いらすとや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いらすとや
URL www.irasutoya.com
使用言語 日本語
運営者 みふねたかし
広告

いらすとやは、イラストレーター・みふねたかし が運営する、無料イラストを提供するサイト。

イラストは個人、法人、商用、非商用を問わず無償で使用できるが、著作権は放棄しておらず使用方法には制限があるので[1]注意が必要である。

概要[編集]

無償利用イラストの一般的な需要に合致する、かわいらしくほのぼのした絵柄ながら、時事ネタやブラックなテーマのイラストが多いことや、絵柄とテーマのギャップが魅力とされている[2]。ニュースからイラスト発表までのタイムラグの短さなどから注目され、Twitterなどで話題を呼び、有名なニュースサイトでも紹介された[3]。マスコットキャラクターは黒ウサギのぴょこ。

いらすとや登場前にも無料の素材を提供するサイトはあったが、様々なサイトのイラストを集めて使うと絵のテイストがそろわないという問題があった。一方 いらすとやは多種多様なイラストが膨大にあり、当サイトだけで必要な素材を揃えることができ、それが利用者にとって利点となっている[4]。商用利用や法人利用も利用規約範囲内であれば無償で利用できる[注釈 1]ため、自治体の掲示板や広報誌、警告看板、飲食店、テレビ番組内などでも使用されている[5][6]

いらすとやのイラストを用いてLPやCD、ゲームのジャケット、漫画やライトノベルのワンシーンなどを再現する遊びがTwitterで流行した[7][8]。アニメのオープニングをいらすとやの素材を使って再現した映像も発表されている[9]

いらすとやのイラストを使ったスマホゲームも、リリースされている[10]

特徴[編集]

当初は一般的な季節や行事のイラストが中心だったが(2016年時点でサイトにある一番古いイラストは、2012年1月の節分のイラスト)、しだいに(時に風刺性のある)時事ネタのイラストが発表されるようになった。2016年2月頃にスマホ向けソーシャルゲームで、目当てのアイテムがなかなか当たらないコンプリートガチャが問題になった際に、巨大なガチャガチャを回す人のイラストをアップして「当たりが出る確率がとても低いガチャガチャを回し続けている人のイラストです。」と紹介し、話題になった[2]

季節や職業のイラスト、動植物といったオーソドックスなものやテンプレート素材(画面が空白のスマートフォンを持つ手、驚く子供と空白の吹き出し)など汎用性の高いイラストは当初から充実している。さらに社会性の高いテーマ(難民フェイクニュース共謀罪)や時事ネタ(3Dプリンターによる武器製造、同性婚バーチャルリアリティハンドスピナー)などは随時追加されている。

珍しい職業(臭気判定士バードパトロール森林官)、特殊な機械(みそ汁サーバー、遠心分離機透過型電子顕微鏡)、マイナーな楽器(ディジュリドゥサンポーニャコーラングレ)、恐竜以外の古代生物(ハルキゲニアピカイア)、ファンタジーやゲームの題材(勇者ミ=ゴブエル)といったフリー素材では珍しい題材も多い。「尊い」「個人の感想です」など、ネット上で多く使用される文字のイラスト化も行っている。

外国人のイラストも多いが、白人や黒人といった大まかな括りだけでなく、インターナショナルスクール、教員、避難訓練、和食を食べているなど細かなシチュエーションが用意されているほか、特徴的なボディペインティングのセルクナム族、ピンク色のスーツを着たサップ、頭の花飾りが特徴的な高山族の女性、伝統的な結婚衣装を着たムスリムの新郎新婦など、民族衣装や装飾文化に関連したイラストも多い。

人物の場合は男、女、子ども、成人、老人、白人、黒人、アジア系、同性カップルはゲイレズビアン自衛隊員は陸海空、盗撮はコンパクトカメラとスマートフォン、ゲーミングマウスは有線と無線、親知らずのイラストは真っ直ぐと横向き、チュパカブラは二足歩行と四足歩行など同じ題材のパターン違いも多い。

