いとはんと丁稚どん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いとはんと丁稚どん
New asahi bld02 1920.jpg
番組の公開収録が行われていたABCホール初代)の入居先である新朝日ビル
大阪市北区中之島。2009年に解体)
ジャンル コメディ番組
原作 花登筺
脚本 花登筺
演出 花登筺
松田行二
田端泰雄
石橋達夫
岩本晴夫
出演者 大村崑
花紀京
頭師佳孝
三沢あけみ
清水まゆみ
槇みちる
夢路いとし・喜味こいし
万代峰子
製作
製作総指揮 澤田隆治(制作)
制作 朝日放送
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1965年10月25日 - 1967年6月26日
放送時間 月曜 19:00 - 19:30
放送分 30分
回数 88

いとはんと丁稚どん』(いとはんとでっちどん)は、1965年10月25日から1967年6月26日までTBS系列局で放送されていた朝日放送製作のコメディ番組である。花王石鹸(現・花王)の一社提供。全88回(「前夜祭」を含む)。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

大阪・船場にある老舗の呉服問屋を舞台にした公開コメディで、古いしきたりに真っ向から対立する3人の「いとはん」と、彼女たちを助ける3人の丁稚たちの活躍を描いていた。毎回話の始まりでは、大松が「大松ことわざ集」という、ことわざのパロディをやるのが定番だった(例:「二兎を追う者は一兎も得ず、二等の切符で一等の電車は乗れない!」)。

かつてNET(現・テレビ朝日)系列局で放送されていた毎日放送製作の『番頭はんと丁稚どん』の姉妹版で、『番頭はん』の花登筺が原作・脚本を担当していた。出演者は『番頭はん』にも出演していた大村崑を中心とするメンバーで、花紀京夢路いとし・喜味こいしといった関西の喜劇人を始め、少年丁稚役で子役出身の頭師佳孝が出演。また、三沢あけみ槇みちるなどの女性歌手も共演していた。

番組冒頭では、大村・花紀・槇の3人が「(月のマーク)花王石鹸」と書かれた暖簾を潜り抜け、「おいでやす。毎度おおきに」と挨拶した後に主題歌を歌った。その後、番組出場希望者から選ばれた一般参加者が1名登場し、賞金1万円(当時)と花王石鹸の製品(主にワンダフルなどの合成洗剤)とサイン入り色紙を贈られた。さらにその参加者は番組本編のコメディにも参加した。

番組後期の公開収録が行われていたABCホール(2代目。写真は2008年のもの)

収録はABCホールで行われていた。当初は新朝日ビル内の初代ホールを使用していたが、朝日放送旧社屋に2代目ホールが出来てからはこちらで行うようになった。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 制作:澤田隆治
  • 制作担当:石橋達夫
  • 脚本:花登筺
  • 演出:花登筺、松田行二、田端泰雄、石橋達夫、岩本晴夫
  • スイッチャー:山中健一
  • アシスト:松本厚子
  • 音楽:加納光記
  • 音響効果:山口通夫、田中雅夫、西川泰宏
  • テクニカルディレクター:山中健一
  • ミキサー:堀田節、白川嘉彦、山崎伸夫
  • 照明:池辺明男
  • カメラ:安保彰夫、津田敦、杉山圭一、畑吉則、亀井茂、牧野治郎、倉田総輔、尾花信也、有田純夫
  • デザイン:大石立二
  • 美術進行:井上照雄
  • 装飾:井上郁郎、関西美工
  • 衣装:中村肇(東京衣装)
  • 化粧:バリー美容室
  • タイトル:河野克己、竹内志郎
  • エージェンシー:博報堂
  • 製作:朝日放送

放送リスト[編集]

