いちごの唄 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いちごの唄
著者 岡田惠和
峯田和伸
イラスト 峯田和伸
発行日 2018年5月21日
発行元 朝日新聞出版
ジャンル 青春小説
連作短編集
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判並製
ページ数 184
公式サイト publications.asahi.com
コード ISBN 978-4-02-331708-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

いちごの唄』(いちごのうた)は、脚本家岡田惠和とロックバンド「銀杏BOYZ」の峯田和伸の共著による日本青春小説の連作短編集[1]2018年5月21日朝日新聞出版から刊行された[1]テレビドラマ2作品[注 1]で脚本家と出演者として峯田と競演して意気投合し親交を深めた岡田は、「銀杏BOYZ」の楽曲7曲からイメージして本作を上梓した[2]。共著の峯田はイラストという形で本作に参加し[2]、峯田描き下ろしの絵を収録する。

小説と並行して岡田が脚本を手掛けて映画化が進められ、古舘佑太郎石橋静河のダブル主演で2019年7月に公開された[2]

収録作品[編集]

  1. 漂流教室
    原曲:「漂流教室」(アルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』収録)
  2. 東京
    原曲:「東京」(アルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』収録)
  3. 愛してるってゆってよね
    原曲:「愛してるってゆってよね」(アルバム『光のなかに立っていてね』収録)
  4. ぽあだむ
    原曲:「ぽあだむ」(アルバム『光のなかに立っていてね』収録)
  5. 銀河鉄道の夜
    原曲:「銀河鉄道の夜」(アルバム『DOOR』収録)
  6. もしも君が泣くならば
    原曲:「もしも君が泣くならば」(アルバム『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命』収録)
  7. 恋は永遠
    原曲:「恋は永遠」(シングル「恋は永遠」収録)

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

書誌情報[編集]

映画[編集]

いちごの唄
監督 菅原伸太郎
脚本 岡田惠和
原作 岡田惠和
峯田和伸
製作 小西啓介
馬上千明(企画プロデューサー)
出演者 古舘佑太郎
石橋静河
和久井映見
光石研
清原果耶
小林喜日
大西利空
蒔田彩珠
泉澤祐希
恒松祐里
吉村界人
岸井ゆきの
峯田和伸
宮本信子
音楽 世武裕子
銀杏BOYZ
主題歌 銀杏BOYZ 「いちごの唄」
撮影 岩永洋
編集 日下部元孝
制作会社 ファントム・フィルム
製作会社 「いちごの唄」製作委員会
配給 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2019年7月5日
上映時間 114分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 4000万円[3]
テンプレートを表示

原作者の岡田惠和が脚本を担当し、2019年7月5日に公開された[4]。監督は菅原伸太郎、主演は古舘佑太郎石橋静河[5]

公開に先立って「島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭」に特別招待作品として出品され、2019年4月20日にワールドプレミア上映された[6][7]

キャスト[編集]

カメオ出演

スタッフ[編集]

  • 原作:岡田惠和峯田和伸『いちごの唄』(朝日新聞出版
  • 監督:菅原伸太郎
  • 脚本:岡田惠和
  • 音楽:世武裕子銀杏BOYZ
  • 主題歌:銀杏BOYZ「いちごの唄」
  • 製作:小西啓介、岡本東郎、宮崎伸夫
  • プロデューサー:小西啓介
  • 企画プロデューサー:馬上千明
  • アソシエイトプロデューサー:南陽
  • 撮影:岩永洋
  • 照明:加藤大輝
  • 録音:岡本立洋
  • 美術:小竹森智子
  • ヘアメイク:荒井智美
  • スタイリスト:伊賀大介、高田彰久、伊藤佐智子(宮本信子)
  • VFXスーパーバイザー:木村康次郎
  • サウンドエディター:勝俣まさとし
  • 編集:日下部元孝
  • 助監督:内田貴史
  • 制作担当:中川聡子
  • ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
  • 協力プロデューサー:長井龍、飯田雅裕、筒井史子、松岡周作
  • 配給・製作プロダクション:ファントム・フィルム
  • 製作:「いちごの唄」製作委員会(ファントム・フィルム、VAP朝日新聞社

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c いちごの唄”. 朝日新聞出版. 2019年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c “古舘佑太郎×石橋静河で銀杏BOYZ『いちごの唄』映画化 脚本・岡田惠和「峯田君にも出てもらいます!」”. Real Sound (株式会社blueprint). (2018年9月3日). https://realsound.jp/movie/2018/09/post-244694.html 2019年6月6日閲覧。 
  3. ^ 『キネマ旬報 2020年3月下旬特別号』p.72
  4. ^ “銀杏BOYZの名曲が彩る映画『いちごの唄』予告編&ポスター解禁”. クランクイン!. (2019年4月12日). https://www.crank-in.net/news/64053/1 2019年6月6日閲覧。 
  5. ^ “銀杏BOYZ×岡田惠和「いちごの唄」が映画化、古舘佑太郎と石橋静河が初共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年9月3日). https://natalie.mu/eiga/news/297977 2019年6月6日閲覧。 
  6. ^ いちごの唄”. 島ぜんぶでおーきな祭 第11回沖縄国際映画祭. 上映作品. 2019年6月24日閲覧。
  7. ^ “【沖縄国際映画祭】古舘佑太郎&峯田和伸が爆笑トーク “女神”石橋静河に恋!?”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年4月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2134033/full/ 2019年6月24日閲覧。 
  8. ^ a b c “岡田惠和×峯田和伸原作『いちごの唄』に宮本信子、清原果耶、岸井ゆきのら”. CINRA.NET. (2019年3月7日). https://www.cinra.net/news/20190307-ichigonouta 2019年6月6日閲覧。 
  9. ^ “成田凌、憧れは津川雅彦さん/映画大賞受賞者一覧”. 日刊スポーツ. (2019年12月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201912110000847.html 2019年12月12日閲覧。