従う。サイコロの出目は、マップによっては6面サイコロには存在しない7・8の出目が登場したり、逆に5までしか出ない場合もある。
  • 基本的には止まったマスの空いている物件を買う、または相手の物件に止まったら買い物料と呼ばれるお金を支払いながら(またはそのマスを回避しながら)プレイをつづけていく。物件だけではなく、さまざまな仕掛けやゲームのあるマスが存在する。
  • プレイヤーは、規定の4か所を回ってマーク(トランプの4種のマークに同じ。回る順序は不問)を集め、スタート地点でもある銀行(『Special』はぎんこう城)にたどり着くと、サラリー(『Special』以降は賞金)を獲得できる。サラリーは基本給、周回数(『Special』以降はレベル)からなる能力給、物件の資産額の合計の1割から成り、この3つの要素の合計が銀行から支給される。
  • 銀行や一部のマスでは株が購入できる。エリアと呼ばれる3-7件区切りの物件のひとまとまりが株の購入単位である。10株以上購入すると株価が上昇し、10株以上売却すると下落する。ほかにも、自分の持つ物件に増資すると株価が上昇する。
  • 事前に設定された目標金額以上の資産を貯めたうえで銀行にたどり着いたプレイヤーが勝者となる。ただし、目標金額に達したプレイヤーが複数出た場合は、『3』までは総資産の多い方の優勝、『Special』以降では一番早く銀行に到着したプレイヤーの優勝となっている(ただし、これらの2つの作品はコマンドによって『3』までのルールを適用することが可能となっている)。『Wii』では銀行でサラリーを受け取り目標金額を超えた場合や、銀行にぴったり止まった状態で株購入による株価上昇で目標金額を超えた場合も優勝となる。
  • プレイヤーの総資産がマイナスになった場合は破産となり、以降のゲームの参加資格を失う。また、破産者の人数が規定の人数(初期設定では1人)に達した時点でゲームは終了し、その時の総資産の額で勝者が決定する。

シリーズ一覧[編集]

タイトル 発売日/配信開始日 発売元 プラットフォーム
いただきストリート 〜私のお店によってって〜 1991年3月21日 アスキー ファミリーコンピュータ
いただきストリート2 〜ネオンサインはバラ色に〜 1994年2月26日 エニックス スーパーファミコン
いただきストリート ゴージャスキング 1998年9月23日 PlayStation
いただきストリート3 億万長者にしてあげる! 〜家庭教師つき!〜 2002年2月28日 PlayStation 2
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial 2004年12月22日 スクウェア・エニックス
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートポータブル 2006年5月25日 PlayStation Portable
いただきストリートDS 2007年6月21日 ニンテンドーDS
いただきストリートMOBILE どんどん開店!増築中! 2007年10月1日 iアプリEZアプリS!アプリ
ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE 2010年7月1日 iアプリ、EZアプリ
ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE 2011年2月3日
いただきストリートWii 2011年12月1日 Wii
いただきストリート for SMARTPHONE わたしのお店にタッチして! 2012年1月23日 AndroidiPhone/iPod touch
いただきストリート for au ~つながるボード大陸~ 2013年12月5日 KADOKAWA/エンターブレイン Android、iPhone/iPad
(いずれもauスマートパス会員専用)
いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー 30th ANNIVERSARY 2017年10月19日 スクウェア・エニックス PlayStation 4PlayStation Vita

各作品の概要[編集]

いただきストリート 〜私のお店によってって〜[編集]

第1作目。この作品だけ販売元はアスキーである。

登場キャラクター[編集]

