いのちの環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

いのちの環(いのちのわ)生長の家で発行されている月刊誌。三つある普及紙の一つ。日本教文社の発行。

概要[編集]

題目は「自然と人との調和を目指す」。休刊した光の泉の後継として2010年4月に創刊。創刊前の2009年11月には創刊準備号が発行された。

創刊に先立って、2009年10月には連動するウェブサイト「postingjoy」が開設され、本誌を含む普及誌の立ち読みと購入が可能となる。

価格は1冊215円、年間購読では3780円。海外送本は1冊371 円、年間購読は4080円(いずれも税・送料込)。他の普及誌と合わせて5冊以上申し込むと、送料の割引が受けられる。各地の生長の家教化部で申し込むと教化部受け取りが可能で、この場合は送料がかからない。

光の泉との相違点[編集]

本誌は、休刊した光の泉の後継として創刊されたが、創刊に際し、以下のような変更がなされた。

  • 価格が185円から215円に変更
  • 冒頭と巻末のみカラーページだったがだが、全ページカラーとなった
  • ページ数の変更(76ページから68ページへ)
  • 連動するウェブサイト「postingjoy」から投稿ページへの投稿が可能となった

創刊準備号[編集]

2009年11月に発行された創刊準備号は非売品で、生長の家の各組織の会員には同時に創刊される日時計24とリニューアルされる白鳩の2冊と合わせて送付された他、組織会員以外の光の泉の年間購読者には本誌のみ送付された。また、日本教文社のウェブサイトで電子版が無償公開され、同サイトで申し込むことで冊子を無償で請求できる。

創刊準備号の特集テーマは「自然と共に伸びる社会の実現へ」。創刊号で連載の第一回も掲載された。

関連項目[編集]

  • 白鳩
  • 日時計24
  • postingjoy