放送日 サブタイトル
1965年
1 10月25日 (前夜祭)
2 11月1日 いとはんの縁談の巻
3 11月8日 集金教育の巻
4 11月15日 ケチな尾張屋の巻
5 11月22日 入り商人の巻
6 11月29日 暴力集金の巻
7 12月6日 初恋の巻
8 12月13日 お腹がスイタ集金の巻
9 12月20日 モダン舞踊の巻
10 12月27日 田舎娘の巻
1966年
11 1月3日 年賀状の巻
12 1月10日 スキーと強盗の巻
13 1月17日 ウソをつけ!の巻
14 1月24日 芸妓はんの巻
15 1月31日 月末の巻
16 2月7日 シェーどんの巻
17 2月14日 誕生日の巻
18 2月21日 夜学の巻
19 2月28日 美人コンクールの巻
20 3月7日 母さんを見たの巻
21 3月14日 モテない男の巻
22 3月21日 出世試験の巻
23 3月28日 おばあちゃん帰るの巻
24 4月4日 草餅と低音の巻
25 4月11日 軍隊の巻
26 4月18日 大松とオバQの巻
27 4月25日 アルバイト丁稚の巻
28 5月2日 大松とまんじゅうの巻
29 5月9日 金は天下の廻りものの巻
30 5月16日 今日はワンちゃんの巻
31 5月23日 信用しろ!の巻
32 5月30日 こい七の縁談の巻
33 6月6日 わてら一人前の巻
34 6月13日 手をにぎる女の巻
35 6月20日 開店騒動の巻
36 6月27日 連れもて行こうの巻
37 7月4日 勘定が合わんの巻
38 7月11日 ハッパの会の巻
39 7月18日 盆踊りの巻
40 7月25日 姫路旅行の巻
41 8月1日 海の向こうに何があるの巻
42 8月8日 海水浴の巻
43 8月15日 やァんだの巻
44 8月22日 ポカンの巻
45 8月29日 キモだめしの巻
46 9月5日 恋とは何やの巻
47 9月12日 風呂に行きたいの巻
48 9月19日 コーラスと丁稚の巻
49 9月26日 がめついなァの巻
50 10月3日 今日は夜店の巻
51 10月10日 チンドン屋の巻
52 10月17日 月給が安いの巻
53 10月24日 泣いた番頭の巻
54 10月31日 大番頭の秘密の巻
55 11月7日 鳥城は日本晴れの巻
56 11月14日 小番頭はクビ!の巻
57 11月21日 おそるべき運勢の巻
58 11月28日 お母ちゃんがわかったの巻
59 12月5日 ガソリンを入れろ!の巻
60 12月12日 するめの足の巻
61 12月19日 クリスマスとハゲの巻
62 12月26日 今年も終わりの巻
1967年
63 1月2日 おめでとうさんの巻
64 1月9日 さんとご利益の巻
65 1月16日 うどんが食べたいの巻
66 1月23日 ハゲと蛸の巻
67 1月30日 五百円返しての巻
68 2月6日 アホが風邪ひくか?の巻
69 2月13日 大松とカクテルの巻
70 2月20日 泥棒がいたの巻
71 2月27日 下町育ちの巻
72 3月6日 こまっちゃうなの巻
73 3月13日 水前寺の学生さんの巻
74 3月20日 何でや?の巻
75 3月27日 わては資本家の巻
76 4月3日 ハッパをかけろ!の巻
77 4月10日 大阪ろまんの巻
78 4月17日 伜よ!! 大松!! の巻
79 4月24日 アルバイトの巻
80 5月1日 丁稚と波止場の巻
81 5月8日 正義のアホの巻
82 5月15日 油も売れ!の巻
83 5月22日 君こそひろったの巻
84 5月29日 おかんにあいたいの巻
85 6月5日 母をたずねて30分の巻
86 6月12日 何でこうなるの巻
87 6月19日 若いってすばらしいの巻
88 6月26日 おめでとうの巻

参考:毎日新聞縮刷版』毎日新聞社、1965年10月25日 - 1967年6月26日付のラジオ・テレビ欄。

備考[編集]

初回の「前夜祭」では、大村ほか出演者たちによる自己紹介と歌唱が行われた。

関連項目[編集]

TBS系列 月曜19:00枠
花王石鹸一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
ヤングショー
(1965年10月4日 - 1965年10月18日)
いとはんと丁稚どん
(1965年10月25日 - 1967年6月26日)
負けたらあかんぞ!
(1967年7月3日 - 1967年9月25日)