いつまでも〜Life In The Universe〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いつまでも〜Life In The Universe〜
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『SIGNS』
リリース
規格 CDマキシシングル
録音 2014年
Studio AYAKO,
GINZA RECORDS
ジャンル J-POP
時間
レーベル UNIVERSAL MUSIC IMPRESSION
POCS-1186
作詞・作曲 崎谷健次郎
プロデュース 崎谷健次郎
チャート最高順位
崎谷健次郎 シングル 年表
Starting point
(2012年)
いつまでも〜Life In The Universe〜
(2014年)
テンプレートを表示

いつまでも〜Life In The Universe〜」(いつまでも〜ライフ・イン・ザ・ユニバース〜)は2014年10月15日に発売された崎谷健次郎の通算24枚目のマキシシングル[1]。 「Have Some Fun!」(ハヴ・サム・ファン!)、「MYSTERIUM」(ミステリウム)、「Love is beautiful(new rec ver.)」(ラヴ・イズ・ビューティフル(ニュー・レク・ヴァー))」をカップリング曲に収録している[2]

解説[編集]

  1. いつまでも〜Life In The Universe〜
    • 日本テレビ系報道番組「NNNストレイトニュース2014年10 - 12月度ウェザーテーマ。
    • 2014年10月15日に、東京タワー大展望台で開催された"Club333 Wednesday Live〜Kenjiro Sakiya Single Release Live〜"で、初披露された。
    • 12th.アルバム『SIGNS』には、2017remix ver.が収録されている。
    • バイオリンヴィオラは、須磨和声
    • 崎谷健次郎は、「この曲は、「生まれくる星のように愛は何度でも生まれ変わり強くなる」というテーマでつくりました。宇宙に輝く星のように、誰もが輝いていて、銀河を構成する一員であるとともに一人一人の心の中にも大切な思い出や、愛する人たち、それらが星となって僕たちを見守ってくれて強くさせてくれる、というメッセージが込められています。そのように書いてしまうと壮大な歌という感じがしますがあくまでもシンプルなラブソングです。あたたかいメロディーに、曲調はミドルテンポながらウキウキするようなリズム感があるポップソング。踊るようなストリングスが特徴的です。」とコメントしている。
    • CDジャーナルは、「“生まれてくる星のように愛は何度でも生まれ変わり強くなる”というテーマで制作されたミドル・バラード。優しく透明感のある声が曲を引き立てる」[5]。「ポジティヴな印象が残るのがいい」[6]と評している。
  2. Have Some Fun!
    • 8th.アルバム『SOUL ARCHEOLOGY』収録曲で、シングルリカット、リアレンジされた。表題も「Have some fun!」から改称した。
    • コーラス、バッキング・ヴォーカルは、上田浩恵
  3. MYSTERIUM
    • 8th.アルバム『SOUL ARCHEOLOGY』収録曲で、シングルリカット、リアレンジされた。表題も「MYSTERIUM 〜不条理の館〜」から改称した。
  4. Love is beautiful(new rec ver.)
    • 21st.シングル「Love is... beautiful」表題曲、8th.アルバム『SOUL ARCHEOLOGY』収録曲で、シングルリカット、リアレンジされた。表題も新録に合わせて改称した。
    • バイオリン、ヴィオラは、須磨和声。
    • 崎谷健次郎は、「過去にインディーズから発売されていた幻の音源をメジャー仕様でニューレコーディングされたものを3曲カップリングしています。原曲のイメージを壊さないようにしつつもがらりと面白く、温かく、ドラマティックでとにかくリッチな音に生まれ変わっていますので焼き直しというより、新しい今の音としてお聴きいただけたらと思います。」とコメントしている。

収録曲[編集]

  1. いつまでも〜Life in the Universe〜
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎
  2. Have Some Fun!
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎
  3. MYSTERIUM
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎
  4. Love is beautiful(new rec ver.)
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎

脚注[編集]