早瀬 まりな(はやせ まりな)
15歳、高校1年生。みずがめ座のB型。ロマンチストで世話好きな明るい性格。趣味はピアノ。
CPUキャラクターの一人だが、ゲームの案内や進行役も務める。一人称は「あたし」。対戦相手としてはサラリー狙いのみでインサイダーや5倍買いなどの行動はほとんど行わない、いわゆる初心者向けキャラクター。
高杉 ともみ(たかすぎ ともみ)
18歳、OL。やぎ座のA型。素直で大人しいお嬢様タイプ。趣味は料理。
5倍買いや取引には消極的なものの、手堅く、セオリー通りの戦い方をしてくる。一人称は「わたし」と「あたし」。
水沢 けいこ(みずさわ けいこ)
21歳、コンパニオン。てんびん座のB型。目立ちたがりで派手好き。趣味はディスコ。
5倍買いや取引などの攻撃的な戦略を積極的に行ってくる。
藤森 さゆり(ふじもり さゆり)
19歳、女子大生。おとめ座のO型。理知的な性格。趣味はスキューバ
状況の判断力に優れ、危険な行動は行わず的確な手を打ってくる。
南条 ひろし(なんじょう ひろし)
17歳、高校2年生。おうし座のA型。正義感が強く、曲がった事が嫌い。趣味はサッカー。
戦術的には実にオーソドックスで、着実に資産を増やしてくる。一気に大儲けすることはあまりない。一人称は「ぼく」。
三本松 しょうた(さんぼんまつ しょうた)
13歳、中学1年生。ふたご座のO型。ひょうきん者。趣味は切手集め。
いちかばちかの大胆な行動を打ってくる。成功することは少ないが、はまると大勝ちすることも。一人称は「ぼく」。
佐竹 たかゆき(さたけ たかゆき)
20歳、大学生。さそり座のAB型。打算的で嫌味な性格。趣味はパソコン通信。
勝つ為には手段を選ばず、他人の嫌がらせをよくしてくる。一人称は「おれ」。

『2』『ゴージャスキング』『3』に登場する、東京都心部をモチーフにしたマップ「フリーウェイ」には『1』のキャラクターの名前の入った物件が登場する。

いただきストリート2 〜ネオンサインはバラ色に〜[編集]

この作品から販売元がエニックスとなる。前作のルールを継承しつつ、マップが一新された。新システムに「空き地」が登場。個人成績や買い物料などの各分野における最高記録などが記録されるようになった。ドラゴンクエストシリーズのファンサービス的なフィーチャーもいくつか登場した。

いただきストリート ゴージャスキング[編集]

前作から4年を経ての登場。収録マップの大半は過去2作の再録である。また、前作の登場キャラのうち8人が3つ年齢を重ねて再登場する。『スーパーファミコン ドラゴンクエストIII』に登場したすごろく場をアレンジした「すごろくタウン」モードが登場した。

いただきストリート3 億万長者にしてあげる! 〜家庭教師つき!〜[編集]

マップが3Dとなり、マップ内の仕掛けも大掛かりなものとなった。家庭教師が登場し、初心者でも遊びやすいよう配慮がされた。過去の作品で登場したマップが多数登場する。

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリートSpecial[編集]

  • 対応機種:PlayStation 2
  • 2004年12月22日発売
  • 収録マップ数:18
  • 登場キャラ数:36

ドラゴンクエストシリーズ(ドラクエ)、ファイナルファンタジーシリーズ(FF)の両シリーズの世界やキャラクターおよび音楽を使用した作品。世界観と一致させるために今まで使用されたゲーム内の呼称に変更が加えられている(サラリー→賞金、周回数→レベルなど)。ゲームバランスが初心者向けに調整されている。「スフィアバトル」モードを採用。背景・演出が美麗になったが、マップ自体に使用しているポリゴン数は減り、2D的に戻っている。

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート ポータブル[編集]

『SP』の移植ではなく、キャラクターやマップを一新した新作。新モードとして「いただきメダル」や「クイックモード」などが採用されている。

いただきストリートDS[編集]

ドラゴンクエストシリーズとマリオシリーズの両シリーズの世界やキャラクターおよび音楽を使用。通信対戦も可能。主人公のキャラクターを自由にカスタマイズできる。

いただきストリートMOBILE どんどん開店!増築中![編集]

前3作はスクウェア・エニックスのキャラをプレイヤーとし、他の作品とのコラボレーションをする点が押し出されていた。しかし本作は『いたスト3』まで、特に『いたスト2』や『ゴージャスキング』の世界観が継承されている。

毎月、新しいマップ1種と対戦キャラクターが追加されていく予定となっている。

ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE[編集]

  • 対応機種:iアプリ、EZアプリ
  • 2010年7月1日配信開始(i, EZ)

