いつも2人で

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いつも2人で
Two for the Road
監督 スタンリー・ドーネン
脚本 フレドリック・ラファエル
製作 スタンリー・ドーネン
出演者 オードリー・ヘプバーン
アルバート・フィニー
ジャクリーン・ビセット
音楽 ヘンリー・マンシーニ
撮影 クリストファー・チャリス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年4月27日
日本の旗 1967年7月1日
イギリスの旗 1967年8月31日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
※資料により異なる
言語 英語
フランス語
製作費 $4,000,000
興行収入 $3,500,000(北米配収、1968年1月)
テンプレートを表示

いつも2人で』(いつもふたりで、Two for the Road)は、1967年20世紀フォックス映画。 オードリー・ヘプバーン後期のキャリアにおける代表作の一つで、『パリの恋人』と『シャレード』でオードリーを演出したスタンリー・ドーネン監督と3度目のタッグを組んだ作品である。

あらすじ・解説[編集]

1954年から1966年の12年間の1組の夫婦の軌跡を、6つの時間軸を交錯させながら描いたロード・ムービーオードリー・ヘプバーン演じるジョアンナの髪型と乗っている車で時代を見分ける。

監督のスタンリー・ドーネンは、「この作品は結婚の困難な一面を描いた作品だった。オードリー・ヘプバーンの作品は恋の喜びを描いたものがほとんどだが、これはその後の試練を描いている」と語っている[1]

以下の6回の旅が順不同で交錯する。

1:1954年、出会ったばかりでヒッチハイクをしながら旅をする学生時代の2人。

  • ジョアンナの髪型はロングヘアのおでこを見せたもの。前半はカチューシャ、後半は後ろで髪をくくっている。

2:結婚後2年で、夫マークの元の彼女のマンチェスター親子との5人での旅。ジョアンナは子供が欲しいと言っている。映画の前半のみ登場。

3:何かの記念日でのやっと買った中古の車で2人だけの旅。最初に出てくるシーンのパスポートのスタンプで1959年とわかる。途中でジョアンナが子供ができたと報告する。旅の途中でパトロンとなるモーリスと知り合う。

  • ジョアンナは前髪を下ろして、トップをクシャッとしたショートヘア。
  • 車は濃い緑色の中古の1950年MG-TD。

4:ジョアンナは生まれたばかりの子供の世話で留守番、画面に出てこない。1人旅のマークは途中で浮気。次の旅は家族3人で行きたいと語ってトンネルを抜けると、5番目の旅に切り替わる。映画の真ん中でのみ登場。

5:生まれた子供も3才くらいに大きくなってきたので、親子3人での旅。夫婦の危機。途中でジョアンナが浮気。映画の後半のみ登場。

6:1966年の現在。再度夫婦の危機。

映画のラストで、一瞬で全部の旅が時間軸順に登場する。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(初回放送1975年11月14日『ゴールデン洋画劇場』)

スタッフ[編集]

エピソード[編集]

・撮影は1966年4月から9月にかけて行われ、撮影中に37才の誕生日を迎えたオードリーが誕生日ケーキを前にした写真が残されている[3]

・1966年に結婚12年で1960年生まれの子供が一人いる、という設定は撮影時のオードリー・ヘプバーンと全く同じだった。

・2013年春夏物のモスキーノのコレクションでは「いつも2人で」がイメージソースとなっている[4][5]

音楽について[編集]

当初、ヘンリー・マンシーニは多忙で断ったが、オードリー・ヘプバーンがマンシーニに直接「お願いですから『いつも2人で』の音楽を担当してくださらないかしら。これは私が知る中でも最高の脚本で、すばらしくデリケートで、おかしくて、かつロマンティックなの。あなたが曲を作ってくださる以外には誰も思い浮かびません」と電報[6]を送ったと、オードリーの死後にマンシーニ自身が述べている[7]。そして、マンシーニは快諾して作曲することになった。

また、来日時のマンシーニへのインタビューで、「最も好きな自作は?」と聞かれて「いつも2人で」と答えているほど、会心の出来だった。

作品の評価[編集]

チャールズ・ハイアムの著したヘプバーンの伝記では「オードリーの最高傑作」と書かれている。

村上春樹はこの作品を「私の一本の映画」という本で推している。

スティーブン・スピルバーグ監督は、スタンリー・ドーネン死去の際に声明を発表して、個人的なお気に入り映画として「シャレード」「悪いことしましョ!」「いつも2人で」を挙げている[8][9]

賞歴[編集]

サン・セバスティアン国際映画祭[編集]

受賞
最優秀作品賞(ゴールデン・シーシェル):スタンリー・ドーネン

アカデミー賞[編集]

ノミネート
アカデミー脚本賞:フレデリック・ラファエル

ゴールデングローブ賞[編集]

ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(コメディ・ミュージカル部門)オードリー・ヘプバーン
ゴールデングローブ賞 作曲賞ヘンリー・マンシーニ

英国アカデミー賞[編集]

ノミネート
脚本賞:フレデリック・ラファエル

全米監督協会賞[編集]

ノミネート
長編映画監督賞:スタンリー・ドーネン

英国脚本家協会賞[編集]

受賞
最優秀オリジナル脚本賞:フレデリック・ラファエル
最優秀コメディ脚本賞:フレデリック・ラファエル

スペイン脚本家組合賞[編集]

受賞
最優秀外国映画賞:フレデリック・ラファエル

脚注[編集]

  1. ^ 日本コロムビアや20世紀フォックスからDVDが発売され、BS11でも放送された『想い出のオードリー・ヘプバーン』、ドーネン監督自身の言葉。
  2. ^ a b 3回目の旅の最初のシーンで出てくるパスポートに記されている
  3. ^ 映画の友11月臨時増刊「オードリイ・ヘップバーン全集」p59. 株式会社映画の友. (1966年). 
  4. ^ モスキーノ2013ssは、ビーハイヴとミニドレスで’60満開”. VOGUE JAPAN. 2012年9月25日閲覧。
  5. ^ SPRING 2013 READY-TO-WEAR,Moschino”. VOGUE. 2012年9月21日閲覧。
  6. ^ 1977年雄鶏社発行の「カタログ オードリー・ヘプバーン」では電話をしたことになっている
  7. ^ マンシーニが編纂したCD『ムーン・リバー〜オードリー・ヘプバーン スクリーン・テーマ・ベスト』の解説より
  8. ^ スタンリー・ドーネン監督死去”. 映画.com. 2019年2月26日 12:30閲覧。
  9. ^ スタンリー・ドーネン監督死去”. Yahoo!JAPANニュース. 2019年2月26日 12:30閲覧。