いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑田佳祐 > いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
桑田佳祐シングル
初出アルバム『Keisuke Kuwata
B面 SHE'S A BIG TEASER
リリース
規格 8cmCD
7インチレコード
カセットテープ
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 VICTOR STUDIO (#1)
アメリカ合衆国ザ・ヒット・ファクトリー (#2)
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
トミー・スナイダー(#2作詞)
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1988年4月度月間4位(オリコン)
  • 1988年度年間21位(オリコン)
  • 週間7位(ザ・ベストテン
  • 1988年度年間22位(ザ・ベストテン)
桑田佳祐 シングル 年表
悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)
1987年
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
(1988年)
真夜中のダンディー
1993年
Keisuke Kuwata 収録曲
ハートに無礼美人 (Get out of my Chevvy)
(5)
いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)
(6)
Big Blonde Boy
(7)
テンプレートを表示

いつか何処かで (I FEEL THE ECHO)」(いつかどこかで アイ・フィール・ジ・エコー)は、桑田佳祐の楽曲。自身の2作目のシングルとして、タイシタレーベルから8cmCD1988年3月16日に発売された。

2001年6月25日に12cmCDとして再発売されている。2016年2月26日にはダウンロード配信、2019年12月20日にはストリーミング配信を開始した。

背景[編集]

ソロデビューシングルとなった前作「悲しい気持ち (JUST A MAN IN LOVE)」から半年経たずしてリリースされたシングル。

チャート成績[編集]

オリコン週間ランキングで最高2位を記録し、累計24万枚(オリコン調べ)を売り上げた[1]

収録曲[編集]

  • 収録時間:10:44
  1. いつか何処かで (I FEEL THE ECHO) (5:22)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:小林武史、桑田佳祐、藤井丈司
    日本航空「JAL '88 沖縄キャンペーン」イメージCMソング。また、映画彼女が水着にきがえたら』挿入歌[注 1]
    ミュージック・ビデオの内容はジャケット撮影やCM撮影の合間やメイキング映像を集めたものが中心である。ビデオコンサートの映像を使用しているため、途中「'88 JAL CMソングとして現在放送中。」のテロップが流れる。
    レオン・ラッセルがカバーしている。
  2. SHE'S A BIG TEASER (5:22)
    (作詞:Tommy Snyder & 桑田佳祐 作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & 藤井丈司 & Sammy Merendino & T.Bone Wolk)
    日本コカ・コーラ キャンペーンソング。
    同キャンペーン企画で、ホール&オーツと共同でニューヨークザ・ヒット・ファクトリーでレコーディングされ、その後ルイジアナ州ニューオーリンズ郊外のティボドーでMVを収録[2]。MV及びそのメイキング映像が収録されたビデオテープが抽選でプレゼントされた。この曲のレコーディングは全編英語で行われ、ホール&オーツとも英語でコミュニケーションをしたため、桑田にとって相当なストレスだったらしく、胃潰瘍になってしまったという[3]。現在アルバムでは『フロム イエスタデイ』にのみ収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

ミュージック・ビデオ収録作品[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 映画が公開された1989年に使用。

出典[編集]

  1. ^ 桑田佳祐 オリコンスタイル 2015年11月25日閲覧
  2. ^ 桑田佳祐 ソロ30周年記念 ベスト・ミュージックビデオ集『MVP』特設サイト 2020年2月16日閲覧
  3. ^ 桑田佳祐『やっぱり、ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P20、新潮社、2012年