『DQ&FF in いたスト』シリーズの流れを汲み、ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターのみに限定した作品。キャラクターやマップは『SPECIAL』および『ポータブル』のものを主なベースにしており、新たに『ファイナルファンタジーXIII』のライトニングが参戦した。

毎月、新しいマップ1種と対戦キャラクターが追加されていたが、2011年2月3日に下記の『ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE』へアプリ移行となったため、すべてのデータを次作に引き継いだ上で本作の配信は終了した。

ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー in いただきストリート MOBILE[編集]

  • 対応機種:iアプリ、EZアプリ
  • 2011年2月3日配信開始(i, EZ)

『FF MOBILE』のバージョンアップ移行作品。前作のキャラクターとマップをそのまま引き継ぎ、さらに過去の『DQ&FF in いたスト』シリーズ同様にドラゴンクエストシリーズのキャラクターとマップが加わった。前作同様キャラクターやマップは『SPECIAL』および『ポータブル』のものが主なベースとなり、新たに『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のサンディが参戦した。

毎月、新しいマップ1種と対戦キャラクターが追加されていく予定となっている。

いただきストリートWii[編集]

  • 対応機種:Wii
  • 2011年12月1日発売
  • 収録マップ数:36(イージールール 18、スタンダードルール 18)
  • 登場キャラ数:26

ドラゴンクエストシリーズ誕生25周年記念作品の一つであり、いただきストリートシリーズ誕生20周年記念作品の一つであり、マリオ誕生30周年記念作品でもある。『ドラゴンクエストシリーズ』と『マリオシリーズ』のキャラクター達が再び共演する。『いただきストリートDS』に登場した大部分のキャラクターに加え、新キャラクターも多数登場。またMiiも参戦する。ステージにおいてもDS版に登場したステージや『2』のリメイクなどの他、『スーパーマリオギャラクシー2』や『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』といった比較的新しい作品のステージが加わっている。

本作は北米で『FORTUNE STREET』、欧州と豪州で『BOOM STREET』のタイトルで任天堂より発売され、いただきストリートシリーズとしては日本国外において初めて発売された作品となった。

ニンテンドーWi-Fiコネクションを通じオンライン対戦可能。また、株の概念を省いた「イージールール」が新たに登場。従来と同じルール「スタンダードルール」も引き続きプレイできる。

いただきストリート for SMARTPHONE わたしのお店にタッチして![編集]

  • 対応機種:AndroidiPhone/iPod touch
  • Android版(Google play経由からのダウンロードをするのではなくsquare ENIXアプリの公式サイトからAPK形式で無料でダウンロード可能):2012年1月23日配信開始
  • iPhone/iPod touch版(App store):2012年3月22日配信開始
  • 公式サイト

前作と違いコラボレーションではなく、オリジナルキャラクターを使用している。

北米では『Fortune Street Smart』、欧州では『Boom Street Smart』のタイトルで配信。

いただきストリート for au ~つながるボード大陸~[編集]

  • 対応機種:Android、iPhone/iPad(いずれもauスマートパス会員専用。本ゲームをプレイするにはauスマートパスへの登録が必要となる)
  • Android版:2013年12月5日配信開始
  • iPhone/iPad版:2013年12月5日配信開始
  • 公式サイト

オリジナルキャラクターを使用している。

いただきストリート ドラゴンクエスト&ファイナルファンタジー30th ANNIVERSARY[編集]

  • 対応機種:PlayStation 4PlayStation Vita
  • 2017年10月19日発売
  • 収録マップ数:43(イージールール 17、スタンダードルール 26)
  • 登場キャラ数:26

ドラゴンクエストシリーズとファイナルファンタジーシリーズの30周年記念作品でシリーズ最新作の『ファイナルファンタジーXV』や『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』からもマップやキャラクターが登場する。シリーズ初のPlayStation 4、PlayStation Vita対応となる。PlayStation Networkによる通信対戦に対応しており、PS4とVita間でのクロスプレイも可能。ダウンロードによりマップが追加される。シリーズ初のフルボイス対応になった。

またゲームスピードの設定が可能になり、一部の演出の高速化によりより快適なプレイが可能になっている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]