いやんばか〜ん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
いやんばか〜ん
初代 林家木久蔵シングル
初出アルバム『笑タイム キクキクラクゴ』
A面 いやんばか〜ん
B面 木久蔵のナンチャッテ数え唄
リリース
録音 ミノルフォン
ジャンル 歌謡曲
作詞・作曲 初代 林家木久蔵
初代 林家木久蔵 シングル 年表
酔姫エレジー
(1975年)
いやんばか〜ん
(1978年)
とびだすな!!
(1979年)
テンプレートを表示

いやんばか〜ん」は、初代 林家木久蔵(現:林家木久扇)の2枚目のシングル。発売元はミノルフォン(現:徳間ジャパンコミュニケーションズ)、規格品番はKA-1114。

解説[編集]

  • 前作から約3年ぶりのシングル。
  • 表題曲のタイトルは、正確には末尾に4点リーダーがつく。
  • ジャケット表面には、木久蔵自身の手によるイラストが使用されている。
  • セントルイス・ブルース」に、灯りの無い中での性行為をテーマにした歌詞をつけたものである。最後はハナマルキのCMパロディとして「おかあさ〜ん!」と叫ぶ。
  • レコード売上は10万枚以上のヒットを記録した[1][2]

収録曲[編集]

A面
B面
  • 木久蔵のナンチャッテ数え唄(作詞:城啓介、作曲:不詳、編曲:あわの圭一)
    なんちゃっておじさんを題材にした楽曲。

いやんばか〜んダンス[編集]

  • 振り付けは真島茂樹が担当。
  • 木久扇一門では、弟子入り後にいやんばか〜んダンスというものを行うのが決まりとなっている(なお、林家時蔵は預かり弟子のため免除されている)。
  • 木久扇の3大ダンスネタとして、「河童ネタ」「会いたかった」(AKB48)とともに、「いやんばか〜ん」を挙げている。
  • ちなみに、弟子以外の者が行うこともある。
  • いやんばか〜んダンスの詳しい躍り方は、「ザッツ・エンタテインメント スーパースター林家木久扇 爆笑編」というDVDに収録されている。
  • 木久蔵(木久扇)は『笑点』の「大喜利」の回答で披露する事も多く、2005年11月20日放送分で木久蔵が代理司会を務めた際に、3問目でネタとして取り上げられた[3]他、その2ヶ月ほど前の大喜利で歌丸が回答で「いやんばか~ん」を披露したこともある[4]
  • 木久扇が「大喜利」でこの歌を歌い、踊り出すと観客が手拍子でのせるため、司会者(三遊亭圓楽、桂歌丸、春風亭昇太)から座布団を没収される事が多い。

脚注[編集]

  1. ^ 『輝けキクゾー交遊録』(「BOOK」データベースのデータ)
  2. ^ 木久扇78歳CDデビュー 目指せ紅白、デイリースポーツ online、2016年6月23日。
  3. ^ 笑点 1993回 笑点 公式(旧)サイトより 2016年 5月14日閲覧
  4. ^ 笑点 第1983回 第2問 笑点公式(旧)サイトより 2017年6月8日閲覧

関連項目[編集]