いのちの初夜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

いのちの初夜」(いのちのしょや)は、北条民雄の短編小説。雑誌『文學界』(1936年2月号)に掲載され、第2回文學界賞を受賞した。原題は「最初の一夜」で、川端康成により「いのちの初夜」に改題された[1]。第3回芥川賞の候補にもなった。

概要[編集]

ハンセン病の診断を受け、療養施設に入所してからの1週間に起きた出来事や、感じたことを、手記風にまとめた私小説である。作品の冒頭でその施設を、「東京から二十マイルそこそこの」と記述してあり、彼が入所した東京府北多摩郡東村山村の全生園とほぼ一致することから、彼の実体験がかなりの比重を占めているものと思われる。

角川文庫で発売されていた同名の本には、そのほかに「眼帯記」、「癩院受胎」、「癩院記録」、「続癩院記録」、「癩家族」、「望郷歌」、「吹雪の産声」の7作が収められているが、いずれも癩の隔離施設が舞台になっている短編小説である。

当時、こうした施設は、施設全体が一つの町のようになっていて、庭仕事や木工、重傷者の介護などの仕事も、それのできる患者が担当し、幾ばくかの報酬ももらっていた。しかし普通の町と違うのは、全員が不治の病に冒されていて、徐々に肉体がむしばまれていき、数年のうちには死んでしまうと言う究極状態にあることである。一種の異界である。

一般の人たちからは、「癩小説」などと呼ばれ、異界の模様を知るために、好奇の目で読まれることもあったが、70年以上経った今も本が出ているのは、極限状態に置かれた人たちの心理を、真摯に描き停めているからである。露骨といってもいいほど生々しい重症患者のありさまが書かれている部分もあるが、それ以上に純文学としての重みのある作品群である。

脚注[編集]