いつでも笑みを!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いつでも笑みを!
ジャンル トークバラエティ
出演者 上沼恵美子
山下真司
渡辺徹
山本浩之(関西テレビアナウンサー)他
製作
制作 関西テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1998年4月4日 - 2005年3月26日
放送時間 土曜日8:30 - 9:55
放送枠 関西テレビ制作土曜朝のワイドショー
放送分 85分

いつでも笑みを!』(いつでもえみを)は、1998年4月4日から2005年3月26日まで、フジテレビ系列(FNS28局全国ネット)で生放送されていた関西テレビ制作のトークバラエティ番組である。通称『いつ笑み!(いつえみ)』。放送時間は、毎週土曜 8:30 - 9:55(JST)。

概要[編集]

司会の上沼恵美子が毎週ゲストを迎えて大阪・関西テレビのスタジオから生放送されたトーク番組である。毎回、ゲストに容赦なく突っ込む上沼の巧みな話術にゲストが思わず重大かつ意味深な発言をしてしまうこともしばしばで、この番組での出演者の発言が翌日のスポーツ新聞を飾ることもあった。関西地方では10%台の視聴率を記録した。

タイトルの由来[編集]

橋幸夫がゲスト出演した際に語られたものであるが、「いつでも笑みを!」のタイトルは、橋と吉永小百合がデュエットで歌った「いつでも夢を」から採られ由来しているという。

上沼には自分の番組にジンクスがあり、番組名に「ん」が含まれているものは好調だという。この番組は「ん」が入っていないので不調だと、毎日放送の『今夜はえみぃ〜GO!!』で述べている[1]

(参考)

今夜はえみぃ〜GO!!…こ
快傑えみちゃんねる…えみちゃ
上沼恵美子のこころ晴天…せいて
上沼恵美子のおしゃべりクッキング…くっき
ウラネタ芸能ワイド 週刊えみぃSHOW…しゅうか

出演者[編集]

司会[編集]

サブ司会[編集]

進行[編集]

  • 山本浩之 (関西テレビアナウンサー・当時)
    • 1998年1月に『クロスファイア』(関西ローカルのトーク番組)で鬘の使用をカミングアウトした話題性を買われ、『シュートinサタデー』終了以来11年ぶりに土曜朝枠にレギュラー出演。

レギュラー[編集]

主なコーナー[編集]

  • 笑顔がイチバン
  • 噂のイチオシ
  • あなたと出逢えて 〜想い出プレイバック〜
  • えみちゃん週末クッキング

放送時間[編集]

ネット局[編集]

毎回、番組序盤に本番組ネット局の一覧をテロップで表示していた。

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 関西テレビ フジテレビ系列 制作局
関東広域圏 フジテレビ [2]
北海道 北海道文化放送
岩手県 岩手めんこいテレビ
宮城県 仙台放送
秋田県 秋田テレビ
山形県 さくらんぼテレビ
福島県 福島テレビ
新潟県 新潟総合テレビ
長野県 長野放送
静岡県 テレビ静岡
富山県 富山テレビ
石川県 石川テレビ
福井県 福井テレビ
中京広域圏 東海テレビ
島根県
鳥取県
山陰中央テレビ
広島県 テレビ新広島
岡山県
香川県
岡山放送
愛媛県 テレビ愛媛
高知県 高知さんさんテレビ
福岡県 テレビ西日本
佐賀県 サガテレビ
長崎県 テレビ長崎
熊本県 テレビ熊本
大分県 テレビ大分 フジテレビ系列
日本テレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎 フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ

スタッフ[編集]

  • プロデューサー: 森田拓治→喜多隆→吉條英希(ディレクター兼任)→古市忠嗣
  • ディレクター: 堀切八郎、石岡雅樹、杉浦史明、近藤兵衛、吉本剛、谷口博邦、木邑裕介
  • 構成作家: 杉本士郎、武輪真人、山田隆道、土屋幸喜、藤田智信、佐久間貴司、野口勉

スポンサーについて[編集]

  • 2003年4月から、それまでの全編通しから、2部に分割している。この体制は現在の『にじいろジーン』まで続いている。

脚注[編集]

  1. ^ とはいえ、当該枠で7年放送が継続したのは歴代3位(2018年現在)であり、長年の強敵である『すてきな出逢い いい朝8時』(MBS)を打ち切りに追い込んだり、視聴率10%をたたき出すなどを考えればまずまず好調だったといえる。
  2. ^ 1999年9月までは、情報番組『土曜一番!花やしき』を一旦中断する形で放送されていた。

関連項目[編集]

関西テレビ 土曜朝のワイドショー
前番組 番組名 次番組
いつでも笑みを!