上記のようにPOPやチラシなどに使える汎用性が高いイラストが中心であるが、中には「自己愛と誇大妄想を膨らませた自分独自の世界に浸っている、思春期の男の子のイラストです。」と説明された「中二病[注釈 2]のイラスト」、子供向けアーケードゲームで遊ぶいわゆる「アイカツおじさん」、眼鏡をかけた地味な男性声優のイラストのタイトルが「イケボ」などネタ性の高いものや、汎用性が低いもの(鼻行類エウロパに生息するとされる魚、アンティキティラ島の機械)、シチュエーションが特殊なもの(水没した会社で穏やかに眠る会社員、ラーメンの汁の表面に浮いた油を集める人)も大量に提供されている。

みふねは2016年3月に、「これ以上時事ネタを追いかけていると、いらすとやが仕事のようになって楽しく描けなくなりそうな気がする」として、時事ネタイラストの封印を発表していたが[3]、その後しばらく時間をおいて、総務省や携帯電話会社の動向を反映した、携帯電話の契約でよくある「二年縛り」「二年縛りからの解放」といった時事ネタイラストを発表している[11]

コラボ[編集]

2018年1月23日から4月1日までの期間限定で鎌倉珈琲とのコラボカフェが登場した[12]

浅草の仲見世でいらすとやの刺しゅうハンカチが2017年12月25日より販売された。1枚864円(税込)でイラストは5種類(男の子・女の子・男の子と雷門・女の子と雷門・どうぶつ)[13]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 商用利用では一つの作成物につき20点まで無料で使用できる。超過した場合は有償利用として一点につき1,080円を目安に料金が発生する。非商用目的または個人かつごく小規模な商用の場合のみ利用点数の制限はない。よくあるご質問”. いらすとや. 2017年5月27日閲覧。より
  2. ^ 元々の意味ではなく、厨二病、邪気眼などと呼ばれる方の意味

出典[編集]

  1. ^ ご利用について”. 2018年11月5日閲覧。
  2. ^ a b 梅本響子 (2016年3月11日). “人気の「いらすとや」さん、なぜ時事ネタを? 休止宣言、その理由”. withnews. http://withnews.jp/article/f0160311000qq000000000000000W02o0701qq000013113A 
  3. ^ a b 今後の作家活動について いらすとや
  4. ^ “いらすとや」がどれだけ画期的なのか現役のデザイナーの立場で説明します”. OMGmag. (2016年9月28日). http://www.omg-ox.org/entry/2016/09/28/193633 
  5. ^ “いつの間にか、日本が「いらすとや」だらけになってる”. Jタウンネット 神奈川県. (2016年9月24日). http://j-town.net/kyoto/column/gotochicolumn/232535.html?p=all 
  6. ^ “続・日本が「いらすとや」だらけな件【テレビ・警告・POP編】”. Jタウンネット 京都府. (2016年10月18日). http://j-town.net/kanagawa/column/allprefcolumn/233673.html?p=all 
  7. ^ “「いらすとや」の素材が今度はゲームのパッケージに! 「いらすとやさんでゲームパッケージを再現する」に力作集まる”. ねとらぼ. (2016年3月9日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/09/news140.html 
  8. ^ “フリー素材を組み合わせてCDジャケットを再現する猛者たちが「いらすとやさんの素材で名盤を再現してみる」に集結”. ねとらぼ. (2016年3月9日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/09/news096.html 
  9. ^ “「いらすとや」の素材で再現した「いただきじゃんがりあんR」OP映像 再現度も素材のニッチさもヤバい”. ねとらぼ. (2016年5月24日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1605/24/news117.html 
  10. ^ “「いらすとや」の世界から脱出せよ! 人気サイトのフリー素材が今度はゲームに”. ねとらぼ. (2016年3月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1603/29/news044.html 
  11. ^ “いわゆる「二年縛り」のイラストです―「いらすとや」時事ネタふたたび絶好調”. インターネットコム. (2016年5月24日). http://internetcom.jp/200800/illust-ya より
  12. ^ 移動式のコラボカフェについて” (2018年1月19日). 2018年8月6日閲覧。
  13. ^ 浅草仲見世でハンカチを販売します” (2017年12月25日). 2018年8月6日閲覧。

関連項目[編集]

田代、しみず共に「街でよく見かけるイラスト」の作者として、みふねのいらすとやと並び言及される事が多い人物である。